> 201311の検索結果

201311 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

NEWS山下智久の事件は氷山の一角!? 黒人ボディーガードを私費で雇う芸能人たちの苦労

―― ジャニーズの山下智久が神妙な顏で謝罪した。ダークスーツに違和感を覚えるが、ダークスーツは謝罪の定番スタイル。中身はともかく謝罪は格好からである。これにて一件落着となった。

NEWS山下智久の事件は氷山の一角!? 黒人ボディーガードを私費で雇う芸能人たちの苦労
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・三杉 武の「実話誌」ゴシップ大賞【4】

何度目のスクープだ!? 後藤真希 ヘアヌード写真発売 最新ネタは「挿入ヌード」

――  今週の芸能界の話題といえば、島倉千代子さんの葬儀やアイドルグループ・AKB48のドラフト会議、板東英二の謝罪会見あたりだろうか? 各誌とも板東氏に対しては厳しい論調が目立つが、約7500万円もの申告...

何度目のスクープだ!? 後藤真希 ヘアヌード写真発売 最新ネタは「挿入ヌード」
インタビュー
「"アキバ"に勝ちたい」失われた街を取り戻す、男の戦い

【植竹 拓】「この街もギャル男も、ギラギラしなくなった」メンエグの立役者は今も渋谷に立っている

――  植竹拓、通称「ピロム」。まだ治安が悪かった90年代から渋谷の街に通い始め、「ギャル男」カルチャーの代名詞だった雑誌「men’s egg」(大洋図書)の創刊当初から読者モデルとして活躍。野性的なルック...

【植竹 拓】「この街もギャル男も、ギラギラしなくなった」メンエグの立役者は今も渋谷に立っている
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「選挙違反は以前からあった…」徳洲会グループの潤沢な資金源とその手口を告発!

――  医療法人徳洲会グループの公職選挙法違反事件で、親族らが逮捕された自民党の徳田毅衆院議員が、11月13日に離党届けを提出。14日に受理された。  徳田議員は徳洲会グループの徳田虎雄前理事長の次男で、...

「選挙違反は以前からあった…」徳洲会グループの潤沢な資金源とその手口を告発!
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

植毛費用は経費ですか!? 坂東英二に見る芸能人と税金

―― 「植毛費用は経費と思った」 さすがに坂東英二はタレントである。新聞の活字になりそうなコメントを用意していた。昨年12月、名古屋国税局から架空外注費5000万を含む約7500万の所得隠しを指摘され、全番...

植毛費用は経費ですか!? 坂東英二に見る芸能人と税金
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

反対した藤原紀香が公安の監視対象にされた「秘密保全法」のトンデモぶり

――  今話題の「秘密保全法」ほど、トンデモない法律はほかに知らない。この法律が成立し、実際に施行されたならば、これからレポートするような事実をつかみ、メディアに公表した当方は直ちに身柄を拘束され、事態によ...

反対した藤原紀香が公安の監視対象にされた「秘密保全法」のトンデモぶり
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

ドラッグAV女優に"ハメられ"た? KAT-TUN田中を解雇させた六本木裏ルート

――  KAT-TUNの田中聖がジャニーズ事務所から所属契約を解除されて、グループを脱退した。契約解除理由とされている飲食店経営などの副業、事務所に無断でのDJやイベント開催、女性問題、タトゥーなど田中の素...

ドラッグAV女優に
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

第2の矢口事件に発展か? スポーツ選手と結婚したあのタレントと2世タレントの失楽園

――  夫の留守中に自宅に男を連れ込み、情事に溺れていた不倫騒動以来、体調不良を理由に芸能活動を休止している元モーニング娘。の矢口真里の周辺が慌ただしいことは周知の通りだ。かつては、「婦人公論」(中央公論新...

第2の矢口事件に発展か? スポーツ選手と結婚したあのタレントと2世タレントの失楽園
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・三杉 武の「実話誌」ゴシップ大賞【3】

「北川景子の性器の具合を知ってるか?」 人気女優のハメ撮り写真流出のウソ・ホント

――  毎年この時期になると話題になるのが暮れに発表される「流行語大賞」。今年は、予備校教師・林修氏の「今でしょ!」やTBS系ドラマ『半沢直樹』の「倍返し」、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の「じぇじ...

「北川景子の性器の具合を知ってるか?」 人気女優のハメ撮り写真流出のウソ・ホント
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

FC2のAV訴訟で急浮上 ぶりっ子キャラのS・TのAVデビュー作の真贋

――  無料動画共有サイトのFC2動画が10月に映像制作会社など7社から約6500万円の損害賠償を求める訴えを起こされた。アメリカに本社を置く同サイトは、投稿された動画を無料で閲覧することが可能。アップされ...

FC2のAV訴訟で急浮上 ぶりっ子キャラのS・TのAVデビュー作の真贋
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

東映との決裂、前妻の死――謎多き「高倉健」のエイズ死亡説

―― 「日本人で良かったなと、素直に思いました」11月3日、文化勲章親授式に出席した高倉健(82)が受賞の喜びを語った。久しぶりに聞けた健さんの生の声でもある。自らを「映画俳優」と語り、映画以外の話はほとん...

東映との決裂、前妻の死――謎多き「高倉健」のエイズ死亡説
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

演技力は断然上なのに… 自分と交際相手の事務所の違いが明暗を分けた橋本 愛と有村架純

――  能年玲奈演じた主人公が劇中で発した「じぇじぇじぇ」が流行語大賞候補の声があがるなど、大ブームを巻き起こした9月放送終了のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』だが、放送終了後、能年以外の出演者たちは...

演技力は断然上なのに… 自分と交際相手の事務所の違いが明暗を分けた橋本 愛と有村架純
連載
【新連載】お色気性事学入門 第1回

【新連載】AV女優・由愛可奈が見極める性癖「安倍首相はドSです!」

――  AVメーカーMAXINGが誇る人気AV女優たちが、混迷する日本社会に独自の視点で斬りかかる新連載がスタート。記念すべき第1回では、由愛可奈ちゃんに現首相・安倍晋三氏について語っていただきます!

【新連載】AV女優・由愛可奈が見極める性癖「安倍首相はドSです!」
第2特集
現代医療とビジネス【5】

地域医療崩壊の元凶は厚労省!? モンスター患者に疲労困憊の医師座談会

――  ここまでは、医療業界に渦巻く金や利権の構図を見てきたが、では実際に現場で働くお医者さんたちは、どう感じているのか? ここではさまざまな立場の医師に集まってもらい、金や医者、患者について聞いてみた!

地域医療崩壊の元凶は厚労省!? モンスター患者に疲労困憊の医師座談会
連載
中村うさぎのアダルトクエスト【クエストLV.5】

自分の"モノ"にフィットする「覚醒」の瞬間を楽しむ

――  前回、さまざまな快感を与えてくれる"お口シリーズ"で妄想を叶える喜びを教え込んだうさぎは、性豪へと昇格する最終ステージを前に、ついに“神の器”を取り出した──。使用した者のみに訪れるという快感、その...

自分の
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

事後のイメージと事前のイメージ

――  歴史上、有名な事件が起きた場所は世界中にあまたあるが、実際にそうした場所へ足を運んでみると、事前に抱いていたイメージとのズレに戸惑うことが少なくない。凄惨な事件の現場が美しい風景であったり、なんの変...

事後のイメージと事前のイメージ
第2特集
現代医療とビジネス【4】

製薬会社の利権渦巻くイガクムラの実態 患者を薬漬けにする不可解な薬ビジネス

――  精神科に対する理解が深まる一方で、その中には、効能の薄い薬を高額で処方している医師などもいるようだ。では、実際にどんな薬が金儲けに使われているのか? 医師に処方された薬を飲んでいれば間違いないという...

製薬会社の利権渦巻くイガクムラの実態 患者を薬漬けにする不可解な薬ビジネス
連載
町田 康の「続・関東戎夷焼煮袋」第12回

私が死ぬるためと生きるために作るのは、あの大坂の味

――  先日。伊豆半島の突端近くの、下田、というところに行ってきた。と言うと、下田というのは、安政三年七月二十二日、アメリカ総領事、タウンゼント・ハリスがアメリカ大統領の国書を携えて上陸した場所として有名で...

私が死ぬるためと生きるために作るのは、あの大坂の味
連載
友達リクエストの時代【第12回】

「仲間」について語る人間たちが互いと「仲間」になれない理由

――  半月ほど前、ツイッターを眺めていて、ちょっと面白い論争にでくわした。「面白い論争」というのは、悪趣味な言い方だ。というのも、ネット上の論争において、第三者であるわれら観客が注目しているのは、議論の帰...

「仲間」について語る人間たちが互いと「仲間」になれない理由
第2特集
【プレミア限定ロングver.】現代医療とビジネス【3】

年収6000万円の産婦人科医も? 高収入も意味がない過酷な労働環境

――  2004年に起きた「福島県立大野病院産科医逮捕事件」以降、医療業界で最も人手不足が叫ばれているのが、産婦人科界だ。しかし、出産に限らず、昨今需要が高まっている不妊症治療など、ほかの科に比べて自由診療...

年収6000万円の産婦人科医も? 高収入も意味がない過酷な労働環境
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第19回

俺たちの中に飼っている小さな尾崎は「月経」と「月給」という支配からの卒業を歌う

―― 今月の格言「女子は月経に支配され、男子は月給に支配される。」長谷川 如是閑(はせがわ・にょぜかん)1875年、東京生まれ。大正デモクラシーを代表する論客として知られたジャーナリスト、文明評論家。196...

俺たちの中に飼っている小さな尾崎は「月経」と「月給」という支配からの卒業を歌う
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【14】

統計データに見る「振り込め詐欺急増」の真偽

―― 「振り込め詐欺」というと、読者のみなさんはどのようなものをイメージするでしょうか? ターゲットとなった老人のもとへ、ある日突然電話がかかってくる。相手の男はその老人の子や孫を名乗る。相手は「事故を起こ...

統計データに見る「振り込め詐欺急増」の真偽
第2特集
現代医療とビジネス【2】

医科歯科大の医者は東大・慶大が大嫌い!? これがジッツと系列病院のカンケイだ!

―― ――関東・東海・関西の三大地区に君臨する有名大学と、その大学が人事権(ジッツ)を持つ系列大学をまとめて眺めてみよう!

医科歯科大の医者は東大・慶大が大嫌い!? これがジッツと系列病院のカンケイだ!
第2特集
【無料試し読み!】現代医療とビジネス【1】

利権追求ばかりで患者は置いてけぼり!? 「病院経営」から見た現代医療のウラ側

―― ──学閥に基づく人事権支配、利権の拡大と医療費抑制にしか興味がない厚労省、製薬会社の思惑と薬使用の実態、そして自由診療で問題が噴出する不妊症治療のウラ側──。ニッポンの大病院が抱える”病巣”をえぐる!

利権追求ばかりで患者は置いてけぼり!? 「病院経営」から見た現代医療のウラ側
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【5】

アンドロイド馬鹿一代! ブレない美女は未来志向

――  00年代後半。ビヨンセやらリアーナやら、黒人女性アーティストたちがこぞってリーゼントにした時期があった。もちろん、その流行はさほど続かず、リアーナは赤毛(ほか)になり、ビヨンセは脱色ブロンドざんばら...

アンドロイド馬鹿一代! ブレない美女は未来志向
第1特集
未成年とドラッグの危ない関係【3】

MDMAのリヴァイヴァル・ブーム? ”モーリー”が大流行!米国の最新薬物事情

――  ここまで日本のドラッグの現状について掘り下げてきたが、現在のアメリカでは”モーリー”なる薬物が若者たちの間で蔓延している。それは、従来のドラッグと何が違う? 2013年春にアメリカで公開された『スプ...

MDMAのリヴァイヴァル・ブーム? ”モーリー”が大流行!米国の最新薬物事情
第1特集
未成年とドラッグの危ない関係【2】

シンナーから脱法ハーブまで! 先生が教えてくれない青少年ドラッグの歴史

――  80年代から現在に至るまで、青少年の間でどんなドラッグが使われてきたのか? “トレンド”の移り変わりを整理してみた。

シンナーから脱法ハーブまで! 先生が教えてくれない青少年ドラッグの歴史
第1特集
未成年とドラッグの危ない関係【1】

マリファナを吸って通学する高校生も!? ヤバすぎる10年代の10代ドラッグ事情

――  2012年は脱法ハーブによる事件や事故が立て続けに起こり、社会問題となった。アクセスが手軽だった脱法ハーブを経験したことがある中学生や高校生は少なくないといわれるが、実際のところ、中高生を含む今の1...

マリファナを吸って通学する高校生も!? ヤバすぎる10年代の10代ドラッグ事情
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第82回

東電・政府の”制御下”にない汚染水漏洩問題

―― ――今年4月に発表された福島第一原発での汚染水漏洩問題は、いまだ収束の気配を見せていない。先のオリンピック招致でのプレゼンテーションにおいて、安倍晋三首相が「The situation is unde...

東電・政府の”制御下”にない汚染水漏洩問題
第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【3】

「ミズノとNPBの出来レースだろ」 “野良犬”愛甲 猛が見る【統一球・ミスター・宗教】

――  まだまださまざまな問題を抱えるプロ野球界だが、元選手は今の状況をどう見ているのか? 球界随一のぶっちゃけトークが冴える愛甲 猛氏に聞いた。

「ミズノとNPBの出来レースだろ」 “野良犬”愛甲 猛が見る【統一球・ミスター・宗教】
第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【2】

薄れて消えゆくものあり、台頭するものあり… 野球を取り巻く6大タブーの今

――  「ついに”55本タブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!」では、フロントやNPB本体といった背広組にまつわる球界の暗部を取り上げたが、いわゆる現場、ユニフォーム組に関して”タブー”...

薄れて消えゆくものあり、台頭するものあり… 野球を取り巻く6大タブーの今
第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【1】

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!

――  2013年のプロ野球は、「55本タブー」がついに破られた記念すべき年になった。一方で、”統一球”と呼ばれる新規格のボールに関して、NPB側が変更を明らかにしていなかったことが発覚し、それに伴い加藤良...

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第73回

『フォレスト・ガンプ』が描かない激動の時代を生きた黒人大統領執事

―― 「アメリカ人はいつも己自身から目を背ける。ナチがユダヤ人を強制収容所に入れたことを糾弾する。自分たちも同じことを200年間もやっていたのを忘れて」『ザ・バトラー』の主人公セシル・ゲインが語る200年間...

『フォレスト・ガンプ』が描かない激動の時代を生きた黒人大統領執事
第1特集
出版社の上層部に圧力! 猪瀬直樹の本性を探る

背は小さいくせに態度はデカい!(顔もデカい!) 五輪招致成功で気分上々「猪瀬ファシズム」大研究

――  東京都を治める身でありながらも、たびたび問題発言を繰り返し、多くの顰蹙を買っている猪瀬直樹。権威主義的で、男性原理の極端な強調は、まさにファシズムそのもの。猪瀬は自分について書かれたものはすべてチェ...

背は小さいくせに態度はデカい!(顔もデカい!) 五輪招致成功で気分上々「猪瀬ファシズム」大研究
第1特集
なりふりかまわぬ五輪招致活動【2】

オリンピックで「被災地に勇気」だと!? 私たちは東京オリンピックに「絶対反対」!

――  オリンピック開催をめぐる意見には、もちろん賛成もあれば反対もある。そこで、ここでは歓迎ムードに一石を投じる「反対派」のオピニオンをピックアップしてみよう。

オリンピックで「被災地に勇気」だと!? 私たちは東京オリンピックに「絶対反対」!
第1特集
なりふりかまわぬ五輪招致活動【1】

東京五輪決定のウラでうごめいた皇室問題と禁断のギャラ事情

――  知ってのとおり、2020年にオリンピックが東京で開催されることが決まった。日本オリンピック委員会と電通は一心同体となって招致活動に奔走し、さらには皇室まで巻き込む形となった。はたしてそのウラには何が...

東京五輪決定のウラでうごめいた皇室問題と禁断のギャラ事情
第1特集
最強組織"トップ交代"の裏

大物親分の暴露本『鎮魂』の余波か? 山口組7代目体制をめぐる不協和音

――  先日、山口組の中核をなす弘道会において、トップの交代が明らかになった。かつて、警察庁長官から「弘道会の弱体化なくして山口組の弱体化はなく、山口組の弱体化なくして暴力団の弱体化はない」とまで言われた同...

大物親分の暴露本『鎮魂』の余波か? 山口組7代目体制をめぐる不協和音
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.18

気に入らないやつらをここでまとめて名指し批判 出たがり毎日新聞のロートルたち、来るなら来い!

――  あちらこちらが気に入らない。言い出すときりがないが言う! まず、毎日新聞のかつての主筆・岸井成格。本業そっちのけで平日毎晩『NEWS23』(TBS系)に出ている。何を考えているのか。同じく毎日の論説...

気に入らないやつらをここでまとめて名指し批判 出たがり毎日新聞のロートルたち、来るなら来い!
連載
彼女の耳の穴【09】

【土屋太鳳】エンヤさんにしか出せないあの歌声が好きです。私は自分の声が大嫌いで、舌を手術したんです。

――  小さい頃から、音楽が身近にありました。母が音大出身なので家にピアノがあって、クラシックの名曲を寝る前に弾いてくれていたんです。いまでもクラシックを聞くと落ち着くんですけど、たとえば、ラフマニノフのピ...

【土屋太鳳】エンヤさんにしか出せないあの歌声が好きです。私は自分の声が大嫌いで、舌を手術したんです。
第1特集
日本に残るブラジル人の現実【2】

【あべともなり】インタビュー ブラジル人の母を持つ足立区生まれのラッパー

――  日本人とブラジル人とのハーフであるラッパー・あべともなり。いわゆる在日ブラジル人とも異なる立場であるが、そんな彼の音楽表現の背景には何があるのか? 本人に話を訊いてみた。

【あべともなり】インタビュー ブラジル人の母を持つ足立区生まれのラッパー
第1特集
日本に残るブラジル人の現実【1】

生活保護、低学歴、薬物汚染… 帰国しなかった在日ブラジル人の闇

――  リーマン・ショックの後、困窮する在日ブラジル人の姿をテレビのニュースで目にした読者は多いはず。その人口は20年以上前から増えていたが、あのとき初めて彼らの存在がクローズアップされたといってもいい。で...

生活保護、低学歴、薬物汚染… 帰国しなかった在日ブラジル人の闇
第1特集
被差別部落の起源を追う【2】

【えた・ひにん】はそもそもどう違う? 部落史にまつわる3つのキーワード

――  一括して語られることの多い「えた」と「ひにん」だが、いうまでもなく異なる被差別民に与えられた呼称だ。そのとらえ方は時代や地域によって大きく異なり、またそれぞれの由来についても諸説ある。

【えた・ひにん】はそもそもどう違う? 部落史にまつわる3つのキーワード
第1特集
【無料お試し読み!】被差別部落の起源を追う【1】

平安末期の”河原人”が始まり? 解き明かされざる被差別部落史の真実

――  教科書で習った被差別部落の起源「士農工商・えた・ひにん」は間違いだった? では、いわゆる被差別部落の起源はどこにあり、それはどのようにして現代にまでつながっているのか? なんとなく知っているようで知...

平安末期の”河原人”が始まり? 解き明かされざる被差別部落史の真実
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.18

『半沢直樹』──時代劇+職業ドラマの手法とマンガ的演出で見せた、サラリーマン社会のリアリティ

――  今夏『あまちゃん』と並んで最大の話題を博し、「倍返しだ!」という流行語も生んだ、久々の大ヒットドラマが誕生した。一種社会現象化までした『半沢直樹』の成功の要因を、サラリーマン文化論から考える。

『半沢直樹』──時代劇+職業ドラマの手法とマンガ的演出で見せた、サラリーマン社会のリアリティ
第1特集
3世代の在日コリアンが本音を吐露!

3世代の在日コリアンが本音を吐露! 憎悪と諦念(?)の世代別意識調査

――  現在、日本で暮らす在日コリアンは、約53万人と言われている。彼らの中でも2世、3世、4世と新世代が増える中で、受けてきた差別に対する考え方や、生活などにジェネレーションギャップがあるようだ。ここでは...

3世代の在日コリアンが本音を吐露! 憎悪と諦念(?)の世代別意識調査
第1特集
スポーツと在日タブーの歴史【2】

きっかけは格闘家・大山倍達? 在日スポーツ選手が出自を”隠す”まで

――  本文では、通名、本名といった話にも触れてきたが、しかし、スポーツ界には、”在日は本名を名乗ってはいけない”というような規約は当然存在しない。では、なぜ、選手自らが”隠す”ようになったのか? その起源...

きっかけは格闘家・大山倍達? 在日スポーツ選手が出自を”隠す”まで
第1特集
スポーツと在日タブーの歴史【1】

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今

――  日本のスポーツ界では、多くの在日朝鮮人・韓国人の選手が活躍している。古くはプロ野球界で活躍した張本 勲や、告白本を出版した金村義明、サッカーでは李 忠成や鄭 大世らが、一般に知られるところだろう。し...

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第39回

竹島が持つ領土問題以上の意味

――  日本は島国だといわれますが、それでも周辺諸国との国境はいまだに画定されていません。領土問題は日本にとって古くて新しい問題です。「古い」というのは、北方領土や竹島の領有権をめぐる問題は戦後ずっと続いて...

竹島が持つ領土問題以上の意味
サイゾープレミア

2017年8月号

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

連載