サイゾーpremium  > 特集2  > 【『電車でGO!』監修者】が読む 多崎つくるくんの鉄オタ度

識者が語る「多崎つくる」【5】

阿部真美子(あべ・まみこ)
広島県生まれ。幼少の頃から鉄道に興味を持ち、鉄道での旅行に強い憧れの気持ちを抱くようになる。20歳の時にゲーム制作会社タイトーに就職し、家庭用ゲーム『電車でGO!』シリーズ、『鉄道ゼミナール』シリーズの監修を担当。現在はアーティスト活動中。著書に『まみこ的日本旅行─鉄旅編─』(文芸社)がある。

1306_haruki_20.jpg

──“多崎つくるが何よりも好きなのは鉄道駅を眺めることだった”──。鉄道会社に勤務し、小さい頃から大好きだった駅を設計する部署に籍を置く主人公に、大ヒットゲーム『電車でGO!』の監修者が肉薄する!!!

 まず、私は普段はノンフィクションなどを読み、村上春樹はおろか、小説をまったく読まないという前提でお話しさせてください。主人公が駅マニアだということをうかがい、『電車でGO!』の監修者として、今回は特別に拝読したのですが……。

 さて、鉄道マニアという視点で見ると、東京の電車のことは結構細かく書いてあるんですけど、名古屋の電車のことは全然出てこないから、作者はわかる範囲でしか書いていないのかなと思いました。

 私はいわゆる“乗り鉄”で、旅の手段としての鉄道が子どもの頃から好きなんです。鉄道好きという趣味もいろいろ分類されるようになってきて、タモリさんのように「レールが好き」という変わったこだわりを持つ人もいます。そんな中で、主人公の「駅そのものに惹かれる」という気持ちは、車両のモーター音を聞き分けることにこだわる“音鉄”の人たちに比べれば、私に近いかな(笑)。彼は旅客駅だけでなく、田舎の小さな単線駅とか貨物駅も好きということですから、きっと止まっている車両をゆっくり眺めるのが好きで、そこが「駅に惹かれる」出発点だったんじゃないかなと想像しました。道端で眺めていても電車はすぐに流れていってしまいますが、駅だったらじっくり見られるし、乗客の乗り降りや貨物の積み下ろしなんかも見ることができますし。終盤に出てきた、主人公が新宿駅の9・10番線プラットフォームでコーヒーを飲みながら駅の様子を眺めているというシーンも、敢えて混雑しない特急ホームを選び、のんびりできそうでいいと思いましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』