サイゾーpremium  > 限定  > 【premium限定】ルールを破ってもテレビに出続ける予備校講師・林修氏

1306_hayashi.jpg
『いつやるか? 今でしょ!』(宝島社)

 すっかり決めゼリフとなった「今でしょ!」を体現するかのごとくテレビで稼ぎまくっている大手予備校・東進ハイスクール講師の林修氏だが、9日の夜に芸能人であれば今後の仕事がなくなるような致命的な“ダブルブッキング”をしていることが明らかになった。

 ともに午後9時から放送されたフジテレビ系「テレビシャカイ実験 あすなろラボ」と日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演していたのだ。

「芸能人だったら間違いなくどちらかが事情説明なしでモザイク処理されるか、出演シーンがカットされる扱いを受けるテレビ界のタブーの1つである行為。おまけに、『あすなろ』の方は林氏がヤンキーに授業するVTRを中心に構成された特集番組。どうやら、スケジュールを管理するマネージャーがいないため、自分でも正確にスケジュールを把握できていないようで、今月2日に更新したブログには同日以後の出演予定を並べ、『今日からはこんな感じです』としていたが、『あすなろ』は入っていなかった。ブログに掲載した出演予定では2日から11日までで15本に出演。もはや授業よりもテレビ出演に追われる日々となっている」(テレビ関係者)

 まるで林氏の“おこぼれ”に預かるように、ほかの東進の講師も「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)やクイズ番組などに出演し顔を売っているが、林氏らが稼ぎまくる背景には多くの予備校たちが抱え続けている不安が浮き彫りになってしまったというのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載