サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:土屋太鳳

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1311_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

1311_mimi_04.jpg

エンヤ
『Watermark』
1988年に発売された2ndアルバム。世界的に大ヒットした「Orinoco Flow」や、本文中で本人が語る「Storms In Africa」も収録。「怖い曲もありますが美しいです」とのこと。


 小さい頃から、音楽が身近にありました。母が音大出身なので家にピアノがあって、クラシックの名曲を寝る前に弾いてくれていたんです。いまでもクラシックを聞くと落ち着くんですけど、たとえば、ラフマニノフのピアノ協奏曲の2番……3番だったかな? 私、曲名や名前を覚えるのが苦手なんです。映画を見ていて「この人の演技、いいなぁ」と思っても名前が覚えられなくて。だからたぶん2番だと思うんですけど、チャーチャーチャーってほうが好きです(笑)。

 エンヤさんも落ち着きます。物心ついた頃にラジオで聞いた時に「あ、懐かしいな」と思ったんですけど、どうやら母のおなかの中にいた時からよく聞いていたらしくて。エンヤさんは、いまだに大好きです。ロケバスに乗っていて、その日の撮影シーンをどうしようかなぁと悩んでいる時に"アフリカなんたらなんたら"【編集部註:「ストームス・イン・アフリカ」】って曲を聞くと、頭の中でぐるぐるしていたことが整理できるというか。

 エンヤさんの何が素晴らしいかって、特に歌声だと思うんです。彼女にしか歌えない独特な声を持っているから。私は自分の声が大嫌いでした。いまよりもガラガラの低い声で、大声を出したらすぐに枯れてしまって。自分の声を自分で聞くと、カサカサしていていやだなぁとずっと思っていたんですね。それに、舌が短かったので「タチツテト」や「ラリルレロ」がうまく言えなくて。だから、高校2年生の時に、舌を手術しました。ベロの裏側の筋を。それまでは、声がこもりがちだったんですけど、手術してからはよくなったし、「ラリルレロ」もしっかり言えるようになりました。それでも自分の声は、いまでもやっぱり好きじゃないんですけど。

1311_mimi_02.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』