> 201306の検索結果

201306 の検索結果

ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

赤西長女も早々とデビュー? ネットに流出して「かわいすぎる!」と賞賛された赤西仁と黒木メイサの長女

――  昨年2月にデキちゃった結婚を発表した元KAT-TUNの赤西仁と女優の黒木メイサだが、黒木は昨年9月に長女を出産。現在はNHKの大河ドラマ「八重の桜」に出演するなど仕事復帰を果たしたが、「赤西は事務所...

赤西長女も早々とデビュー? ネットに流出して「かわいすぎる!」と賞賛された赤西仁と黒木メイサの長女
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

ついに政界に太すぎるパイプが!!やたら重宝していた所属歌手を国政に送り込めそうなエイベックス・松浦社長

――  元プロレスラーのアントニオ猪木氏、元K-1ファイターの佐竹雅昭氏、元東京地検公安部長でテレビのコメンテーターとしてもおなじみの若狭勝氏ら7月の参院選に向けて続々と”タレント候補”が名乗りを上げている...

ついに政界に太すぎるパイプが!!やたら重宝していた所属歌手を国政に送り込めそうなエイベックス・松浦社長
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

ついに同時間帯に“ダブルブッキング”!! テレビ界のルールを破ってもテレビに出続ける予備校講師・林修氏

――  すっかり決めゼリフとなった「今でしょ!」を体現するかのごとくテレビで稼ぎまくっている大手予備校・東進ハイスクール講師の林修氏だが、9日の夜に芸能人であれば今後の仕事がなくなるような致命的な“ダブルブ...

ついに同時間帯に“ダブルブッキング”!! テレビ界のルールを破ってもテレビに出続ける予備校講師・林修氏
第1特集
スピルバーグ『リンカーン』製作費もインドマネー

歌って踊ってラブロマンス! だけじゃない! インド映画がついに世界で市場拡大中

―― 今、インドが熱い。これは気候ではなく、ビジネスのお話。IT産業の発展でインド経済は大いに潤い、インド人にとって最大の娯楽である映画産業への投資が活発化している。2011年の映画製作本数1255本から2...

歌って踊ってラブロマンス! だけじゃない! インド映画がついに世界で市場拡大中
連載
友達リクエストの時代【第7回】

敬語で始まった関係は友だちになれない?「友だち」という特殊な人間関係

――  たとえばの話、「友だち」という言葉を、単純に「親しく行き来している人間」と定義すれば、いま現在でも、十やそこらの顔を思い浮かべることができる。私も、若い頃に比べれば、多少は人当たりが良くなっている。...

敬語で始まった関係は友だちになれない?「友だち」という特殊な人間関係
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【10】

【阿部真美子】多崎つくるは小田急電鉄に勤務?『電車でGO!』監修者が読むマニア度

―― “多崎つくるが何よりも好きなのは鉄道駅を眺めることだった”──。鉄道会社に勤務し、小さい頃から大好きだった駅を設計する部署に籍を置く主人公に、大ヒットゲーム『電車でGO!』の監修者が肉薄する!!!

【阿部真美子】多崎つくるは小田急電鉄に勤務?『電車でGO!』監修者が読むマニア度
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【9】

【岩波 明】一貫して変わらない「サヨク的感性」と「自然志向」の裏にある春樹の空虚さ

―― 最新著作『精神科医が読み解く名作の中の病』(新潮社)において、数々の名作小説の登場人物を、臨床に携わる精神科医の立場から分析してみせた岩波明氏。国内外の多くの文学作品にも親しんできた氏は、話題沸騰の春...

【岩波 明】一貫して変わらない「サヨク的感性」と「自然志向」の裏にある春樹の空虚さ
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【8】

【荻上チキ】村上春樹の小説を読む、というのは「なぜ春樹が選ばれるか」考えること

―― 政治経済に社会問題からサブカルまで、幅広く論じる批評家・荻上チキ。本誌でもおなじみの同氏は、新刊『多崎つくる』をどう読んだのか? 少々珍しく、小説について語ってもらった。村上春樹の小説は全部読んでい...

【荻上チキ】村上春樹の小説を読む、というのは「なぜ春樹が選ばれるか」考えること
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

スピンオフでは福山との絡みはなし!? 今クールの『ガリレオ』で福山雅治の“相棒”が柴咲コウから吉高由里子に交代した深い理由

――  5月27日放送の第7話と第5話以外は視聴率20%超えと好調なフジテレビの月9ドラマ「ガリレオ」だが、ドラマの前シリーズや大ヒットした映画版「容疑者Xの献身」で福山雅治演じる「ガリレオ」こと天才物理学...

スピンオフでは福山との絡みはなし!? 今クールの『ガリレオ』で福山雅治の“相棒”が柴咲コウから吉高由里子に交代した深い理由
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第37回

新しいリベラルとニコニコ超会議

―― 去る4月28日日曜日、幕張メッセで催された「ニコニコ超会議2」に出席してきた。 僕と僕が編集長を務める雑誌「PLANETS」が参加したのは昨年に引き続き「ニコニコ言論コロシアム」という、インターネット...

新しいリベラルとニコニコ超会議
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【7】

【谷 一歩】「液体のような私を受け止めてほしい」春樹にインスパイアされた”谷コミューン”

―― 村上春樹さんの作品を初めて読んだのは、高校2年生の時。友達に勧められて『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んで、ものすごく衝撃を受けました。そこには私が長年ぼんやりと抱えていた”欠落感”...

【谷 一歩】「液体のような私を受け止めてほしい」春樹にインスパイアされた”谷コミューン”
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【6】

【上祐史浩】『多崎つくる』は仏教のありふれたパロディ ”透明”という色が”最強”な時代とは?

―― 今作の最終章にて、”地下鉄サリン事件の悪夢”を主人公つくるが回想する。『アンダーグラウンド』や『約束された場所で─underground 2』という、オウム事件についてのノンフィクションを手がけた村上...

【上祐史浩】『多崎つくる』は仏教のありふれたパロディ ”透明”という色が”最強”な時代とは?
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第34回

注目を集めるビッグデータ 喧伝される「統計学の勝利」の原点たるフーコー

―― ここのところビッグデータという言葉をよく聞くようになりました。ビッグデータとは文字通り「巨大なデータ」のことで、これまでのデータベース管理システムでは記録や解析が難しかったため見過ごされてきた巨大なデ...

注目を集めるビッグデータ 喧伝される「統計学の勝利」の原点たるフーコー
連載
町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」第7回

物事はダマになり易い ダマという人生の障害といかにして向き合うか

―― 大坂の魂を回復するのかなんか知らんが、その後、心のどぶ、を浄化して澄み渡った境地に至ろうとするのかなんか知らんが、SM(スーパー・マーケット)に参ってお好み焼きミックスや鰹節の粉などを購入し、それらの...

物事はダマになり易い ダマという人生の障害といかにして向き合うか
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【5】

ポルノレビューから等身大グラビアまで 春樹”巨匠化”以前のトホホなお仕事

―― 87年発表の『ノルウェイの森』で巨匠となる以前の春樹は、出たがり出したがりでヘンなポーズのグラビアも全然オッケーだった !?特に日本のメディアには滅多に登場しなくなった今ではすっかり忘れ去られている、...

ポルノレビューから等身大グラビアまで 春樹”巨匠化”以前のトホホなお仕事
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【4】

一番ヤバい書評は東京新聞でキマり! 『多崎つくる』書評ラッシュを斜めに読む!

―― 前特集まで見てきた通り、圧倒的な人気を見せつけた村上春樹の新刊フィーバー。こうして特集を組んでいる小誌も例外ではないが(苦笑)、各種メディアもその勢いに群がっている。ここでは、紙メディアが取り組んだ、...

一番ヤバい書評は東京新聞でキマり! 『多崎つくる』書評ラッシュを斜めに読む!
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【3】

『多崎つくる~』の実売は6割程度? 下は3万部、上は140万部!村上春樹作品のホントの”売上冊数”

―― 早くもミリオン到達!」と報じられた村上春樹の最新作だが、大手書店や取次のデータを見ると、実際に”売れた”部数はまだ60万部弱。”バカ売れ”と言われる彼の作品が、実際にどのくらい売れているのか、客観的な...

『多崎つくる~』の実売は6割程度?  下は3万部、上は140万部!村上春樹作品のホントの”売上冊数”
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【9】

性犯罪における“変態度”と 実際の罪状との著しい乖離

―― 2004年に世を騒がせた奈良小1女児誘拐殺人事件。13年2月、犯人の小林薫死刑囚の死刑が執行されました。事件当時、メディアはそのむごたらしい犯行の内容(殺害後の被害女児の歯を抜く、遺体の写真を被害者の...

性犯罪における“変態度”と 実際の罪状との著しい乖離
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【2】

「ボーナスがチョット増えただけです(涙)」 ミリオンセラー編集者の悲喜こもごも

―― 書籍編集者の夢のひとつともいえる100万部超えの”ミリオンセラー”。会社や著者には多額の利益や印税がもたらされるが、こうしたメガヒットを裏で支えた編集者にはどのように還元されるのだろうか? その実情...

「ボーナスがチョット増えただけです(涙)」 ミリオンセラー編集者の悲喜こもごも
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【1】

作られたミリオンセラー村上春樹狂騒曲

―― 4月、村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売され、各メディアがその熱狂ぶりをこぞって報道した。一体なぜ、これほどまでに村上春樹の作品は売れるのか? 遅ればせながら本誌もこのフ...

作られたミリオンセラー村上春樹狂騒曲
第1特集
美人料理研究家・鈴木あすなの<裏>メニュー【3】

世界の食文化を家でお安く簡単に「タイのガパオライス」

―― ~あすなの栄養学ミニ講座~「バジルの香りには、リラックス効果や集中力を高める効果があります。パプリカには強い抗酸化作用があり、老化防止に◎です♪」 

世界の食文化を家でお安く簡単に「タイのガパオライス」
第1特集
美人料理研究家・鈴木あすなの<裏>メニュー【2】

キユーピーの実力を全力で味わう! 「海老マヨ」

―― ~あすなの栄養学ミニ講座~「海老はカロリーがとっても低く、それでいてタンパク質が豊富という、お得な食材です! さらにコレステロールを低下させる効果もあるんですよ」

キユーピーの実力を全力で味わう! 「海老マヨ」
第1特集
美人料理研究家・鈴木あすなの<裏>メニュー【1】

ミツカンのあのCMレシピより美味しい!? 「手羽元のお酢煮」

―― ~あすなの栄養学ミニ講座~「お酢には疲労回復効果や、血圧を下げる効果などがあります! 夏バテ解消にもいいので、これからの季節にも◎です♪」

ミツカンのあのCMレシピより美味しい!? 「手羽元のお酢煮」
第1特集
ルーツは江戸のワカメ酒!? エロくて長~い女体盛りの歴史【3】

女体盛りに300年の歴史あり!日本が、そして世界が描いてきた“女体盛り”

―― ――われわれ日本人は、そして世界の人々は、女体盛りをどのように受容し、そしてどのように描いてきたのか?

女体盛りに300年の歴史あり!日本が、そして世界が描いてきた“女体盛り”
第1特集
ルーツは江戸のワカメ酒!? エロくて長~い女体盛りの歴史【2】

サイゾー編集部が勝手に分析!「女体盛り」を成立せしめる6要素とは?

―― サイゾー編集部が、「女体盛り」なる存在をこの世界に成立させている6要素を、ギリシア哲学ばりに還元主義的に勝手に分析!

サイゾー編集部が勝手に分析!「女体盛り」を成立せしめる6要素とは?
第1特集
ルーツは江戸のワカメ酒!? エロくて長~い女体盛りの歴史【1】

日本人が抱く、裸体への悲しき郷愁「女体盛り」の深すぎる歴史を探る!

―― エロと日本の伝統が結びついた最高傑作「女体盛り」、そのルーツはどこにあるのか? 江戸期の艶本に描かれた吉原の遊び? それとも、戦後、マンガや映画の中で作られただけのもの?

日本人が抱く、裸体への悲しき郷愁「女体盛り」の深すぎる歴史を探る!
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第14回

父親という強大な敵に対して団結する小明一家の悲劇

―― 今月の格言『共通の憎しみほど、人間を団結させるものはない。』アントン・チェーホフ(Anton Pavlovich Chekhov)1860年、ロシア帝国生まれ。『かもめ』『桜の園』『ワーニャ伯父さん』...

父親という強大な敵に対して団結する小明一家の悲劇
第1特集
スティーブ・ジョブズも犠牲に? マクロビに潜む落とし穴【3】

アメリカがん協会が「科学的根拠ナシ」と断言! 医学界が危険性を指摘!米国でのマクロビ”批判”

―― 一部のハリウッド・スターにも親しまれているマクロビだが、その食事法はアメリカでどう受け入れられ、そして”批判”されてきたのだろうか? マクロビが日本人によって持ち込まれた時代からたどってみよう。

アメリカがん協会が「科学的根拠ナシ」と断言! 医学界が危険性を指摘!米国でのマクロビ”批判”
第1特集
スティーブ・ジョブズも犠牲に? マクロビに潜む落とし穴【2】

ストイックに実践したら体を害する? 浸透中のナチュラルな食事法たち

―― これら3つの食事法は、どれもオーガニックかつヘルシーなものに見える。では、それぞれどう違うのか? 特徴をかいつまんでみた。

ストイックに実践したら体を害する? 浸透中のナチュラルな食事法たち
第1特集
スティーブ・ジョブズも犠牲に? マクロビに潜む落とし穴【1】

ストイックなマクロビ女子は生理が止まる!? オーガニックな食事法に潜む落とし穴

――  その意味は詳しく知らなくても、”マクロビ”という言葉自体は耳にしたことがあるだろう。あるいは、”ヴィーガン”や”ローフード”といったワードも聞いたことがあるかもしれない。それらの食事法はヘルシーなイ...

ストイックなマクロビ女子は生理が止まる!? オーガニックな食事法に潜む落とし穴
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.13

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』──「論外」「これはまずい」村上春樹新刊に何ひとつ褒めるところナシ

―― 4月12日、今や日本を代表する大作家である村上春樹の新刊が発売された。わずか1週間で 100万部を突破し、それ以後のメディアや一部読者の狂騒ぶりは前ページまででもお伝えしてきた通りだ。だがしかし、皆が...

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』──「論外」「これはまずい」村上春樹新刊に何ひとつ褒めるところナシ
第1特集
食品メーカーの恥ずかしい"黒歴史商品"を再発掘【3】

白黒の命運を分けた原因はどこに? 華々しき「白歴史商品」

―― 企業としては、自分たちが必死の努力の末に生み出した商品を、むざむざ黒歴史にしたくはないと考えるのは当然のことだろう。ここでは近年のヒット商品を紹介し、その要因を挙げる。

白黒の命運を分けた原因はどこに? 華々しき「白歴史商品」
第1特集
食品メーカーの恥ずかしい"黒歴史商品"を再発掘【2】

本当に「失敗は成功の母」か? ああ、懐かしの“消えた食品”たち

―― ここでは黒歴史商品の代表選手たちをピックアップし、それぞれの売れなかった理由や当時の状況を解説していこう。

本当に「失敗は成功の母」か? ああ、懐かしの“消えた食品”たち
第1特集
食品メーカーの恥ずかしい"黒歴史商品"を再発掘【1】

タブクリア、ごめんね。…食品メーカー過去の汚点”黒歴史商品”を再発掘!

―― 「黒歴史」とは、今思い返すと恥ずかしくて誰にも知られたくない過去のこと。そこで、食品メーカーがこれまで世に送り出しては消えていった食品や飲料を探り、考察した。

タブクリア、ごめんね。…食品メーカー過去の汚点”黒歴史商品”を再発掘!
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第68回

ひとりの黒人野球選手はただ差別に耐え続けた

―― 4月15日、メジャー・リーグの各球場で、選手たちがみんな背番号42のユニフォームを着た。1947年のこの日、メジャー・リーグで初めてアフリカ系の選手ジャッキー・ロビンソンが公式試合に出た。その50年後...

ひとりの黒人野球選手はただ差別に耐え続けた
第1特集
珍味食材の"知りたくなかった流通ルート"【3】

食品衛生法上はゴキブリを食べてOK! 規制できない”珍”食材が出回る理由

―― ここまで、ちょっと嫌~な珍食材の流通ルートを紹介してきたが、そもそも、「食の安全」が叫ばれる昨今、そうした食材に対しての取り締まりは強化されていないのだろうか? MYパートナーズ法律事務所の吉成安友...

食品衛生法上はゴキブリを食べてOK! 規制できない”珍”食材が出回る理由
第1特集
珍味食材の"知りたくなかった流通ルート"【2】

村田らむが描く"珍食材"食べ歩きルポマンガ

―― 村田らむが描く"珍食材"食べ歩きルポマンガ

村田らむが描く
第1特集
珍味食材の"知りたくなかった流通ルート"【1】

豚の脳みそ、ゴキブリの姿煮……危険な”珍”食材の流通ルートを探る!

―― 「食材」と呼んでもいいのかわからないものを食した経験は、皆さんおありでしょうか……? ここでは、そんな”珍”食材の危険度を探るべく、その流通ルートをたどっていこう。

豚の脳みそ、ゴキブリの姿煮……危険な”珍”食材の流通ルートを探る!
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

68年の写真

―― 1968年、パリ大学ナンテール校に端を発した五月革命は、日本写真へも飛び火し、同年11月、伝説的な同人誌として知られる『プロヴォーク』(英語で「挑発する」を意味する)が創刊される。同人には評論家の多木...

68年の写真
第1特集
キユーピーがマヨネーズ業界を牛耳るワケ【2】

残業200時間を強制! キユーピーパワハラ裁判の知られざる全容とは?

―― 2010年、キユーピー中河原工場(東京都府中市)におけるパワハラ問題をめぐり、”ひっそりと”裁判が行われた。原告は、当時課長を務めていた男性社員(当時51歳)。同氏は02年10月からマヨネーズ、ゆで卵...

残業200時間を強制! キユーピーパワハラ裁判の知られざる全容とは?
第1特集
キユーピーがマヨネーズ業界を牛耳るワケ【1】

キユーピーはブラック企業!?“巧みな宣伝戦”と“傲慢な裁判”の歴史

―― 年商4864億円(2013年度3月期決算)を誇る、食品業界の売り上げ高で第9位のキユーピー社。ロゴマークの愛らしいキューピー人形をはじめ、日経BP社の「女性消費者が今、最も信頼を寄せている食のブランド...

キユーピーはブラック企業!?“巧みな宣伝戦”と“傲慢な裁判”の歴史
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

一番の“被害者”は不倫相手!? あの不倫騒動の二の舞になりそうな矢口真里と一夜をともにした梅田賢三

―― 「週刊女性」(主婦と生活社)6月4日号で自身の不倫が原因となり夫で俳優の中村昌也と別居していることが報じられた元モーニング娘。のメンバーでタレントの矢口真里。記事によると、2月に矢口が飲み会で出会った...

一番の“被害者”は不倫相手!? あの不倫騒動の二の舞になりそうな矢口真里と一夜をともにした梅田賢三
第1特集
「ガスト」「デニーズ」etc.「ステーキけん」井戸社長がぶった斬り!

「ステーキけん」井戸実社長がファミレス業界の悪態を暴露!

―― ステーキ・ハンバーグに特化したファミレスとして拡大を続ける「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」(以下、「けん」)。サラダをはじめ、カレー、ライス、スープまで食べ放題の無料サラダバーに、すかいらーく...

「ステーキけん」井戸実社長がファミレス業界の悪態を暴露!
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第77回

ドキュメンタリー映画が明かす世界の"食"事情

―― TPP参加が騒がれるなど、日本の食環境に大きな変革が起こりそうだ。そんな中、「マル激トーク・オン・ディマンド」では数多くの”食”に関するテーマを議論してきた。今回は”食”を題材にしたドキュメンタリー映...

ドキュメンタリー映画が明かす世界の
第1特集
食の安全より集票が大事!? 「食と政治」の打算的な関係【3】

農家からのアンチの声 TPPだけじゃない!農協が抱える深刻な病巣

―― 前特集までは、政治と食の打算的な関係を見てきた。その中でも一大利権となっており、大きな力を発揮している農協の実情について、実際に農協と契約している生産者や、民間の農産物卸売会社からの訴えを中心に見てい...

農家からのアンチの声 TPPだけじゃない!農協が抱える深刻な病巣
第1特集
食の安全より集票が大事!? 「食と政治」の打算的な関係【2】

食に関しては自民も民主もない!? 現役議員に聞く食と政治の本当の関係とは?

―― TPP交渉参加も決定した今、食関連の議連に加わる議員はどのように動いてるのか? ここでは有機農業を推進する民主党のツルネン・マルテイ議員に、議連でのつながりや、農協の政治性などについて話を聞いた。

食に関しては自民も民主もない!? 現役議員に聞く食と政治の本当の関係とは?
第1特集
食の安全より集票が大事!? 「食と政治」の打算的な関係【1】

参院選に向けて議連の動きが加速……してない!? 「食と政治」打算的な関係

―― 「日本の食」が危ないと言われてきたTPPへの参加。どうやら食関連の団体・議員によって、それぞれの思惑がある様子だ。ここでは、政治という観点から「食」を見ていこう。

参院選に向けて議連の動きが加速……してない!?  「食と政治」打算的な関係
連載
田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十四回】相手好みの接待のため 世にあふれる情報の活かし方を説く!!

―― 田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十四回】相手好みの接待のため 世にあふれる情報の活かし方を説く!!
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.14

団塊Jr.が今おもしろい!第二のバブルは彼らがピンクを着たときに始まる

―― 昭和20~24年生まれは、「団塊の世代」とか「ベビーブーマー世代」と呼ばれる。私も該当するが、中学の時は18クラスあり、やたら人が多く競争が激しい。かといって成績至上主義ではなく、誰もが貧乏だったから...

団塊Jr.が今おもしろい!第二のバブルは彼らがピンクを着たときに始まる
第1特集
食べログ? クックパッド? "食とIT"で生き残るサービス【3】

食べログは本当に信頼できるのか? 渋谷で☆ゼロの居酒屋に行ってみた

―― 口コミ情報という性質上、その信ぴょう性にたびたび疑問符がつけられてきた食べログ。ここはひとつ、サイゾー編集部のある渋谷で最も”評価が低い”とされる居酒屋に乗り込み、その情報の真偽を確かめてみよう!

食べログは本当に信頼できるのか? 渋谷で☆ゼロの居酒屋に行ってみた
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017
    • 【レシピ動画】の儲け方
    • 【園山真希絵】がレシピ動画を斬る
    • 【DAZN】巨額投資回収を拒む壁
    • 【アメリカ】のコンテンツ争奪戦
    • 【このハゲー】動画のお値段
    • 【週刊誌】がテレビ局に売った動画
    • 【ウェブCM】出演芸能人のお値段
    • 【2大炎上ウェブCM】を白黒裁判!
    • 【ウェブCM炎上】に見る女心
    • 【人気YouTuber】が脱いでみた
    • 【MC漢】が小学生と大激論
    • 【心霊動画】の潮流と愉しみ方
    • 厳選!本当に怖い【心霊動画】
    • 【トランプ】の中傷動画戦略
    • 【ネガティブキャンペーン】6選
    • IT技術者が語る【DMM.R18】の魅力
    • 学者が分析【エロ動画】閲覧の代償
    • 【オナニー向け】神デバイス
    • 2017年版【オナニー】ガイド
    • プロが見る【ヌケるAV】

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

NEWS SOURCE

    • 【スマステ】打ち切りの真相
    • 【大谷翔平】がMLBに投げ売り!?
    • 芸能界のドンと【レコ大】どうなる?

インタビュー

    • 【ワンピクセル】接触できないアイドルはライブで魅せる!
    • 【福永未来】万引き依存症、地獄の苦しみと救済
    • 【Awich】夫を射殺で失ったラップ界の才媛

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』