サイゾーpremium  > 特集2  > 【『電車でGO!』監修者】が読む 多崎つくるくんの鉄オタ度

識者が語る「多崎つくる」【5】

阿部真美子(あべ・まみこ)
広島県生まれ。幼少の頃から鉄道に興味を持ち、鉄道での旅行に強い憧れの気持ちを抱くようになる。20歳の時にゲーム制作会社タイトーに就職し、家庭用ゲーム『電車でGO!』シリーズ、『鉄道ゼミナール』シリーズの監修を担当。現在はアーティスト活動中。著書に『まみこ的日本旅行─鉄旅編─』(文芸社)がある。

1306_haruki_20.jpg

──“多崎つくるが何よりも好きなのは鉄道駅を眺めることだった”──。鉄道会社に勤務し、小さい頃から大好きだった駅を設計する部署に籍を置く主人公に、大ヒットゲーム『電車でGO!』の監修者が肉薄する!!!

 まず、私は普段はノンフィクションなどを読み、村上春樹はおろか、小説をまったく読まないという前提でお話しさせてください。主人公が駅マニアだということをうかがい、『電車でGO!』の監修者として、今回は特別に拝読したのですが……。

 さて、鉄道マニアという視点で見ると、東京の電車のことは結構細かく書いてあるんですけど、名古屋の電車のことは全然出てこないから、作者はわかる範囲でしか書いていないのかなと思いました。

 私はいわゆる“乗り鉄”で、旅の手段としての鉄道が子どもの頃から好きなんです。鉄道好きという趣味もいろいろ分類されるようになってきて、タモリさんのように「レールが好き」という変わったこだわりを持つ人もいます。そんな中で、主人公の「駅そのものに惹かれる」という気持ちは、車両のモーター音を聞き分けることにこだわる“音鉄”の人たちに比べれば、私に近いかな(笑)。彼は旅客駅だけでなく、田舎の小さな単線駅とか貨物駅も好きということですから、きっと止まっている車両をゆっくり眺めるのが好きで、そこが「駅に惹かれる」出発点だったんじゃないかなと想像しました。道端で眺めていても電車はすぐに流れていってしまいますが、駅だったらじっくり見られるし、乗客の乗り降りや貨物の積み下ろしなんかも見ることができますし。終盤に出てきた、主人公が新宿駅の9・10番線プラットフォームでコーヒーを飲みながら駅の様子を眺めているというシーンも、敢えて混雑しない特急ホームを選び、のんびりできそうでいいと思いましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』