サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【あべともなり】ブラジル人の母を持つラッパーの証言

――日本人とブラジル人とのハーフであるラッパー・あべともなり。いわゆる在日ブラジル人とも異なる立場であるが、そんな彼の音楽表現の背景には何があるのか? 本人に話を訊いてみた。

1311_blazill_05.jpg

「犬が全裸で歩いている/何かに必死に吠えまくる/鳥が全力で飛んでいる/人間に怯えて飛びまくる」

 そんな日本語詞をがなり立てる、あべともなりのPV「ヨルナンデス」がYouTubeにアップされたのは、約1年前のこと。日本人離れした風貌の男がラップするその異様なテンションの映像に、コアなヒップホップ・リスナーが少なからず反応した。

「親父が日本人で、母親がブラジル人です」というあべともなりは、現在28歳。ブラジルのレシーフェという都市に移住した親戚を頼って同地で働いていた父親は、母親と出会い、結婚した。その後、2人は日本に渡り、東京の足立区西新井で彼は誕生。公立の小中学・高校に通い、今も西新井で生活するが、在日ブラジル人の知人はいないそう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE