サイゾーpremium  > 限定  > 第2の矢口事件!? あのママタレと2世タレントの失楽園
「サイゾーpremium」限定ニュース

第2の矢口事件に発展か? スポーツ選手と結婚したあのタレントと2世タレントの失楽園

+お気に入りに追加

1311_yaguchi.jpg
矢口真里『青春 僕』

 夫の留守中に自宅に男を連れ込み、情事に溺れていた不倫騒動以来、体調不良を理由に芸能活動を休止している元モーニング娘。の矢口真里の周辺が慌ただしいことは周知の通りだ。

 かつては、「婦人公論」(中央公論新社)で、元夫で俳優の中村昌也のDV疑惑や借金問題が取り上げられたかと思えば、写真週刊誌「フライデー」(講談社)で近況が報じられている。

 直撃取材という体裁だったが、写真に写る矢口はバッチリと化粧が施されて終始穏やかな対応。

 同記事では、中村のDV疑惑や借金問題に関して矢口の母親にも直撃しており、全体的に矢口寄りのトーンになっているのは否めなかった。

 最近は、モー娘のプロデューサー・つんく♂や元メンバーの辻希美のカムバックを後押しするコメントもしており、矢口の復帰も近いかに見えたが……。

 そもそも、今回の不倫騒動は夫婦の問題。

 かつて芸能マスコミを賑わせた、犯罪スレスレのペニーオークション詐欺騒動などと比べれば道義的責任は重くはなく、一般社会で鑑みるに、元アイドルとはいえ、たかが不倫でここまで袋叩きに遭うのも可哀想な気もしないでもないが、そこは芸能界である。

“不倫は文化”発言で地獄を見た石田純一の例もあるように、芸能界を支える主婦層の目は不倫に対してことのほか厳しい。さらに、報道がここまで過熱した背景には、矢口の所属するアップフロントエージェンシーの初動ミスも大きな要因のひとつだろう。モー娘全盛期の頃ならば、マスコミ対策ももう少し強気に出られたのだろうが……。

 さて、矢口の不倫騒動が多少沈静化しつつある中、新たなターゲットとして浮上しているのが、タレントのN・Tだ。

 Nは、グラビアタレントとして活動後、某テレビ番組の司会を務めるなどバラエティーを中心に露出を増やした。スポーツ選手の夫と結婚してからはママタレントとしても活躍しているが、かねてから夫との不仲説が取り沙汰されていた。

 最近になって、娘とともに家を出て夫とは別居状態にあるというが、なんと新たな恋人とは不倫関係だという。

 そのお相手とされるのが、父親も芸能界で活躍する2世タレントのS・R。Sといえば、かつて人気女優のF・Kとの仲が取り沙汰されるなど、芸能界でもプレイボーイとして知られている。

 相手が人妻だろうと気にするようなタマではなく、実際に2ショットのみならず、Nの娘と3人で堂々とデートしている様子も目撃されている。最近、Nのブログに夫の話題がまったく出てこないのは、こういった背景があるから!?

 Nが”第二の矢口”として注目を集める日も近そうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』