サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 一番の“被害者”は不倫相手!? あの不倫...
1306_az_yaguchi.jpg
矢口真里『青春 僕』

 「週刊女性」(主婦と生活社)6月4日号で自身の不倫が原因となり夫で俳優の中村昌也と別居していることが報じられた元モーニング娘。のメンバーでタレントの矢口真里。記事によると、2月に矢口が飲み会で出会った5歳年下のファッション誌のモデルを自宅に“お持ち帰り”したところ、仕事先から早朝に帰宅した中村と鉢合わせし修羅場に発展したというが、どう言い訳したところで、100%矢口に“勝ち目”はなさそうだというのだ。

「中村の所属する大手芸能プロといえば、メディアのコントロールに長けていることで知られている。それに対して、矢口の所属事務所は昔からスキャンダル対策は、芸能界の実力者に気に入られた外部の芸能プロ幹部に委託。その人物は今やノータッチなので、今回は相手側から矢口にとってマイナスな情報が流れ続けるのを指をくわえてみているしかない」(スポーツ紙デスク)

 別居の原因となる矢口のお相手はイケメンモデルの梅田賢三。写真をみる限りでは、かつて小栗旬らイケメンと浮き名を流した矢口の“ストライクゾーン”ど真ん中といったルックスだが、同誌が発売された今月21日、一度は閉鎖したはずの自身のツイッターが梅田の名前で“再開”されていた。

 21日の最初の書き込みでは「逃げたくないので、再開しました。エッチはしてません。信じて下さい」と弁解。それでも、「でも、自分のしたことに後悔はありません」と強気。「事務所クビナンデス」と今回の件で事務所をクビになったことを明かし、「一度でイイから見てみたい。矢口真里がイクところ」とまるで中村にケンカを売るような書き込みをしていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』