サイゾーpremium  > 特集2  > 【『電車でGO!』監修者】が読む 多崎つくるくんの鉄オタ度

識者が語る「多崎つくる」【5】

阿部真美子(あべ・まみこ)
広島県生まれ。幼少の頃から鉄道に興味を持ち、鉄道での旅行に強い憧れの気持ちを抱くようになる。20歳の時にゲーム制作会社タイトーに就職し、家庭用ゲーム『電車でGO!』シリーズ、『鉄道ゼミナール』シリーズの監修を担当。現在はアーティスト活動中。著書に『まみこ的日本旅行─鉄旅編─』(文芸社)がある。

1306_haruki_20.jpg

──“多崎つくるが何よりも好きなのは鉄道駅を眺めることだった”──。鉄道会社に勤務し、小さい頃から大好きだった駅を設計する部署に籍を置く主人公に、大ヒットゲーム『電車でGO!』の監修者が肉薄する!!!

 まず、私は普段はノンフィクションなどを読み、村上春樹はおろか、小説をまったく読まないという前提でお話しさせてください。主人公が駅マニアだということをうかがい、『電車でGO!』の監修者として、今回は特別に拝読したのですが……。

 さて、鉄道マニアという視点で見ると、東京の電車のことは結構細かく書いてあるんですけど、名古屋の電車のことは全然出てこないから、作者はわかる範囲でしか書いていないのかなと思いました。

 私はいわゆる“乗り鉄”で、旅の手段としての鉄道が子どもの頃から好きなんです。鉄道好きという趣味もいろいろ分類されるようになってきて、タモリさんのように「レールが好き」という変わったこだわりを持つ人もいます。そんな中で、主人公の「駅そのものに惹かれる」という気持ちは、車両のモーター音を聞き分けることにこだわる“音鉄”の人たちに比べれば、私に近いかな(笑)。彼は旅客駅だけでなく、田舎の小さな単線駅とか貨物駅も好きということですから、きっと止まっている車両をゆっくり眺めるのが好きで、そこが「駅に惹かれる」出発点だったんじゃないかなと想像しました。道端で眺めていても電車はすぐに流れていってしまいますが、駅だったらじっくり見られるし、乗客の乗り降りや貨物の積み下ろしなんかも見ることができますし。終盤に出てきた、主人公が新宿駅の9・10番線プラットフォームでコーヒーを飲みながら駅の様子を眺めているというシーンも、敢えて混雑しない特急ホームを選び、のんびりできそうでいいと思いましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』