サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【食べログ】の信頼性は? 渋谷で☆ゼロの居酒屋に行ってみた
第1特集
食べログ? クックパッド? "食とIT"で生き残るサービス【3】

食べログは本当に信頼できるのか? 渋谷で☆ゼロの居酒屋に行ってみた

+お気に入りに追加

──口コミ情報という性質上、その信ぴょう性にたびたび疑問符がつけられてきた食べログ。ここはひとつ、サイゾー編集部のある渋谷で最も“評価が低い”とされる居酒屋に乗り込み、その情報の真偽を確かめてみよう! ということで、口コミが46件もついているにもかかわらず☆がゼロという(口コミの採点が全体に低すぎ、点数に反映されない状態)某店に足を運んだ。

1306_it_05.jpg

【1】入店
渋谷駅から徒歩約3分という好立地の店舗。店頭には巨大な水槽がディスプレイされ、バブリーな雰囲気(それゆえに古さも感じる)が醸し出されている。入店すると、いきなり私服のギャルから「ご予約ですか?」と入り口で問われた。制服に着替える前の店員だったらしい。店員のやる気は感じた。


1306_it_06.jpg

【2】店内
壁に埋め込まれた水槽を横目に、席まで案内される。食べログ情報によれば「水槽を見ながら食事ができる」のが売りのお店らしいが、各水槽に3匹の小型熱帯魚がいる程度で、特に強い印象はナシ。店内は全体に照明が落とされ気味で、奥に向かって長く伸びている。しかし、「イイ雰囲気」とは少し趣きが異なる。


1306_it_07.jpg

【3】着席
座席はほぼすべて個室になっており、我々も個室に案内される。引き戸式の4人がけテーブル席だが、戸の1枚が間口幅の3分の2を占めており、ひとりずつ片側に着席するしかない。恰幅のいい人にはキツそう。テーブルには卓上コンロと醤油差し、それからオシボリの袋(ゴミ)が置かれていた。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』