サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【55本HRタブー】は破られてもいまだ根深い球界の暗部

――2013年のプロ野球は、「55本タブー」がついに破られた記念すべき年になった。一方で、“統一球”と呼ばれる新規格のボールに関して、NPB側が変更を明らかにしていなかったことが発覚し、それに伴い加藤良三コミッショナーの退任も発表されるなど、球界の運営に関する問題点が噴出した年でもあった。閉鎖的な球界において、残る根深いタブーを検証する。

1311_oh.jpg
『野球にときめいて 王貞治、半生を語る』(中央公論新社)

 巨人と楽天がペナントを制し、目下、両リーグでは日本シリーズへの出場権を賭けたCS(クライマックスシリーズ)が絶賛開催中と、今季のプロ野球もいよいよ大詰め。日本一の行方とともに、来シーズンに向けた各球団の水面下での動向にも注目が集まる季節となってきた。

 というわけで、今なお球界に厳然と存在するタブーにメスを入れるべく独自取材を敢行。今年は「55本タブー」【王 貞治氏のシーズン最多本塁打記録を破ってはいけないという動き】が、ヤクルトのバレンティンによってあっさりと破られた年だったが、残る禁忌は何か? 有力選手・OBにささやかれる黒い交際から日本野球機構(NPB)内での主導権争いまで、スポーツメディアが決して報じないその舞台裏を文字数の許す限りお伝えしたい。

 まずはチーム強化の要ともいえる監督人事から。大手スポーツ紙記者は次のように解説する。

「注目はやっぱり高木(守道)監督が退任した中日でしょうけど、待望論が根強いのに立浪(和義)さんにすんなり決まらないのは、オーナーの白井(文吾)さんが彼の黒い交友関係に難色を示しているから。そもそも名古屋という土地柄を考えても、立浪さんあたりの年代で暴力団との関わりのない人なんてまずいない。9月末に報じられた落合(博満)さんの復帰が現実味を帯びてくるのも、そういうところに原因があるんだと思います。2年前の解任劇のときにも、白井さん自身は落合さんの続投を支持していたという経緯もありますしね。

 ちなみに、最下位なのに一転、小川(淳司)監督の留任が決まったヤクルトは、今季で引退した宮本(慎也)さんの存在がネックというのがもっぱらの見方。彼は強烈なキャプテンシーを持つと同時に、球界全体にニラミを利かせられるほどの政治力をも併せ持つ人だから、反発する人も多い。彼の影響力が強いうちは(監督を)やりたくないと言っているOBもいるくらいです」

 企業コンプライアンスの徹底が叫ばれる昨今、各球団が“反社会的勢力”との関係にことのほか敏感になるのは時代の流れ。そうした姿勢は当然、ドラフトやトレードといった編成面にも色濃く反映されている。前出記者が続ける。

「今やどんなに有望な人材であっても、事前の身辺調査で近しい人間に暴力団関係者がいることがわかれば、指名を回避するのが常道。聞いたところでは、今年の夏に甲子園で活躍した超高校級の某選手にも、そういった話があるようです。

 フリーエージェントが有力視されている西武・涌井(秀章)にしたって、人気球団が率先して手を挙げないのはまさしくそこ。西武としても、親会社の西武鉄道が再上場を目指している最中ということもあって、暴力団とつながりが深いとされるマネジメント会社との契約があるなど、かねてその関係性を指摘されてきた彼のような存在は極力排除したいというのが本音なんですね。彼ほどの大物選手が、女遊びが激しいってだけであそこまで露骨に冷遇されるなんて、普通は考えられませんからね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』