サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【宇野常弘】『美味しんぼ』を蘇らせるために
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第49回

『美味しんぼ』を蘇らせるために

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1406_az_oishinbo.jpg
『美味しんぼ 110』(小学館)

 この原稿を書いている5月初旬現在、マンガ『美味しんぼ』(小学館)をめぐる状況が逼迫している。問題となっているのは福島第一原発を訪れた主人公(山岡士郎)が、帰京後に鼻血を出すという描写だ(「ビッグコミックスピリッツ」4月28日号掲載)。舞台となった福島県双葉町が小学館に抗議を出す事態に発展し、事態は収束の気配すら見せていない。

 私見では、『美味しんぼ』が最も輝いていたのは、単行本でいうと10巻前後まで、ごく初期の間だと思う。当時の山岡は、今では考えられないくらい鋭い戦う牙を持っていた。出される料理にことごとく文句をつけ、薀蓄を垂れ流し、「一週間待っていろ、俺が本物の〇〇を食べさせてやる」と一方的に宣言して去っていく。そして実際に食べさせ、一同を圧倒させる。そんな反骨精神あふれる山岡が、僕は好きだった。

 彼の実父でありライバルである海原雄山との対決も、当時のほうが魅力的だった。「究極のメニューvs至高のメニュー」の頃には、雄山が手心を加えない限り山岡は勝てない、というのが同作の世界観として完成されていたが、初期の雄山は、その思考に柔軟性を欠くところを山岡に突かれて敗北することが何回かあった。例えば雄山は「サバは下魚」という先入観を打破できずに、山岡の出した「幻のサバ」の刺身に膝を屈し、カツオの叩きにはわさび醤油しか合わないと断言して、山岡が紹介した遠洋漁船の船員たちが開発したカツオの刺身にマヨネーズの組み合わせの前に敗北を喫する。この絶妙なパワーバランスこそが、初期『美味しんぼ』の魅力だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』