サイゾーpremium  > 特集2  > 学校では習わない"日本のキリスト教"史【2】/宣教師と【キリシタン】の実態

――キリシタン史に詳しく、著書『商人と宣教師 南蛮貿易の世界』がある東京大学史料編纂所准教授の岡美穂子氏。『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』で迫害された世のキリシタンの実像を綴ったノンフィクション作家・写真家の星野博美氏。この2人が、映画『沈黙』の問題点をあぶり出しながら、宣教師やキリシタンに関する歴史の真実に迫る!

1705_taidan_01afro_230.jpg
日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・サビエルは、天竺(インド)から来た仏僧だと思われていた。(写真/アフロ)

岡美穂子(東京大学史料編纂所准教授)×星野博美(ノンフィクション作家・写真家)

 教科書的なおさらいからすると、キリスト教は日本へは「南蛮貿易とセットでやって来た」、つまりポルトガルやエスパニア(スペイン)から世界各地へ布教に赴いた宣教師たちは、商業活動にもさまざまな形で携わっていました。その拠点のひとつがマカオで、だから映画『沈黙』の冒頭でも、あそこを経由してパードレ(司祭)たちが九州へやって来ます。

星野 あのマカオのシーンはめっちゃ手抜きで、オリエンタリズム丸出しだったのが面白かったですね。カンフー映画に出てくる酒場みたいな、適当な感じで。

 日本の描写は、原作小説『沈黙』のあとに進んだキリシタン研究から判明したことも入れ込んでいたのに、あそこは確かに……。ただ、マカオの波止場のあたりは19世紀に撮影された写真を参考にしているのかな、とも思いました。

星野 イエズス会の当時の戦略が「領主を教化して、民衆に広げる」というものだったからか、彼らはマカオで商業活動はしていたけれども、布教に力は入れていない。そこを分けて考えていたのが、面白いところですね。

 彼らは明(中国)の首都・北京において、どうやって自分たちのステータスを上げるかを考えていたんですよね。宣教師たちの商業活動への関わりということで少し宣伝させていただくと、私の夫ルシオ・デ・ソウザとの共著『大航海時代の日本人奴隷』(中央公論新社)を先日刊行したのですが、そこでは南蛮貿易で日本人が奴隷としてインドやアフリカなど世界各地に売られていたこと、それにイエズス会がどれくらい関わっていたか、売られていった人たちがどうなったのかについて書いています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』