サイゾーpremium  > 特集2  > 2万部から140万部まで!村上春樹著作の【実売】事情
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【3】

『多崎つくる~』の実売は6割程度? 下は3万部、上は140万部!村上春樹作品のホントの”売上冊数”

+お気に入りに追加

──「早くもミリオン到達!」と報じられた村上春樹の最新作だが、大手書店や取次のデータを見ると、実際に“売れた”部数はまだ60万部弱。“バカ売れ”と言われる彼の作品が、実際にどのくらい売れているのか、客観的なデータを元に算出してみた。

1306_haruki_2.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
大手書店、取次のデータから算出『村上春樹作品98年以降の売り上げ』

 近年の長編作品は出版自体がニュースとなり、どれも圧倒的な売り上げを記録している村上春樹。ここではその作品群の売り上げを分析しながら、彼の作品がなぜ・どのように売れるのかを確認してみよう。

 分析の材料としたのは、98年より公開されている全国の紀伊國屋書店の一部店舗による「Pub Line」の売り上げのデータと、大手取次日販が2003年より公開している「トリプルウィン」のデータ。

 今回は、より正確な売り上げ冊数をはかるべく、出版業界が実売数の指針としている「PubLine」が公開されて以降に発売された作品に絞ってみた。

 人文書の場合、「PubLine」の数字は実際の売り上げの10%程度になるといわれているが、「文藝春秋や新潮社、講談社など大手出版社が発行する書籍で、ここまで部数が多い場合、その割合は薄まると言われている」(出版関係者)とのことなので、今回は業界の慣例に習い、7%に。そしてプラスαの要素として「トリプルウィン」のデータを用いて算出したのが上の表だ(再構成本、文庫は除く)。

 データでやはり目を引くのは長編作品の圧倒的な部数。エッセイや翻訳書も業界的には大ヒットを残しているが、長編はケタが1つ2つ違う。

「普通の書籍では、4カ月間で刷り部数の5割程度が売れれば“良し”とされますが、彼の作品はほぼすべてが8~9割を売り切っている。ミリオン到達の『1Q84』などは、各巻とも消化率が95%以上という驚異的な数字を残しています。なおミリオンに達するような書籍では、数%の返品でも何万部という数になり、そこで多大な損害を被る可能性もあるので、出版社側も刷り部数を増やすのに慎重にならざるを得ないのもわかります。その慎重策の結果として、今回は売り切れ店が続出するような騒ぎが起こったのでしょう」(出版関係者)

 なお『多崎つくる~』は「文芸作品では最速のミリオン到達」ともいわれているが、100万部に到達したのは発行部数。実売部数のミリオン到達はまだ先で、現在は書店に在庫が溢れている状態だ。

「『PubLine』のデータを見ると、過去の長編でも20%以上が返品となっている『アフターダーク』のような作品もあるので、かなりの売れ残りが発生する可能性もあります。また、最近人気の百田尚樹などは、新作と一緒に過去の作品もよく売れるため、書店員からも歓迎されていますが、村上春樹はすでに知名度が高いため、関連書籍は動かない。『多崎つくる~』の購入者はふだんは書店にこない人が大半。この本だけを目当てに買いにくる『目的買い』の人ばかりなので、書店員いわく水嶋ヒロ(齋藤智裕名義)によるポプラ社小説大賞受賞作で話題となった『KAGEROU』と売れ方が同じらしいです(笑)」(同)

 村上春樹作品を『KAGEROU』と並べて評すことへの是非はさておき、彼の新作の“ワイドショー的価値”が高まり続けていることは間違いない事実といえるだろう。

※ここでは、より適正な数字を算出するため、紀伊國屋による売り上げデータ「PubLine」が公開された98年以降のものに限定。また、大手取次日販が公開している「トリプルウィン」のデータも参考にした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ