> CCCの検索結果

CCC の検索結果

連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【6】

『イケメン怖い』と『女子って言うな』は似ている

――  ここしばらく、「ユリイカ」の特集「イケメン・スタディーズ」のための原稿にかかっていた。私が書いたテーマは、「イケメンはなぜ怖いのか」というものである。特にアラサーからアラフォーの微妙な年頃にあると、...

『イケメン怖い』と『女子って言うな』は似ている
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【6】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、妖怪ウォッチとは?」

――  暑中お見舞い申し上げます。服部です。今回は小学生の間で一大ムーブメントを起こしている『妖怪ウォッチ』を紹介。「おもちゃ屋を10軒まわっても入手できない!」など、世間の親御さんを震撼させているこのブー...

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、妖怪ウォッチとは?」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【6】

【アイドル・西田藍】「スカート丈でわかるアニメ表現の"リアル"」

――  アニメやマンガ、二次元世界における制服の描き方がとても気になる。アニメ絵の女子高生たちだって、女子高生像を形成しているものの一部だからだ。けれど、現実の女子高生とアニメの女子高生は、当然ながら別モノ...

【アイドル・西田藍】「スカート丈でわかるアニメ表現の
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【5】

「AKB48もあっちゃんも嫌いになりません!」

――  前田敦子と交際中の尾上松也が、40代女性との車中キスをスクープされた。役者仲間との飲み会で結婚宣言までしていたと週刊文春に報じられたあっちゃんだが、その心中は穏やかではないだろう。

「AKB48もあっちゃんも嫌いになりません!」
連載
留学生・ハサウェイ譲治の日本語ラップ見聞録【4】

【留学生・ハサウェイ譲治】ビーフ宣言後の漢さんが追求するヤバいバトル

――  6月4日、DOMMUNEで放送された『9SARI OFFICE SPECIAL~鎖グループ&BLACK SWAN公開記者会見』。一昨年、鎖グループというレーベルを始動した漢さんは、以前所属していたL...

【留学生・ハサウェイ譲治】ビーフ宣言後の漢さんが追求するヤバいバトル
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【5】

「長州力からのメッセージだ ありがたく読めタコ、コラ」

――  プロレス・格闘技界での名言を取り上げるときに、アントニオ猪木に次いで、その存在を外せないのが長州力だコラ。そこで今回は、『全面戦争だプロレス』(ワニブックス)をはじめ、数ある長州関連本の中から、最新...

「長州力からのメッセージだ ありがたく読めタコ、コラ」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【5】

「どう"大人の男"になるか西島秀俊から考えてみる」

――  先月号まで、実際に俳優活動をしていて、現在は東大大学院で研究の道を歩む北村匡平さんに3回にわたって話を聞いてきた。取材の中で、一番印象に残った言葉は「かっこいいって、一体なんなんだろう」というものだ...

「どう
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【5】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、児童ポルノ禁止法とは?」

――  今月は「児童ポルノ禁止法案」について。たまには真面目なテーマに挑んでみる服部です。先日、児童ポルノ禁止法改正案が審議され、マンガ・アニメまで規制されかねない流れに、特にネット住民は大反発。表現の自由...

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、児童ポルノ禁止法とは?」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【5】

【アイドル・西田藍】「貧しさを隠蔽する"制服"その下で少女たちは?」

――  中学生の頃、名木田恵子のヤングアダルト小説『air』(金の星社)を読んだ。名門女子校に通う14歳の絵亜が、閉塞的な日々から脱出を計る青春小説。物語の序盤、絵亜は、小学校の同級生と再会する。彼女は、制...

【アイドル・西田藍】「貧しさを隠蔽する
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【4】

「消費されるのはもう怖くない」自分の中の"軸"を持つ

――  俳優をやめて早稲田大学に入学、その後、東京大学大学院へと進んだ北村匡平さん。芸能人として、イケメンとして生きるための努力の仕方がわからなかった頃と、大学進学後の生き方とでは、どう変わったのでしょう。...

「消費されるのはもう怖くない」自分の中の
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【4】

「長澤まさみと伊勢谷友介の華麗(カレー)なる恋路」

――  女性セブン5月29日号にて、長澤まさみと伊勢谷友介のネパール料理店でのデートが報じられた。世間の反応はおおむね「破局していなかったのか?」「長澤まさみの映画公開に合わせたのでは?」といったものだった...

「長澤まさみと伊勢谷友介の華麗(カレー)なる恋路」
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【4】

「個人的ヒールランクNo.1 ダンプ松本はマジだぜ!」

――  個人的に、プロレスのヒール=悪役といえばタイガー・ジェット・シンやアブドーラ・ザ・ブッチャー、蝶野正洋率いる狼軍団などが印象深いが、僕がもっとも恐怖し、その所業によって怒りに打ち震えたのは、ぶっちぎ...

「個人的ヒールランクNo.1 ダンプ松本はマジだぜ!」
連載
留学生・ハサウェイ譲治の日本語ラップ見聞録【4】

【留学生・ハサウェイ譲治】日本語の教科書になった Meisoさんの詩世界

――  5月10日、渋谷のR-lounge。その日が待ち遠しかったのは、ファンでありながらライヴを観る機会を逃していたMeisoさんが出演することになっていたからです。高校卒業後からハワイに住んでいたMei...

【留学生・ハサウェイ譲治】日本語の教科書になった Meisoさんの詩世界
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【4】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、EXILEとは」

―― ではやってるけどよく知らないことを3分で紹介するこのコラム、今月はついに よく知らない界 の大物、EXILEの登場です。どうですか! よく知らないでしょう!? 先日、そのEXILEに岩田剛典、白濱亜嵐...

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、EXILEとは」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【4】

【アイドル・西田藍】「学校制服超会議で制服トレンドを学ぶ」

――  5月31日に東京は神保町で開催された「学校制服超会議」に行ってきました! 冷たい視線を浴びがちな制服好き、しかしいまや世界の女子をリードするガールズファッション、その魅力を存分に語ろうという趣旨のト...

【アイドル・西田藍】「学校制服超会議で制服トレンドを学ぶ」
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【3】

「みんなー! 仁科克基に興味あるー?」

――  世間が小保方だ、中山美穂離婚だと騒いでいるなか、今回扱うのは仁科克基である。キャバ嬢を自宅にお持ち帰りしたところ(本人は泊めただけで手を出していないと弁明)、交際中だった矢吹春奈に見つかり破局したと...

「みんなー! 仁科克基に興味あるー?」
連載
留学生・ハサウェイ譲治の日本語ラップ見聞録【3】

【留学生・ハサウェイ譲治】高校生RAP選手権で見た”オタク”の潜在能力

―― 「よく言われるオタクラッパー/御託ばっか/でも音楽ならそんなしがらみ変えられると思ってやってきた」話題となっているBSスカパー!の〈高校生RAP選手権〉。第5回大会が3月末に新木場STUDIO COA...

【留学生・ハサウェイ譲治】高校生RAP選手権で見た”オタク”の潜在能力
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【3】

「『黄金のバンタム』の試合は仕事より大切なのよ」

――  先日、仕事関係各所に「この日は別の仕事で、丸1日身動きとれません!」と宣言しつつ、まったくのプライベートで山中慎介と長谷川穂積の試合を観戦してきた。山中はWBCバンタム級王者として6度目の防衛に成功...

「『黄金のバンタム』の試合は仕事より大切なのよ」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【3】

「頑張り方がわからない」役者引退の決断

――  俳優として、一見順調に歩んでいるかに見えた北村匡平さんは、イケメン俳優としてどこまでやっていけるのかに悩み、ついには「カッコイイってなんだろう」とまで考え始めた。そこから、選んだ道とは。インタビュー...

「頑張り方がわからない」役者引退の決断
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【3】

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、『進撃の巨人』とは」

――  世の中で知ってて当然とされてる事象を、たった3分の解説で知った気になれるこのコラム、第3回目は『進撃の巨人』(講談社)をご紹介。マンガやアニメを見ない方でも、昨今のフィーバーぶりで、その名称ぐらいは...

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、『進撃の巨人』とは」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【3】

【アイドル・西田藍】「ミニスカの女子高生と、制服に虚構性」

―― 『制服通りの午後』という本がある。作者は森伸之氏。『東京女子高制服図鑑』という、東京の女子校に通う生徒たちを観察した制服イラスト図鑑を出版し、制服ブームのきっかけを作った。そんな作者が、80年代後半か...

【アイドル・西田藍】「ミニスカの女子高生と、制服に虚構性」
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る

「広末涼子が高級スパと佐藤健に求めていたもの」

――  私は、渋谷区にある某高級スパの前にいた。不倫報道で騒がれた広末涼子と佐藤健が訪れたという店だ。本来なら潜入捜査を試みたいところだが、最低でもお一人様1万9000円とのこと。到底このコラムの経費で賄え...

「広末涼子が高級スパと佐藤健に求めていたもの」
連載
留学生・ハサウェイ譲治の日本語ラップ見聞録【2】

【留学生・ハサウェイ譲治】餓鬼レンジャーの熊本弁ラップの"響き"

―― 「Bad Boyわかっど? 格好だけじゃいかんど?/DaもっこすWilder なめちゃイカンよ」「阿蘇 だごやびゃー 見回そう360度パノラマ」(「ばってんLINGO」より) 2月21日の夜、オーディ...

【留学生・ハサウェイ譲治】餓鬼レンジャーの熊本弁ラップの
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【2】

「前田日明の強さの根源は カレーに対する執着心なのか」

――  残念なことに、現役時代の前田日明の試合を生で観戦する機会はなかったのだが、イベント会場などでは何度か姿を見かけたことがある。格闘技ファンとしては嬉しい遭遇だが、いつ見かけても先に立つのは恐怖心のほう...

「前田日明の強さの根源は カレーに対する執着心なのか」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【2】

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、"テラスハウス"とは」

――  社会では知ってて当然! とされているけど、実際は知らないことなんてぎょうさん。それを無名のマンガ家、わたくし服部が紹介しつつ強引に結論づけてわかった気になっていただくこのコラム。まず、「お前が誰なん...

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【2】

「役者からアカデミズムへ『かっこいいとは何か?』」

――  今回からは、実際に俳優を辞めた人にご登場をお願いする。お一人目は、SOPHIAの楽曲をモチーフにした映画『青い季節』に主演するなど俳優活動をしていたものの26歳で引退し、早稲田大学に進学、現在は東京...

「役者からアカデミズムへ『かっこいいとは何か?』」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【2】

【アイドル・西田藍】「制服に宿る権威性。ナチスにも似た……」

――  中学時代のある日、セーラー服のスカーフのアイロンを失敗して熱で溶けちゃって、そのまま付けずに登校したら、先生たちにかなり注意された。このスカーフはそんなに重要なものだったの? 不思議だった。

【アイドル・西田藍】「制服に宿る権威性。ナチスにも似た……」
連載
【マンガ家】服部昇大の流行解明3分間

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、“艦これ”とは」

―― 社会には「知ってて当然」とされている流行がある。「知らねーよ!」と言おうものなら職場や若者、ネットでもバカにされる時代。ならば知ってて当然らしいけど実際は知らない流行を我々一般成人男性の目線で解き明か...

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、“艦これ”とは」
連載
【アイドル】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論

【アイドル・西田藍】「引きこもりの私は、ある日制服に恋をした」

―― 私はアイドル。ミスiD2013というオーディションに応募したのは、高校を中退して引きこもっている間、ちょっとずつ揃えた学生制服を着て、父に写真を撮ってもらう、こっそりとした趣味を初めて数年後。その写真...

【アイドル・西田藍】「引きこもりの私は、ある日制服に恋をした」
連載
【サラリーマン】西国分寺藍の犯人は現場に戻る

「杏と東出が逢瀬を重ねた 島忠某店に行ってみた」

―― 「2人が別れたら……アンタたちのせいだからね!」のっけから少女マンガに出てくる主人公の親友みたいな心情だが、私は心配なのだ。杏と東出昌大の恋路が。正月の実家&島忠デートを報道されて以来、『ごちそうさん...

「杏と東出が逢瀬を重ねた 島忠某店に行ってみた」
連載
留学生・ハサウェイ譲治の日本語ラップ見聞録【1】

「MCバトルで日本語を学んだイギリス人」

―― 僕の名前はハサウェイ譲治。平成2年生まれ。ロンドン出身のガイジンで、身長196センチ。東京の某大学の研究生なのですが、iPod内の音楽は大体、日本語ラップ。YouTubeで観る動画は大体、日本語ラップ...

「MCバトルで日本語を学んだイギリス人」
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【1】

「日本プロレス界を導いたタイガーマスクの哲学」

―― 本月から格闘技関連本コラムを書くことになった。ライター業を生業としながら、いわゆるプロレス村の住人ではない僕が、これまで読んできた、これから読むであろう格闘技本を、いちファンの視点で紹介していきたいと...

「日本プロレス界を導いたタイガーマスクの哲学」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で

「世にイケメンは多けれど、その道、楽ならざりし」

―― 最近、ミュージカルや映画・ドラマなどの世界で活躍していた、いわゆるイケメン俳優が引退して第二の人生を歩むというニュースをよく見る。以前なら、そっと芸能界を去って別の道へ、そして何年か後に「あの人は今」...

「世にイケメンは多けれど、その道、楽ならざりし」
第1特集
IT企業のヘンな副業【2】

イラストで解説!! 有名IT企業のちょっと"?"な副業図鑑

―― ──IT企業が手掛けるIT以外のちょっと変わった事業と本業との関係を調査。なぜそ...

イラストで解説!! 有名IT企業のちょっと
第1特集

【お詫びと訂正】

――  本誌10年3月号の特集「イケイケ企業が日本を救う!?」内の記事「異業種続々提携...

【お詫びと訂正】
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ