連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.14

団塊Jr.が今おもしろい!第二のバブルは彼らがピンクを着たときに始まる

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1306_NS2_10.jpg
4月25日、アメリカでブレーク中の日本人ポルノスター、まりか(Marica Hase)が1年ぶりに凱旋帰国したので、ビールで乾杯。まりかは単身渡米し、欧米のハイティーンモノに多数出演してロリータ系スターとして人気なのだ。

 昭和20~24年生まれは、「団塊の世代」とか「ベビーブーマー世代」と呼ばれる。私も該当するが、中学の時は18クラスあり、やたら人が多く競争が激しい。かといって成績至上主義ではなく、誰もが貧乏だったから、区別差別は意外となかった。「こいつには勝てない」と瞬時に見分け、妬み嫉みなく、「そういうもんだ」と受け止めていた。

 高校になると、全国一斉試験の結果によって、450人中上位50人は選抜クラスとなった。そいつらを羨ましいと感じることなく、「頭がいいやつには、がんばって国のために働いてもらおう」と思っていた。

 高校の同級生で、現在毎日新聞社社長の朝比奈豊はもちろん選抜クラスで、当時から抜きんでていた。東大に進学し、体もデカくいい男だし、相当インパクトがあった。

 ベビーブーマー世代を高校の生徒構成に例えると、割合的には選抜クラスと同じ450人中50人が世代をリードし、さらにその中の1人くらいが各企業のトップを務めているのではないだろうか。彼らが経済、産業、政治を動かしてきた。そして、450人中400人の人たちは、なんとなく生きるだけ。だが、そんなやつらも90%以上が退職した。改正高年齢者雇用安定法が施行され、65歳以上も希望者は雇用することになったが、隅でデータ入力だかなんだかして小さくなっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』