サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 高校生が【大麻】を吸って通学! 最新10代ドラッグ事情
第1特集
未成年とドラッグの危ない関係【1】

マリファナを吸って通学する高校生も!? ヤバすぎる10年代の10代ドラッグ事情

+お気に入りに追加

――2012年は脱法ハーブによる事件や事故が立て続けに起こり、社会問題となった。アクセスが手軽だった脱法ハーブを経験したことがある中学生や高校生は少なくないといわれるが、実際のところ、中高生を含む今の10代はどんなドラッグに手を出しているのだろうか? また、薬物を用いる動機とは何なのか? “当事者”たちに話を訊きながら探りたい。

1311_drug_01.jpg
生育する大麻草。この花穂や葉を乾燥させた加工品をマリファナと呼ぶ。(c)Pablo

その日本社会の裏側へと通じるゲートウェイ(入り口)を知ったのは、ひとりの少年との出会いがきっかけだった。

「職業はプッシャー(売人)です」

 東京近郊に住むヒロシ(仮名・17歳)は何ともなしに言う。背恰好は小さく、幼い顔立ちをしているが、筆者を見据える目は鋭く、妙な色気もある。それは、10代の音楽シーンを探る取材の一環で、ヒロシはなかなかセンスの良いDJだという触れ込みで紹介された。訊けば高校を1年で辞めてしまったとのこと。仕事は何をしているのかという問いに、冒頭の答えが返ってきたのだった。

「ただ、自分では売らないで、後輩にさばかせてます。もともとは振り込め詐欺をやったり、あと、同級生の女を使って援交の元締めをやってたこともあったけど、そういうのって、何かオチるんで。工場の窃盗も、最近は未成年からは買い取ってくれなくなっちゃったし。楽しくて、儲かる仕事がいいなと」

 最近の若者には欲望がない──と不満げに言う人たちがいる。世代間の価値観の違いによるモラル・パニックは、日本でも延々と繰り返されてきた現象だが、それが、“おとなしい若者”なる、従来のパブリック・イメージの反転に対する困惑という形を取り始めたのが、ここ数年の傾向だ。いわく、「最近の若者は物を買わない」「最近の若者は政治に関心がない」云々。では、犯罪、特に薬物に関してはどうなのだろうか。

「ドラッグの取り引きは昔はプリペイド携帯を使ってたけど、規制が厳しいんで、今はウィルコム。あそこは、警察に絶対、情報を売らない」とヒロシは続ける。同社は、東日本大震災の際、つながりやすいということで評判になったが、そんな使われ方もしていたとは。彼ら、10代の不良少年たちと話していると、現代の知らなかった側面が見えてくる。

 ドラッグと若者の関係にしてもそう。10代の薬物事犯を防止するための基本的な考え方に、“ゲートウェイ・ドラッグ理論”があって、酒やタバコ、マリファナがきっかけとなり、覚せい剤のようなハード・ドラッグへの依存に陥るケースがまま見受けられるため、入り口こそを厳しく取り締まろうというものだ。しかし、ヒロシたちはすでにその世界の奥深くに足を踏み入れているように思えた。「最近の若者はドラッグもやらない」わけではないのだろうか?

 結論めいたことを書いてしまえば、10代の薬物事犯は減少傾向にある。警察庁発表のデータを見ると、10代の検挙人員は人口の推移以上の比率で低下。しかし、「そこには日本特有の事情がある」と、薬物事犯を担当する弁護士の第一人者、小森 榮氏は指摘する。

「アメリカでは、10代の半数近くが大麻を摂取した経験を持つという調査があります。オバマ大統領も告白しているように、ほぼ当たり前のことになってしまっている。一方、日本においては100人に1人というまれなケースです」

 そして、その理由のひとつには値段の問題がある。

「2007年の国連の書類によると、薬物1グラムあたりの代表的な小売価格は、覚せい剤がアメリカでは127ドル、我が国では500ドル。大麻がアメリカでは10ドル、我が国では51ドルと、大体、5倍くらい違う」

 つまり、日本ではドラッグの主流は輸入品のため、値段のハードルが高い。あるいは、輸入文化のため、情報のハードルが高いとも言えるかもしれない。

「アメリカでは普通の子どもが普通に手を出すのに対して、日本では身近に暴力団関係者がいるような特殊な子どもや、音楽が好きでカッコつけたがる子どもが薬物に興味を持つ傾向にあります」

 しかし、“まれなケース”だからと言って切り捨てるわけにはいかないと小森氏は警鐘を鳴らす。

「減少傾向にあるとしても、現実に若者の乱用者は存在する。だからこそ、防止教育に力を入れることが重要。しかし、日本のそれは“良い子”に向けて行われている。本来なら、用心しなければいけないのは、乱用者が身近にいたり、すでに使用している子ども。そして、彼らにアプローチするのは非常に難しい」

マリファナの初体験は小学生という売人

1311_drug_06.jpg
過去に販売されていた脱法ハーブの製品パッケージ。いずれも現在は規制されている成分が含まれる。当初は疑似マリファナのようなハーブが流通していたが、規制と脱法のいたちごっこを経て、強烈な効き目の代物が登場。

 実際、ヒロシは中学生の頃、学校で上映される薬物乱用防止映画をマリファナで酩酊した状態で観に行くのが好きだったと語る。

「ウケるじゃないですか、嘘くさくて。いつもニヤニヤしながら観てました」

 また、地方都市の高校に通うタケル(仮名・18歳)は、教師とこんな会話を交わしたという。

「この間、先生に『お前、マリファナ吸ってんだろ?』って言われて、『いや、タバコだけっす』ってボケをかましました。ブリブリ【註:激しくキマること】で学校行くと楽しいんですよ。全然、授業頭に入らないですけど」

 そもそも、彼らにとって、ドラッグへのゲートウェイは何だったのだろうか? 例えば、ヒロシが初めてマリファナを体験したのは小学校6年生の時。

「伯父さんがレゲエ好きでクサ好きで、従兄弟の中学生の兄ちゃんは吸わせてもらってたのに、オレは小学生だからダメだって言われて、悔しいんで部屋から盗みました」

 彼は早熟すぎるとして、「高1の時、歳上のスケーターと遊んでたらジョイント【註:紙巻の大麻】が回ってきて、『これ、あれだ!』って吸ってみたら最高だった」(ショウ/仮名・18歳)や、「最近、コカインやりすぎて食欲がなくて、お袋に『あんた、ドラッグやってんでしょ?』って言われて焦りました。親父も覚せい剤の運び屋で捕まったことあるんで、わかったんでしょうね」(タロウ/仮名・19歳)といった証言を聞くと、やはり、人間関係や家庭環境が要因となることが多いように思える。そして、それは、ヒロシのようなリーダー気質の人間によって、同世代の友人たちに広まっていく。

 また、彼らは脱法ドラッグ世代でもある。00年代前半のブームは、07年に指定薬物制度が導入されたことで、一旦、沈静化したものの、10年頃から法の網をかいくぐる新種の脱法“ハーブ”が出回るようになる。彼らの場合、その時期と、悪行に興味を持つ思春期がリンクしたのだ。

「中学生の頃、めちゃくちゃ流行って。パケ(上の写真参照)は4000円とかしますけど、ジョイントは500円とかで買えますから。それを、皆で公園で回して、マンチ【註:ハーブの効果で空腹になること】でスーパーの試食品コーナーで食いまくったり」(サトシ/仮名・17歳)

 しかし、この頃から脱法ハーブを吸引した若者の交通事故や緊急搬送が目立つようにもなる。マリファナに比べ、酩酊のしきい値が不確定のため、特に経験の浅い者は意識障害を起こしやすいのだ。

「高校を辞めて入った建設現場のヤツらが、仕事中もハーブを吸うんですよ。オレも無理やりやらされて、フラフラになって足場から落ちて、『これは、ないな』ってバックレた」(コウジ/仮名・16歳)

「ある朝、気づいたら、ベッドに血だらけで寝てて、『昨日の夜、何があったの?』って友達に電話したら、キマりすぎて居酒屋で大暴れしたって。怖くなって、ハーブはやめてクサを吸うようになりましたね」(ダイスケ/仮名・17歳)

ガールズバーで働くコカイン中毒の少女

 ちなみに、彼らと話していて興味深いのが、「ドラッグとかやって先輩にツメられたりしない?」と訊くと、揃って、「先輩なんて関係ない」と口にすることだ。つまり、地域の旧来的な不良の上下関係が崩れた結果、暴走族における「クスリは御法度」のような建前が失われ、かといってやりたい放題なわけではなく、自分たちで“アリ”“ナシ”を決めているのだ。そして、この1~2年で脱法ハーブはシンナーと同じ“オワってる”“ダサい”ものになった。

 あるいは、東京の工業地帯の巨大団地に住むカツヤ(仮名・19歳)を脱法ハーブとは別の道へと導いてくれたのはヒップホップだった。とはいえ、それは、さらにハードなドラッグへと歩を進めたということで、カギっ子だった彼は、今は実家の鍵を使ってコカインを吸引している。

「鍵の溝が深くてちょうどいいんですよ。ヒップホップを知らなかったら、自分はハーブで終わってたと思いますね。向こうのラッパーがやってるのは、やっぱり、クッシュみたいな上質のマリファナと、コカイン。そっちのほうがカッコいいし、パープル・ドリンク【註:コデイン配合の咳止めシロップをソーダで割ったもの】もMVによく出てくるから飲んでみました。モーリー【註:『“モーリー”が大流行!米国の最新薬物事情』参照】も気になる」

1311_drug_07.jpg
2000年代に日本でも若者の間で流通するようになったコカイン。スニッフィング(鼻から吸うこと)で摂取するのが一般的なアッパー系ドラッグである。(c)Gert Lavsen

 要するに、音楽はドラッグへのゲートウェイということなのだろうか。はっきり言って、そういう側面もあるのだろう。ただし、カツヤの友人のユキヒト(仮名・19歳)のように、ミュージシャンになる夢があったからこそ救われたと語る若者も多い。

「友達の中には、夢だった格闘家デビューする直前に、ハーブを吸って、ヤクザに喧嘩を売って、ダメになったヤツもいる。だから、自分もクサはやるけど、ハーブはやらないし、音楽もちゃんと続けようと思います」

 それには、ヒロシも同意する。

「四六時中、キマってるようなヤツは苦手です。同い年の女でも、会うたびに『ないの?』って訊いてくるのがいて、そいつは、今、コカイン代欲しさに、トビッコ【註:遠隔操作できるバイブ】を仕込んで客にいじらせるガールズバーで働いてますからね。ほかにも赤玉【註:エリミンという睡眠薬】ばっかり食ってるメンヘラとか、この街はそういうクズばっかりですよ。……マリファナすら吸えない日本もどうかと思いますけど。オレはプッシャーで20歳までに金を貯めて、成人式が終わったら、さっさとここを出たい。DJをしながら世界中を周るのが夢なんです」

 ドラッグというゲートウェイは、天国にも地獄にも続いている。その暗闇の中で音楽が導く先は、出口なのか袋小路なのか。

(文/磯部 涼)

磯部 涼(いそべ・りょう)
1978年、千葉県生まれ。ライター。著書に『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)など。編著に『踊ってはいけない国、日本』『踊ってはいけない国で、踊り続けるために』(河出書房新社)がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ