サイゾーpremium  > 特集2  > 【宗教家・上祐史浩】が読む 『多崎つくる』は仏教思想のパロディ

識者が語る「多崎つくる」【1】

上祐史浩(じょうゆう・ふみひろ)
1962年、福岡県生まれ。元「オウム真理教」外報部長。一連のオウム真理教事件では国土法違反などで逮捕され、99年に出所。02年より「アレフ」の代表に就任するも、脱退。現在はオウムの教義を排除したとする「ひかりの輪」の代表を務める。

1306_haruki_16.jpg

 今作の最終章にて、“地下鉄サリン事件の悪夢”を主人公つくるが回想する。『アンダーグラウンド』や『約束された場所で─underground 2』という、オウム事件についてのノンフィクションを手がけた村上氏にとって、ある種特別な存在となっているオウム真理教(現・アレフ)。その元幹部であり、現・ひかりの輪代表の上祐史浩氏に、今作を読み進めてもらった。

──上祐さんにとって村上春樹作品というと、やはり1995年にオウム真理教が起こした地下鉄サリン事件の被害者の声を集めた『アンダーグラウンド』や、その後、元信者へのインタビューを中心にまとめられた『約束された場所で』が印象的ですか?

上祐 その通りです。特に『アンダーグラウンド』は、被害を受けた人たちの気持ちを知るための貴重な資料として読みました。同書は、著者が村上春樹氏だからどうといった視点を含めて読めるほどの余裕はなかった、私にとっては非常に重い作品です。

──村上春樹が書くことに意味があったわけではない。

上祐 同書のおかげで、私は被害者の方々が被害者であることを隠していること、それだけ周囲からの目があったということを知ることができました。テレビに映された被害者というのは、表に出て教団に賠償ないし解散を求める方々ですが、『アンダーグラウンド』の中には、自分が被害者であることをひた隠しにして生きている人の声が収められていた。そして、その被害者の方々が負った後遺症に対しての、差別があることも知りました。

──今回の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』では、最終章で主人公のつくるが、その地下鉄サリン事件を“実際に起きた悪夢”として回想するシーンがありました。ある種、村上氏にとっては、『アンダーグラウンド』以降、『1Q84』に続いて“宗教”に対する思想も込められていた作品のように思うのですが。

上祐 『アンダーグラウンド』『約束された場所で』を書いたからこそ、『1Q84』を経て今回の『多崎つくる』を書くに至ったことは確かだと思います。前作の『1Q84』では、村上さんは、オウムをはじめ、エホバの証人やヤマギシ会といった現代の新興宗教をモチーフにしていました。対して今作には、肉体を超越する意識やオーラ、夢、悪霊まで、至るところにスピリチュアル的モチーフがちりばめられている。しかもそのどれもが、「そういったことはまったくのまやかしだ」という否定的なニュアンスではなく、中立的なスタンスで描かれています。宗教に対しても、決して否定的な態度は取っていない。それは、村上さんが、被害者の声だけでなく、信者の声も聞いてきた体験を背景に、世の中のスピリチュアル的なものへの関心をくみ取った結果だと感じました。

──現代の人々はみな、スピリチュアルへの関心を持っていると?

上祐 今は数十年前に比べると、スピリチュアルブームは相当に広がっていますからね。受け入れていないにしても、スピリチュアル世界の“謎”を解明したいという好奇心を、彼の作品を通して解消しているのかもしれません。

 今作のつくるくんという主人公は、客観的に見ると、ある日突然“言われなき被害者”になるわけですよね? 日本社会にとってサリン事件が、まさしく“言われなき被害”だったように。ある日突然起きて、大きな傷を与える。なぜ起こったのかわからない。その謎を探求していくつくるくんと、サリン事件を探求していった村上さん。ここにも共通点があるように感じました。

──今作は、まず、「自由」に対するとらえ方がとても宗教的でしたよね。

上祐 例えば、灰田くんのいう「自由にものを考えるというのは、つまるところ自分の肉体を離れるということ」という表現は、仏教の「身体や心は無常であって、捕われるものではない」という教えそのままの考え方ですよね。この灰田くんという青年は、ほかにも「命と引き換えにオーラを見ることができる」という、ある種の霊能力・神秘主義に対する探求心も覗かせていた。ただ、灰田くんには非常に宗教的な概念の投影を感じますが、しかし、そこに深みのある悟りの境地がある気はしない。そのことが、村上さん自身の宗教に対する立ち位置を物語っているようにも、私は感じました。

──それから、スピリチュアル的なモチーフとして、「夢」による“啓示”のようなものが登場します。

上祐 「夢」というのは、まさしく宗教です。宗教というのは教祖が説く啓示や霊的なヴィジョンなど、客観的には「夢」の要素が多くあり、そして、その夢と現実につながりを持たせるものです。物語では、つくるくんのシロとクロ、また灰田くんとのリアルな性夢によって物語は動きだし、最後にはこの夢が自分に犯されたというシロの主張──「被害妄想」ともつながりがあるかもしれないと考える。

 そもそも宗教というのは、「夢に動かされるもの」と言っても過言ではありません。「イエスが復活を遂げる夢を12人が見た」のがキリスト教。「マホメットの見た夢を神の啓示と信じた」のが、イスラム教です。そして「自分は救世主だという夢を麻原彰晃が見た」、これがオウム真理教なんですよ。

──物語の進め方自体が宗教的だ、と。では、今回のキーワードである“色”については、どうとらえられるのでしょうか?

上祐 村上さんに自覚があるかどうかはわかりませんが、この本は仏教思想のパロディかも、と私は感じました。今回、中心人物たちに持たされた色は5色。アカ、アオ、シロ、クロ……そして5色目は、色彩がないつくるくんですね。色彩がない=“透明”という色です。仏教、密教、ヒンドゥー教には、「地」「水」「火」「風」「空」という五大元素の思想があります。最後の「空」、これは空間を示す。からっぽ。色なら、無色透明を意味しているとも解釈できる。

 そもそも、この表紙に使われた色、お寺にかかっている五色幕の配色に近いと思いませんか? 五色幕は、場所によって多少異なりますが、黄色、緑、青(紫)、白、赤というのが一般的です。そしてこの配色は、先ほどの五大元素の色でもあるのです。

 そして、それぞれの色には、意味があるという解釈があります。例えば、青は「リーダーシップ」。作中に出てくるアオはまさしく、高校時代にはラグビー部の部長を務め、つくるくんとの決別を代表して表明した人物です。また、赤は「知性」。高校時代から頭の良かったアカは、国立大学を卒業して自らビジネスを起こしました。

 そして、白と黒ですが──この2色については、宗教において、一般のイメージとは少し異なる意味が込められているんです。

 まず白は、「純白」の意味そのままにとらえられがちですが、シロ本人の「人間には二面性がある」という言葉にもあるように、彼女にも「闇」があった。虹色が混ざり合って白く見える光のように、白には「いろんな色を含む」という意味合いがあります。しかしその半面で、白は「汚れを塗りつぶして隠すことができる色」ともいえる。

 透明では黒いものは隠せないですが、白で塗りつぶしたら、見えなくなるでしょう? シロには隠している部分があり、二面性があって、言ってしまえば「分裂症」そのものを示していた。

 対して黒という色は、仏教の世界において、必ずしも悪い色としては扱われません。例えば、仏壇とか寺院の色は基本的に黒。「死」をイメージする色ではあるけれど、決して「汚れ」を意味する色ではない。

 作品の中でも、クロは、アオやアカと違って、自分の汚れをストレートに伝えます。アオとアカはつくるくんに謝りつつも、しかし、「どうしようもなかったんだ」と言い訳をする。しかし、クロは非常に正直に、自分の汚れを懺悔しました。今作の中で黒は、懺悔を示す色として用いられたのです。

──まさしく、宗教的な意味合いを反映させたキャラクター設定になってるんですね。

上祐 そして、先の五大元素の中で最強なのが、色を持たない「空」なんですよ。空間は永久、絶対。だからこそ、この物語の中では、つくるくんが“犠牲”になった。「彼が一番強いから、彼なら耐えられる。乗り越えられるはずだ」と。だから、すべてを彼に背負わせたんでしょう。

「色彩を持たない多崎つくる」「透明という色を持った多崎つくる」。無色、からっぽだから、“個性がない”。しかしからっぽだから、彼は「器」になれるんです。彼は、「駅」そのものなんですよ。

 駅は、みんなが通り過ぎていく空間ではあるけれど、絶対に必要な空間。

「無個性」の時代において、本作は、「無個性も個性だよ。そして、最強の個性だよ」、そんな現代人への応援の意味も込められているのでしょうね。

(文/編集部)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ