サイゾーpremium  > 特集2  > 【谷 一歩】「液体のような私を受け止めて...

識者が語る「多崎つくる」【2】

谷 一歩(たに・はつほ)
1990年、千葉県生まれ。警視庁に勤務していた父と元アナウンサーの母を持つ。2011年ミス千葉大学・準グランプリに選出され、芸能界デビュー。医師、実業家、弁護士等、22人の交際相手がいることを公言している。オフィシャルブログ『千里の道も一歩から』〈http://ameblo.jp/hachiippon/

1306_haruki_17.jpg

──ハルキストをブログなどで公言する千葉大学出身のアイドル、谷一歩。彼女を取り巻く22股交際の男性たちの共同体"谷コミューン"は、村上春樹作品にインスパイアされたものだという。そんな彼女と、最新作の主人公・多崎つくるの共通点とは?

 村上春樹さんの作品を初めて読んだのは、高校2年生の時。友達に勧められて『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んで、ものすごく衝撃を受けました。そこには私が長年ぼんやりと抱えていた“欠落感”みたいなものが、明確かつ立体的に言語化されていたから。

 私は両親の庇護の下、何不自由なく育てられてきました。おかげで十分な教育を受けられたし、自分が過ごしている環境について悩むこともなかった。いわゆる“恵まれた人生”を送っている──そのことは、私自身も理解していたんです。でも、それと同時に「自分には足りないものがある」という感覚も常日頃からあって……そこは「容器としてはある程度形をなしているかもしれないが、その中には内容と呼べるほどのものはろくすっぽない」という自己認識に苛まれていた多崎つくるとリンクしますね。ただ、私と彼には決定的に違うところがあって、私の場合は「容器と呼べるほどのものはろくすっぽない」という状態。つくるを「お茶の入っていないコップ」とするならば、私は「コップに入っていないお茶」なんですよ。だから、今にもこぼれてなくなってしまうんじゃないか……という不安がずっとある。

 その不安の表れが、テレビで「22股」と言われている私の恋愛観につながっているんだろうなと思います。液体のように流動的な私という存在を、ちゃんときれいに受け止めてくれる“容器”と出会いたい。そのためには自ら率先して私という存在を注ぐけど、「容器を選び間違えて、自分の望まない形になってしまったらどうしよう」という恐れもあるから、ひとつの容器に注ぎ切ることは絶対にできない。私がいろんな男性と積極的に交流関係を築き、『1Q84』にインスパイアされて「谷コミューン」と名づけた共同体を形成しているのは、そんな思いがあるから。それは傍から見たら、「付き合っているとはいえない」と解釈されてしまうような関係性かもしれないけど、今の私はそういう付き合い方しかできないんです。この先、どんな展開になって、どんな終末を迎えるかわかりませんが、温かく見守ってくださいね……という意味で、先日放送されたテレビ番組の中で「22股交際は、私にとって“物語”です」とお話ししたんですけど、そしたら「22股=嘘」ととらえられちゃって(笑)。言葉の難しさをあらためて実感しました。

 テレビに出ている私を見て、世の中には私のことを嫌いになった人が大勢いる。それについては自覚しているつもりだし、「嫌われても仕方ない」とも思います。ただ、テレビに出ている時の谷一歩って、私自身からしてみれば“わりとまっとうに生きてる自分”なんですよ。なぜなら、テレビに出る時は自分で自分の容器を作り、「お茶の入ったコップ」みたいになっているから。本質的な私は「コップに入っていないお茶」だけど、そのままだと感情に任せて泣きわめいたり、ちょっとクレイジーな行動をしがちで、それでは単に嫌われるどころか、人としてひとりぼっちになってしまう。そのことを経験則から学んで、いつしか「自分を人に見せる時は、見せるものをわかりやすく整理して、明るく振る舞おう」と決めました。それを実行したのが、テレビに出ている時の谷一歩です。

 こうして自分について考えてみるたび、「私って概念的な存在なんだな」と、つくづく思い知らされます。そして、概念的であるということは、いつ“概念的な死”を迎えてもおかしくないということ。そうなったら、たとえ肉体は生きていても、死んだも同然ですからね。それを教えてくれたのも、村上春樹さん。今の私があるのは、彼の作品に出会えたおかげです。ただ、もし出会っていなかったら、ここまでひねくれずに済んだんじゃないかと思うと……“良くも悪くも”ですが(笑)。

(構成/小芋掘男)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ