サイゾーpremium  > 限定  > 第2の矢口事件!? あのママタレと2世タレントの失楽園
「サイゾーpremium」限定ニュース

第2の矢口事件に発展か? スポーツ選手と結婚したあのタレントと2世タレントの失楽園

+お気に入りに追加

1311_yaguchi.jpg
矢口真里『青春 僕』

 夫の留守中に自宅に男を連れ込み、情事に溺れていた不倫騒動以来、体調不良を理由に芸能活動を休止している元モーニング娘。の矢口真里の周辺が慌ただしいことは周知の通りだ。

 かつては、「婦人公論」(中央公論新社)で、元夫で俳優の中村昌也のDV疑惑や借金問題が取り上げられたかと思えば、写真週刊誌「フライデー」(講談社)で近況が報じられている。

 直撃取材という体裁だったが、写真に写る矢口はバッチリと化粧が施されて終始穏やかな対応。

 同記事では、中村のDV疑惑や借金問題に関して矢口の母親にも直撃しており、全体的に矢口寄りのトーンになっているのは否めなかった。

 最近は、モー娘のプロデューサー・つんく♂や元メンバーの辻希美のカムバックを後押しするコメントもしており、矢口の復帰も近いかに見えたが……。

 そもそも、今回の不倫騒動は夫婦の問題。

 かつて芸能マスコミを賑わせた、犯罪スレスレのペニーオークション詐欺騒動などと比べれば道義的責任は重くはなく、一般社会で鑑みるに、元アイドルとはいえ、たかが不倫でここまで袋叩きに遭うのも可哀想な気もしないでもないが、そこは芸能界である。

“不倫は文化”発言で地獄を見た石田純一の例もあるように、芸能界を支える主婦層の目は不倫に対してことのほか厳しい。さらに、報道がここまで過熱した背景には、矢口の所属するアップフロントエージェンシーの初動ミスも大きな要因のひとつだろう。モー娘全盛期の頃ならば、マスコミ対策ももう少し強気に出られたのだろうが……。

 さて、矢口の不倫騒動が多少沈静化しつつある中、新たなターゲットとして浮上しているのが、タレントのN・Tだ。

 Nは、グラビアタレントとして活動後、某テレビ番組の司会を務めるなどバラエティーを中心に露出を増やした。スポーツ選手の夫と結婚してからはママタレントとしても活躍しているが、かねてから夫との不仲説が取り沙汰されていた。

 最近になって、娘とともに家を出て夫とは別居状態にあるというが、なんと新たな恋人とは不倫関係だという。

 そのお相手とされるのが、父親も芸能界で活躍する2世タレントのS・R。Sといえば、かつて人気女優のF・Kとの仲が取り沙汰されるなど、芸能界でもプレイボーイとして知られている。

 相手が人妻だろうと気にするようなタマではなく、実際に2ショットのみならず、Nの娘と3人で堂々とデートしている様子も目撃されている。最近、Nのブログに夫の話題がまったく出てこないのは、こういった背景があるから!?

 Nが”第二の矢口”として注目を集める日も近そうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』