サイゾーpremium  > 連載  > キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」  > 【連載】父親という強大な敵に対して団結する小明一家の悲劇
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第14回

父親という強大な敵に対して団結する小明一家の悲劇

+お気に入りに追加

今月の格言

共通の憎しみほど、人間を団結させるものはない。

アントン・チェーホフ(Anton Pavlovich Chekhov)
1860年、ロシア帝国生まれ。『かもめ』『桜の園』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』などで知られ、戯曲史に多大な影響を与えた劇作家。1904年没。

「共通の憎しみほど、人間を団結させるものはない。」劇作家のアントン・チェーホフさんのお言葉ですね。敵の敵は友! 全員でアイツをなんとかしよう! オー!

 そう言われると、「そんなことでは仲間になりたくない」と思っちゃうな。

 オー……?

 団結って怖いんだよ。ニュースでも、吊るし上げるように急に誰かを叩き出すじゃないですか。本当はもっと大事な事実があるのに、「どこそこのタレントが離婚の慰謝料をもらいすぎだ」とか、「○○が腐る」みたいな発言で「許せん!」って過剰に便乗して怒る人がいて、そういう記事をクリックさせることによって、0・1円くらいづつ集まるシステムになってるところがあるでしょ。そのクリックごとに、寝っ転がりながら文章書いてる人が得する可能性があるわけでしょ。

 その「羊水腐る」のときは私もすっごいムカついて、すごい検索してひとりで怒っちゃったもんなぁ。紗栄子とダルビッシュの慰謝料・養育費も次々に続報をクリックしてはムカついて……それで儲かってる奴がいたんだな! それもムカつく!

 伏字を露わにしないでよ。でもそんな安易な憎しみに目を向けている限り、サイゾーみたいな雑誌が得をしてしまうシステムになってるんだよ。

 くっそー……どうせムカつくんなら儲かる側になりたいですね。

 え、そっち?

 サイゾーが得をする=私たちの原稿料がもらえるんだからいいじゃない! パーケンさんって何か憎いものはありますか?

 実父(キッパリ)。

 えーと、それは、妹さんとかと団結できるものですか?

 それはありますね。学生の頃なんかは、妹と仲悪かったけど、父親という共通の敵が現れたことで緩和されたかもしれない。さっきも面倒くさい銀行の手続きとかを妹にやってもらってるとき、「やらせてごめん」てメールしたら、妹も「私こそ全部まかせっきりでごめんね」みたいな。

 思いやりが生まれてる……!

 父親という強大な敵ができたからだね。こないだも家の軽トラの隙間から京橋の駐車場のレシートが出てきて、間違いなくJRAの場外馬券場なんだよ。何度問い詰めても「もうやめた」って言い張ってるのにさ。苦しめられるだけならまだいいけど、そうやって何度もウソをつかれるのが嫌で、もう、その場で自害しそうになるよ。……というわけでやっぱり、憎しみなんかないほうがいいよね、荒むもんね。

 荒みすぎて人生が上手に歩めなくなってますもんね。

もう70なんだから、人生を総括して欲しいよ。

 うちの父親がちょうど70手前で死んだんですけど……。

 あら、そう。

 家にお金は入れないし、趣味はパチンコだし、性格も悪かったんですよ。

 最悪だね! この親にしてこの子ありだ!

 えっ? いや、それで、亡くなるまではほかの家族と支え合いながらやってたんですけど、死んだ途端、関係性がぐにゃっとするんですよ。やっかいな父親がいることで「お父さん、また余計なことするはずだからフォローしよう」みたいなチームワークが生まれてたのに、それがなくなると、「姉、こういうところがイラッとくるなぁ」「お母さん、なんでこうなんだろう」と……。

 そうなんですよ、やっぱり董卓を倒したあと、それぞれの国は揉めますから。

 あ、まぁそんな感じで、母と姉も……。

 毒殺だ。

 え?

 そういうのはだいたい毒殺でしょ? 董卓を倒したあとは粛清の嵐が吹き荒れるでしょ? そういえば最近、小明ちゃんのお母さんとお姉ちゃん見てないなぁ……粛清した?

 三国志の世界から帰ってきてください。若干疎遠になってるだけで大人しく暮らしてますよ。そもそも、うちの母と姉なんて見たことないでしょ!

 怪しいなぁ。でも、うちも父親が死んだら、妹と馬上の斬り合いとかするんだろうな。「俺がこんだけ親父の尻拭いしたわけだから、毎晩肉ジャガ届けろ」とか「嫡子をひとりくれ」とか言い出すのかもな。親父いなければそれで終わりってわけじゃないね。

 もう、完全に、頭がおかしいじゃないですか。

(構成=小明)

1205_akari.jpg

あかり
1985年生まれ。02年、ホットドッグプレスドリームガールズ準グランプリを受賞。サイゾーよりCD「君が笑う、それが僕のしあわせ」発売中。サイゾーテレビ『小明の副作用』出演中。アラサーアイドルのご意見番と呼ばれる。


1205_takahashi.jpg

たかはし・けんいち
1971年生まれ。お笑いコンビ・キングオブコメディとして『キングオブコント2010』優勝。愛称はパーケン。サイゾーテレビ『ニコニコキングオブコメディ』出演中。アラフォーだが若手芸人と呼ばれる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ