サイゾーpremium  > 特集2  > 【宗教家・上祐史浩】が読む 『多崎つくる』は仏教思想のパロディ

識者が語る「多崎つくる」【1】

上祐史浩(じょうゆう・ふみひろ)
1962年、福岡県生まれ。元「オウム真理教」外報部長。一連のオウム真理教事件では国土法違反などで逮捕され、99年に出所。02年より「アレフ」の代表に就任するも、脱退。現在はオウムの教義を排除したとする「ひかりの輪」の代表を務める。

1306_haruki_16.jpg

 今作の最終章にて、“地下鉄サリン事件の悪夢”を主人公つくるが回想する。『アンダーグラウンド』や『約束された場所で─underground 2』という、オウム事件についてのノンフィクションを手がけた村上氏にとって、ある種特別な存在となっているオウム真理教(現・アレフ)。その元幹部であり、現・ひかりの輪代表の上祐史浩氏に、今作を読み進めてもらった。

──上祐さんにとって村上春樹作品というと、やはり1995年にオウム真理教が起こした地下鉄サリン事件の被害者の声を集めた『アンダーグラウンド』や、その後、元信者へのインタビューを中心にまとめられた『約束された場所で』が印象的ですか?

上祐 その通りです。特に『アンダーグラウンド』は、被害を受けた人たちの気持ちを知るための貴重な資料として読みました。同書は、著者が村上春樹氏だからどうといった視点を含めて読めるほどの余裕はなかった、私にとっては非常に重い作品です。

──村上春樹が書くことに意味があったわけではない。

上祐 同書のおかげで、私は被害者の方々が被害者であることを隠していること、それだけ周囲からの目があったということを知ることができました。テレビに映された被害者というのは、表に出て教団に賠償ないし解散を求める方々ですが、『アンダーグラウンド』の中には、自分が被害者であることをひた隠しにして生きている人の声が収められていた。そして、その被害者の方々が負った後遺症に対しての、差別があることも知りました。

──今回の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』では、最終章で主人公のつくるが、その地下鉄サリン事件を“実際に起きた悪夢”として回想するシーンがありました。ある種、村上氏にとっては、『アンダーグラウンド』以降、『1Q84』に続いて“宗教”に対する思想も込められていた作品のように思うのですが。

上祐 『アンダーグラウンド』『約束された場所で』を書いたからこそ、『1Q84』を経て今回の『多崎つくる』を書くに至ったことは確かだと思います。前作の『1Q84』では、村上さんは、オウムをはじめ、エホバの証人やヤマギシ会といった現代の新興宗教をモチーフにしていました。対して今作には、肉体を超越する意識やオーラ、夢、悪霊まで、至るところにスピリチュアル的モチーフがちりばめられている。しかもそのどれもが、「そういったことはまったくのまやかしだ」という否定的なニュアンスではなく、中立的なスタンスで描かれています。宗教に対しても、決して否定的な態度は取っていない。それは、村上さんが、被害者の声だけでなく、信者の声も聞いてきた体験を背景に、世の中のスピリチュアル的なものへの関心をくみ取った結果だと感じました。

──現代の人々はみな、スピリチュアルへの関心を持っていると?

上祐 今は数十年前に比べると、スピリチュアルブームは相当に広がっていますからね。受け入れていないにしても、スピリチュアル世界の“謎”を解明したいという好奇心を、彼の作品を通して解消しているのかもしれません。

 今作のつくるくんという主人公は、客観的に見ると、ある日突然“言われなき被害者”になるわけですよね? 日本社会にとってサリン事件が、まさしく“言われなき被害”だったように。ある日突然起きて、大きな傷を与える。なぜ起こったのかわからない。その謎を探求していくつくるくんと、サリン事件を探求していった村上さん。ここにも共通点があるように感じました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』