サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 五輪招致成功で気分上々【猪瀬ファシズム】大研究

――東京都を治める身でありながらも、たびたび問題発言を繰り返し、多くの顰蹙を買っている猪瀬直樹。権威主義的で、男性原理の極端な強調は、まさにファシズムそのもの。猪瀬は自分について書かれたものはすべてチェックしているという偏執的な性質を持っているというが、これも読んでくれるかな? 猪瀬都知事、自分を見つめ直してください!

1311_olympic_07.jpg
猪瀬直樹1946年、長野県生まれ。第18代東京都知事。ノンフィクション作家、政治家。推定身長158センチ。愛煙家として知られる。また、最近はジョギングに熱中。(絵/河合 寛)

 現・東京都知事として2020年の五輪招致に向け、精力的に活動した猪瀬直樹氏。しかし、4月15日に発生したボストン・マラソン爆発事件の翌日に五輪招致のロゴ入りTシャツを着てニューヨークのセントラルパークを走るアピールをして非難されるなど、その活動はたびたび迷走した。4月27日ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで「イスラム諸国で人々が共有しているのは唯一、アラーだけ。けんかばかりしている」「トルコの人々が長生きしたいと思うなら日本のような文化を持つべきだ」と発言。他候補都市の批判を禁じるIOCの規則に抵触するとして騒動に発展した。自身のツイッターでは直後に「今回の件で誰が味方か敵か、よくわかったのは収穫でした」と強がったが、その後発言を謝罪した。しかし、猪瀬氏は12年8月11日にもツイッター上で「マドリードは欧州危機、イスタンブールはシリア内戦など不利な条件。カタールのドバイは秋期開催を主張して予選落ち。東京はきわめて有利な状況にあります」と批判的な発言しており、そもそもIOCの規則を理解していたとは思えない。

 この失言騒動により「東京への招致は不利になった」とメディアで盛んに報道されたが、JOCなどの功績もあり、結果としてはなんとか五輪招致に成功。猪瀬氏のキャリアにまたひとつ「手柄」が加わったことになるが、その言動には常に危うさがつきまとう。そもそも猪瀬直樹氏とはどんな人物なのだろうか?

 猪瀬直樹氏は信州大学在学時、新左翼学生運動の指導者として、革命的共産主義者同盟全国委員会に参加。69年には信州大学全共闘議長を務めた。大学院を卒業後の79年、32歳で作家活動を開始。87年に『ミカドの肖像』(小学館)で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。96年に『日本国の研究』(文藝春秋)で文藝春秋読者賞受賞。その後、作家活動の傍ら、政治的な活動を開始。小泉元総理の「聖域なき構造改革」の旗手として02年から道路関係四公団民営化推進委員を務め、07年6月から東京都副知事に就任。12年12月、東京都知事に就任した。

 華々しい経歴の一方で、その活動には批判も数多い。著書『交通事故鑑定人S氏の事件簿』(文藝春秋/94年)に対し、別の交通事故鑑定人である林洋氏が『偽りのノンフィクション作家 猪瀬直樹の肖像』(チーム/96年)で反論。鑑定人としてキャリアの浅い「S氏」のデタラメな鑑定を信じこみ、天才鑑定人と持ち上げた“エセ鑑定礼賛小説”だ、と痛烈に批判している。また、自ら委員を務めた道路関係四公団民営化推進委員会は民営化案の内容をめぐって紛糾し、7人の委員中5人が途中で辞任する、という異例の事態に発展。委員長代理を務めた政治学者の田中一昭氏は、委員辞任後、著書『道路公団改革 偽りの民営化』(ワック/04年)で猪瀬氏を政府や国交省に擦り寄る“フィクサー作家”だ、と批判している。しかし、最後まで委員として残った猪瀬氏は骨抜きになった最終的な政府・与党案を支持。「69点の出来だ」と評価した。

 元左翼のノンフィクション作家でありながら、権力側に寝返ったような近年の活動に対し、ほかの言論人からも反発を招き、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は『権力の道化』(新潮社/04年)で、評論家の佐高信氏は『自分を売る男、猪瀬直樹』(七つ森書館/12年)で猪瀬氏を批判。猪瀬氏がかつて原稿を執筆し、世に出るきっかけになった雑誌「週刊文春」(文藝春秋)も、91年に不倫交際していたという女性作家・中平まみ氏をわざわざ引っ張り出し、「交際当時、飲酒運転事故を起こし、現場から逃亡した」という記事(13年6月13日発売号)を掲載した。

過剰な自己顕示欲と繰り返す舌禍事件

 猪瀬氏の過去の著作や言動を検証すると、浮かび上がってくるのは強烈な自己顕示欲だ。「俺はストリートファイトで負けたことはない。いつでも相手になってやる」と無頼派を気取ってみたり、著書の帯に“小泉首相は言った。「できるな、これで」”、“「あれだけ優秀な副知事は見たことがない」(石原慎太郎氏の都知事辞任会見)”というコメントが掲載されるように、実力者とのコネクションを自慢したりすることも多い。過大な自己愛は作家としては必要な素養かもしれないが、政治家になった猪瀬氏はしばしば「敵」という表現を使って持論に相対する異論を饒舌に攻撃する。猪瀬氏がいかに論点をずらし、執拗に問題をすりかえ、議論の結論を持論へ導こうとするか、その手法は『道路公団改革~』(前出)に詳細に描かれている。『東京都の副知事になってみたら』(小学館/10年)には道路公団民営化委員について「仕方なく自分がプレイヤーにならざるを得なかった」という記述があるが、『道路公団改革~』(前出)では、会議の冒頭でいきなり「私は委員長代理が二人いても構わないと思うので、もし指名していただければやりますけれども」と発言したという。このくだりは自身が「歴史を正確無比に追跡した唯一の記録」と前書きで自画自賛した『道路の権力』(文藝春秋/03年)には書かれていない。近著『言葉の力』(中央公論新社/11年)では「相容れない考えを持つ相手であっても、正確に理解し、きちんと言葉で自分の考えを伝えることが大切です」と書いているが、一方で、自らに対する批判には目ざとく、猪瀬氏が櫻井よしこ氏と「新潮45」で論争した際に、当時の編集長に電話して「櫻井よしこに書かせるな!」と怒鳴りこむなど、出版社の上層部に圧力をかけて反論を封じ込めたりすることでも知られている。ベテラン政治記者のA氏は「少しでも批判を書くと、直接電話がかかってきて抗議されます。いっぱしの新聞・雑誌記者なら、一度は猪瀬氏からクレームを受けた経験があるはずです」と証言する。著書などでジャーナリズムの衰退を嘆く一方では、他者の「言論の自由」を認めない姿勢が同業者の怒りを買っているのだ。

 五輪を開催する東京都の代表として、今後さらに注目を集める機会が増える猪瀬直樹氏。自らの「言葉の力」で思わぬトラブルを招かぬことを祈りたい。

(取材・文/N.A.B.E)

乙武くんを「乙坊」と呼んでアニキ気取り!!
ツイッター暴言・妄言録

猪瀬さん、なんでツイッターでそんな攻撃的なの? もっと面白いことつぶやいて!

■2010.12.05 04:19
まだ言いたいことがある。ネトウヨは財政破綻した夕張を助けに行け。雪かきして来い。それならインタビューうけてもよい。

■2012.02.09 01:48
こんな時間に起きている人は気質(かたぎ)じゃないね。イッパツ当てる山師か、ただの怠け者でゆくゆくは路上生活者か、歌舞伎町の人か、それとも大型トラックで高速を疾走する運転手か、三交代の工場労働者か、病院や老人ホームではたらく使命感を生きる人か、惰性の受験生か、売れない作家か。

■2012.05.05 20:58
交通信号が赤でも、まったくクルマの気配がなければ歩行者は横切ってもいいんだよ。僕がジョギング中に不可解に思うのは、ただつっ立っている日本人。クルマいないのに! 個人の決断がない。ニューヨークでもパリでもあり得ない。

■2012.08.20 02:57
泳いで来るのだから、こちら側から蹴りを入れれば一発だよ。水に顔を突っ込み、参ったかとやりグロッキーにして上陸させず来た船に帰してやればよかっただけのことだよ。こんなもん、ケンカのイロハだ。

■2013.03.27 00:30
乙坊、許せないこと言う奴は兄ちゃんが懲らしめてやる。RT @h_ototake: その話、サッカー終わってからでいいかな。RT @●●●●●●●: 障害者は殺処分されるべきだと思います。

■2013.04.17 08:12
メディア王ルパートマードック(Rupert Murdoch, media mogul) と相互フォローしています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ