サイゾーpremium  > 連載  > 続・関東戎夷焼煮袋  > 【連載】町田 康の「続・関東戎夷焼煮袋」
連載
町田 康の「続・関東戎夷焼煮袋」第12回

私が死ぬるためと生きるために作るのは、あの大坂の味

+お気に入りに追加

――上京して数十年、すっかり大坂人としての魂から乖離してしまった町田康が、大坂のソウルフードと向き合い、魂の回復を図る!

1311_machida_01.jpg
photo Machida Ko

 先日。伊豆半島の突端近くの、下田、というところに行ってきた。と言うと、下田というのは、安政三年七月二十二日、アメリカ総領事、タウンゼント・ハリスがアメリカ大統領の国書を携えて上陸した場所として有名であるが、そんなところになにをしに行ったのか。遠いのに。バカじゃないのか。と訝る人も多いだろうから、いちおう闡明(せんめい)しておく。

 私は下田にサーフィンをしにいった。

といって、大方の人は、ふーん。程度にしか思わぬだろうが、私にとってこれは大事件であった。

 なんとなれば、これまで私はサーフィンと無縁の生活を送っていたからで……、というか、以前にも申したとおり、私はかつてパンクロッカーの群れに身を投じていた者であるが、実はそもそもパンク者とサーファーというのは不倶戴天の敵であったからである。

 といって、サーファーがパンクを憎むということはあまりなく、専らパンクがサーファーを憎んでいた。

 なぜ憎んでいたか。一言で言うと嫉妬である。

 自分たちは日の当たらぬところでぎゅうぎゅうになって苦しい思いで不平不満を喚き散らして女にも持てない。しかるに、なんだ。あいつらは。日の当たるところで楽しそうなことをやって女にも持てている。とんでもないことだ。こんな不公平が許されるわけがない。

 と考えていたのである。だったら自分も群れを脱出してサーファーになったらよさそうなものであるが、日頃、激しく批判していたのに突然に掌を返して、サーファーになるのは自分自身を欺くようで嫌だったし、決まりも悪かったのでなれなかった。というか、現実的に不可能だった。というのはパンクに必要な楽器すら満足なものが買えぬ私たちにとって高価な波乗り板を買うなど、夢のまた夢であったからである。

 そんなことでサーフィンをしないまま五十の坂を越えた。

 その私が急にサーフィンをしようと思ったのは如何なる訳か。勿論、自分の本来の魂を恢復することに失敗したからである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』