サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】『フォレスト・ガンプ』が描かない激動の時代を生きた黒人大統領執事
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第73回

『フォレスト・ガンプ』が描かない激動の時代を生きた黒人大統領執事

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『ザ・バトラー』

1311_machiyama_01.jpg

1920年代のアメリカ南部、綿農園で働く一家に生まれたセシル・ゲイン(フォレスト・ウィテカー)は、農園のオーナーに母親をレイプされ、それに激高した父親を射殺されてしまう。北部へと逃げ出したセシルはホテルの給仕係を経て、ホワイトハウスの執事として働くこととなる。34年間、大統領のそばに務めた彼の目を通して、黒人たちの差別との戦いの歴史を描く。

監督/リー・ダニエルズ 出演/フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、マライア・キャリーほか 日本での公開は2014年春の予定。


「アメリカ人はいつも己自身から目を背ける。ナチがユダヤ人を強制収容所に入れたことを糾弾する。自分たちも同じことを200年間もやっていたのを忘れて」

『ザ・バトラー』の主人公セシル・ゲインが語る200年間の強制収容所とは、アメリカの黒人奴隷制のことだ。『ザ・バトラー』は、ホワイトハウスの執事を34年間務めた黒人執事セシル・ゲインの生涯を描く。

 セシルは、ユージン・アレンという実在の人物をモデルにしている。アレン氏は、トルーマン、アイゼンハウアー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンまで、8人の大統領に仕え、最後には執事長にまで上り詰めた。

 セシルは20世紀初め、南部ジョージア州に生まれる。すでに1865年、南北戦争で敗れた南部では黒人奴隷は解放されていたが、黒人の選挙権を奪うことによって政治も法律も依然として白人が支配していた。人種隔離法によって、学校、公衆トイレ、バスなどはすべて白人用と黒人用に分かれ、白人席に黒人が座ると罰せられた。小作人だったセシルの母は地主の白人に犯され、怒って地主に立ち向かった父は射殺される。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』