サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【55本HRタブー】は破られてもいまだ根深い球界の暗部

――2013年のプロ野球は、「55本タブー」がついに破られた記念すべき年になった。一方で、“統一球”と呼ばれる新規格のボールに関して、NPB側が変更を明らかにしていなかったことが発覚し、それに伴い加藤良三コミッショナーの退任も発表されるなど、球界の運営に関する問題点が噴出した年でもあった。閉鎖的な球界において、残る根深いタブーを検証する。

1311_oh.jpg
『野球にときめいて 王貞治、半生を語る』(中央公論新社)

 巨人と楽天がペナントを制し、目下、両リーグでは日本シリーズへの出場権を賭けたCS(クライマックスシリーズ)が絶賛開催中と、今季のプロ野球もいよいよ大詰め。日本一の行方とともに、来シーズンに向けた各球団の水面下での動向にも注目が集まる季節となってきた。

 というわけで、今なお球界に厳然と存在するタブーにメスを入れるべく独自取材を敢行。今年は「55本タブー」【王 貞治氏のシーズン最多本塁打記録を破ってはいけないという動き】が、ヤクルトのバレンティンによってあっさりと破られた年だったが、残る禁忌は何か? 有力選手・OBにささやかれる黒い交際から日本野球機構(NPB)内での主導権争いまで、スポーツメディアが決して報じないその舞台裏を文字数の許す限りお伝えしたい。

 まずはチーム強化の要ともいえる監督人事から。大手スポーツ紙記者は次のように解説する。

「注目はやっぱり高木(守道)監督が退任した中日でしょうけど、待望論が根強いのに立浪(和義)さんにすんなり決まらないのは、オーナーの白井(文吾)さんが彼の黒い交友関係に難色を示しているから。そもそも名古屋という土地柄を考えても、立浪さんあたりの年代で暴力団との関わりのない人なんてまずいない。9月末に報じられた落合(博満)さんの復帰が現実味を帯びてくるのも、そういうところに原因があるんだと思います。2年前の解任劇のときにも、白井さん自身は落合さんの続投を支持していたという経緯もありますしね。

 ちなみに、最下位なのに一転、小川(淳司)監督の留任が決まったヤクルトは、今季で引退した宮本(慎也)さんの存在がネックというのがもっぱらの見方。彼は強烈なキャプテンシーを持つと同時に、球界全体にニラミを利かせられるほどの政治力をも併せ持つ人だから、反発する人も多い。彼の影響力が強いうちは(監督を)やりたくないと言っているOBもいるくらいです」

 企業コンプライアンスの徹底が叫ばれる昨今、各球団が“反社会的勢力”との関係にことのほか敏感になるのは時代の流れ。そうした姿勢は当然、ドラフトやトレードといった編成面にも色濃く反映されている。前出記者が続ける。

「今やどんなに有望な人材であっても、事前の身辺調査で近しい人間に暴力団関係者がいることがわかれば、指名を回避するのが常道。聞いたところでは、今年の夏に甲子園で活躍した超高校級の某選手にも、そういった話があるようです。

 フリーエージェントが有力視されている西武・涌井(秀章)にしたって、人気球団が率先して手を挙げないのはまさしくそこ。西武としても、親会社の西武鉄道が再上場を目指している最中ということもあって、暴力団とつながりが深いとされるマネジメント会社との契約があるなど、かねてその関係性を指摘されてきた彼のような存在は極力排除したいというのが本音なんですね。彼ほどの大物選手が、女遊びが激しいってだけであそこまで露骨に冷遇されるなんて、普通は考えられませんからね」

 とはいえ、ひと昔前の野球選手のファッションが総じて“そっち系”だったことでもわかるように、球界がそうした勢力と親和性の高い特殊な世界であることはもはや疑いようのないところ。むろん、OBの中には、いまだそのつながりを黙認されている人も少なくない。週刊誌記者が、こう指摘する。

「名参謀として落合政権の屋台骨を支えた森(繁和)さんの実の父親は、その筋では有名な大親分。指導力の高さや人望の厚さもさることながら、金や女絡みの裏のトラブル処理でも森さんが活躍していたというのは有名な話です。

 ただ、過去には警察官僚出身の川島廣守氏がコミッショナーを務めるなどNPBと国家権力は浅からぬ仲でもある。両者の間にはおそらく、『監督ともなれば話は別だが、コーチでいる分にはOK』的な綱引きもあるはず。もし落合さんが復帰すれば、十中八九、森さんも招聘されるでしょうしね」

対立を増すセ・パ 鍵を握るは三木谷か

 では、現場だけでなく、球界を取り巻くもっと大局的な部分ではどうなのか。気になるのはやはり、今年6月に発覚した“統一球問題”以降、ファンの不信感は増すばかりとなっているNPBの内情だ。

「CSの結果次第ですが、巨人と楽天がそのまま日本シリーズでも戦うことになれば、違う意味でおもしろいことになりそうです」

 そう語るのは、前出のスポーツ紙記者。両者の背景には依然、巨人・渡邉恒雄会長の強い影響下にある旧勢力と、楽天・三木谷 浩史オーナーが旗振り役となっているパ・リーグを中心とした改革派との対立構造があるという。

「三木谷さんらは、セ・リーグ偏重を是正するためにMLBに倣った利益分配システムを作ろうと提唱しているわけですが、今のところナベツネさんがそれに耳を貸している様子はない。報じられているように、『(楽天本拠地・クリネックススタジアムの)座席数も満足に確保できていないくせに』などと揚げ足を取られて、話はまったく進んでいないのが現実です」

 セ・パの戦力が拮抗して、より試合がおもしろくなるのであれば、ファンとしても三木谷氏を支持したいところ。だが、問題はそう簡単でもないと記者は続ける。

「フォーマットを統一した公式サイトを立ち上げたり、有料の動画配信サービス『パ・リーグTV』をスタートさせたりと、一見するとパの足並みは揃っているかに見えますが、実際はそうでもない。

 三木谷さん自身は同じ神戸出身で、実質的な意思決定機関であるオーナー会議の座長も務めるオリックス・宮内(義彦)オーナーとは昵懇で、利害も一致していますが、昔から西武はナベツネ派ですし、孫(正義)さんもどちらかというとセ・リーグ寄り。いくらパで結託しようとしても、数の論理では敵わないんですね」

 一方では、「NPBでは、ここ数年でパの球団からの出向者が確実に増えている」(セ球団関係者)といったパの勢力拡大を裏付けるような声もある。だが、前出記者は時の政権との結び付きを理由に、これを言下に否定する。

「震災直後の11年4月にセが開幕を強行しようとして世間の批判を浴びましたが、あのとき反対派だった選手会の要望が通ったのは、当時の政権与党が民主党だったから。NPBを管轄する文科省で副大臣を務めていた鈴木 寛氏と太いパイプを持つ三木谷さんの根回しがあったためと言われています。

 ところが、その鈴木氏も先日の参院選で山本太郎氏に競り負けて落選し、後援者に名を連ねていた三木谷さんは期せずして政界の後ろ盾を失うことになった。今年5月にあった国民栄誉賞のセレモニーで安倍(晋三)首相が巨人のユニフォームで登場したのが、旗色が変わった何よりの証拠です。言うなれば、山本氏のよもやの当選が、球界の勢力図にも影響を及ぼす結果となったわけですよ(笑)」

 こうした内幕を聞かされると、アンチ巨人な読者諸兄は「あの老害め!」などと気色ばむに違いない。しかし、そうした風潮への反論として、記者はこう付け加える。

「肩を持つつもりは全然ないですけど、巨人はまだ頑張ってるほうですよ。現に最近流行の“ユニフォームプレゼント”のイベント【球場来場者にレプリカを配布する企画】を真っ先に始めたのも巨人ですし、観客動員に関しても昨年比で1試合あたり約1000人も増やしてる。

 結局のところ、巨人や阪神の人気におんぶに抱っこの下位球団が、たいした自助努力もしないで現体制を盲目的に支持し続けていることこそが一番のガンなんです。DeNAの春田(真)オーナーあたりが、若いなりにモノを言うようになってくれれば、また状況も変わるとは思うんですけどね」

契約金問題の行方は? 読売VS朝日の代理戦争

 ところで、球界のタブーがらみでいえば、契約金問題をスッパ抜いた朝日と読売との全面戦争(12年)が記憶に新しい。前出の週刊誌記者が、いつのまにかフェードアウトした感もあるコトの顛末をこう明かす。

「ひと言で言えば、あれは朝日がひるんだんですよ。高校野球というドル箱を抱える朝日としては、読売は叩きたいけど、問題がアマ球界に及ぶことは是が非でも避けたかった。そこへ来て読売側から『それならウチは総力を挙げて高野連を取材するよ?』という姿勢を見せられたことで、一気にシュンとなってしまったんです。不祥事続きだったここ数年で、プロがある程度浄化された今となっては、監視もユルいアマ球界のほうが、よっぽどその闇も深いですからね。

 それと、くだんの一件では退職金の前払いのような形で“功労金システム”なるものが存在することも公になりましたが、あれは裏を返せば、入団後の契約であれば、どんなオプションを付けようがお咎めはナシということ。報道では大学・社会人出身の選手しか名前は挙がりませんでしたが、高校生の有力選手にも適用されている可能性は十分にあると思いますよ」

 巨人と楽天を中心としたセ・パの対立構造に、読売対朝日の遺恨をはらんだプロ・アマの歪な関係性が複雑に絡み合うプロ野球。良くも悪くもキャラ立ちしすぎるナベツネ氏が健在な間は、我々の期待するような抜本的な構造改革は望むべくもなさそうだ。

(文/加納シズク)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ