サイゾーpremium  > 特集2  > 怪しい精神薬を高値で販売!? 【薬ビジネス】の実態

――精神科に対する理解が深まる一方で、その中には、効能の薄い薬を高額で処方している医師などもいるようだ。では、実際にどんな薬が金儲けに使われているのか? 医師に処方された薬を飲んでいれば間違いないという思い込みを覆す薬ビジネスとは──?

1311_hospital_01_r.jpg
内海氏が経営するTokyo DD Clinicでは、減断薬治療を実施する。

 普段、我々が当たり前のように服用している薬。心身の不調を治すために信頼を置いている人も少なくないが、「金儲けの種にされている」との声が上がっているのをご存じだろうか? NPO法人・薬害研究センターを運営しているTokyo DD Clinicの院長・内海聡医師は、自著『精神科は今日も、やりたい放題』(三五館)などで、精神科では患者への“薬漬け医療”が横行し、向精神薬の禁断症状によって病状が悪化してしまう場合があることを指摘している。こうした医療業界の暗部に切り込んだ書籍出版の影響もあり、彼のセカンドオピニオン(患者が自分の病状について、ほかの医師にも意見を聞くこと)を求めに来る患者も少なくない。

 だが、実際はどうなのだろうか。関係者の証言を元に、真偽を追っていこう。

「製薬会社と精神医療が儲かるように、両者が診断基準を設定してきた」「薬が先に開発されて、その薬を売るために都合のいい精神疾患が作り出されている」──。前掲の著書『精神科は今日も、やりたい放題』では、こんな衝撃の現状が告発されている。著者の内海氏は語る。

「バルビツール、ベンゾジアゼピンなどの向精神薬は、タバコや覚せい剤と同様に依存性があることで知られています。実際、私がセカンドオピニオン活動を行う中で、患者の病状が悪化した原因を調べてみると、ほとんどが向精神薬に対する依存と禁断症状によるものでした。薬をやめると禁断症状が出てしまうから、また飲むという繰り返しに陥っている患者が多いんです」

 こうした状況の原因を内海氏は「製薬会社や医学会が、自民党や公明党などに政治献金を送り、ロビー活動を行い、効果が思わしくない薬でも積極的に認可がおりるようにしたり、医者や家族の承認があれば本人の意志にかかわらず入院させることができるなど、都合の良い法律が作られ続けています。現状の精神医療では、社会から逸脱した“はみ出しもの”を、強力な薬によって沈静化することを目的にしており、根本的な問題を取り除く治療はしません。それが故に私は、“患者を薬漬けにして儲けているだけ”と主張しているのです」と説明する。

 また、内海氏は患者の家族にも責任の一端があると指摘している。

「精神科に来る半分くらいの患者は、薬を飲むことをためらうのにもかかわらず、家族が薬を飲ませることを望むケースが多い。家庭の厄介者を薬でコントロールしたいと願うんですね。家族が精神医学の虜になっているんです。ちなみに、患者の家族で構成される『家族会』にも、製薬会社から献金が渡っています。薬を飲ませたい家族、売りたい製薬会社とのズブズブな関係がうかがえます」

 こうした結果、「精神保健福祉法の改正により、患者を強制的に保護入院させられるのが1親等から3親等に拡大されました。すでに、親族の要請により突然、身に覚えのない病状で入院させられ、手足を拘束されて薬を多量投与されるというマンガみたいなケースも起きています」(同)という。仮に、この現状が本当なのだとしたら、業界、政治、そして家族までもが一体となり、薬によって甘い汁を吸っているということになる。

 このように業界関係者に聞くと、我々の健康を守るはずの薬が金の種になり、「患者の健康」という本来守るべき大前提が置き去りにされているケースも報告されている。サイエンスライターのへるどくたークラレ氏は明かす。

「武田薬品の『ロゼレム』は、効果が疑わしく業界内でも、あまり評判のよくない薬です。脳が分泌するホルモンの一種である、メラトニンの受容体に作用して不眠症を治すものなのですが、この手の薬には海外ではスーパーなどでも一般的に販売されている、その名の通りの『メラトニン』がすでにあります。『ロゼレム』は、偽物のメラトニンとして機能するのですが、海外ではすでに実績と信頼があり、なおかつ安価な『メラトニン』がスーパーなどで売られているにもかかわらず、日本では認可されなかった。そして、偽物メラトニンとも言える薬が出回っている現状を見て、武田薬品のロビー活動があったのでは? と噂がたつのもむべなるかな、というところでしょう。『ロゼレム』は高価な上に、悪夢を見るなど強い副作用も報告されているのに……」(クラレ氏)

 製薬会社にはMRと呼ばれる営業職が存在するが、「武田薬品はMRによる厚労省への接待攻勢で『メラトニン』の日本での認可を阻止していたのではないか」という噂もあるようだ。

 現在は厚労省の監視が厳しくなり減少しているものの、数年前まで、処方薬においては、医師への接待攻勢は有効だったようで、ある薬剤師によると、「医師から処方されるジェネリックが、なぜか同じ製薬会社のものばかりというのは、よくある話」
だという。

 また、クラレ氏は「ヤブ薬」の代表格としてアステラス製薬の「ドグマチール」を挙げる。

「ドグマチール自体は非常に優秀な薬なのですが、医師として不定愁訴向けにとりあえず出しておくといった乱暴な使われ方をすることがある薬です。『ドグマチール』は、胃腸から精神の不具合まで幅広く適応が可能な珍しい薬です。しかし、不快感を抑えるだけです。脳や神経に作用し、実際に、なんとなく気分が楽になっているうちに、自然治癒してしまうこともあるので、ややもすれば特効薬として効いてしまうのが困ったところ。胃腸に対する根本的な治療にはまったくなっていません。副作用も無視できない薬なのに、いきなり1日で処方できる最大量を処方する医師もいます」(同)

 さらに、前出の薬剤師は、精神科の処方薬以外でも、OTC(一般用医薬品。医師の処方箋なしでも薬局で買える薬のこと)を使った金儲けの手段として、こんな手法があると、警告する。

「二日酔いに有効な『アルケシクール』は、シミ・そばかすに効くという『ハイチオールC』と成分がまったく同じ。しかも、同じエスエス製薬から発売されています。実は『ハイチオールC』のほうがお得な価格なんですが、誰も成分を見ないので『アルケシクール』を買う人が多いんです」との証言も。「薬の認可や適用範囲は、厚労省に事細かな書類を提出したり、時にはおエラいさんを接待したりと、長く苦しい手間と心労をかけなければ変えられない」(クラレ氏)ため、その分のコストが上乗せされているのかもしれない。しかし、高い購入費を払わされるのは、結局は客なのだ。

 さらに、「ガスター」や「ロキソニン」「リアップ」などの第1類医薬品は、薬事法改正により、09年度から薬剤師がいなければ薬局で販売できないようになった。これは、日本薬剤師会が、薬剤師の雇用確保のため働きかけた結果の改正だと言われており、結果的に市販薬のコストは増加、薬剤師の人件費が、薬の値段に乗っている状態と揶揄されても反論は難しい。

 さまざまな思惑が渦巻く医療業界。一部からは、その利権構造を「イガクムラ」と揶揄する向きもある。今回紹介したようなケースが関係者から報告されているため、患者側もしっかりと知識を身につけなければいけないということだろう。

「医師に処方された薬を飲んでいれば間違いない」と高をくくるのではなく、普段、何気なく飲んでいる薬を、まずは疑ってみなければいけないのかもしれない。

(文/宮崎智之)

薬を飲む前にちょっと待って!
この薬が出たら要注意!? 怪しい「ヤブ薬」

そもそも成分があやしい薬や、無駄に高値で販売されている薬まで、巷には怪しい「ヤブ薬」が溢れているという。本文中に出たものだけでなく、OTC薬でもこれは……と思われるものをピックアップした。

1311_hospital_02.jpg

【1】依存率はドラッグ級!?
バルビツール、ベンゾジアゼピン
精神科で処方される向精神薬だが、内海聡氏いわく「LSDやエクスタシーなどの違法ドラッグと比べても依存性が高い」。病気を治すつもりが、いつのまにか薬の虜になってしまい、禁断症状に悩まされるなんてことも!?


1311_hospital_03.jpg

【2】武田薬品がゴリ押し
ロゼレム
メラトニン受容体に作用して不眠症を治す薬。「安全で安価な『メラトニン』 があるにもかかわらずその存在を無視して『ロゼレム』を発売する理由がわからない。悪夢などの副作用も多く、好んで使う医師は滅多に見ない」(へるどくたークラレ氏)


1311_hospital_04.jpg

【3】根本解決にならないごまかし薬
ドグマチール
胃腸から精神の不具合まで幅広く作用するが、実態は「不快感を抑えるだけで、原因を放置するヤブ医師が好きな薬」(クラレ氏)。なんとなく楽になっているうちに自然治癒してしまうこともあるため、患者が気づきにくいのだとか。


1311_hospital_05.jpg

【4】風邪薬と一緒なのに高い!
ドリエル
睡眠補助薬として有名なエスエス製薬のドリエル。しかし、「同じ成分は抗アレルギー薬である『レスタミンコーワ』にも含まれており、こちらのほうが断然安い。たかが適応の変更だけで10倍以上の薬価になるのはいかがなものか」(クラレ氏)という。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ