サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【留学生・ハサウェイ譲治】日本語の教科書になった Meisoさんの詩世界
連載
留学生・ハサウェイ譲治の日本語ラップ見聞録【4】

【留学生・ハサウェイ譲治】日本語の教科書になった Meisoさんの詩世界

+お気に入りに追加

――日本産ヒップホップのパーティを英国生まれの留学生がレポート!

1407_ccc_04.jpg
5月28日にMeisoさん(左)は『Sunshine and Coconut Water』をリリース。要チェック!(写真/柳舜仁)

 5月10日、渋谷のR-lounge。その日が待ち遠しかったのは、ファンでありながらライヴを観る機会を逃していたMeisoさんが出演することになっていたからです。

 高校卒業後からハワイに住んでいたMeisoさんは2003年に一時帰国した際に参加したB-Boy Parkで優勝し、注目されたラッパー。その後、坂本龍一さんやShing02さんのプロジェクトに参加したりしまして、13年よりハワイから東京へ拠点を移しています。そんな彼の刮目すべき点は、日本語のポテンシャルを最大限に引き出すリリックにあります。

 例えば、「真のマジックショー/森羅万象/諸行無常の響きをご覧頂こう」(「ダンス」より)や「舌は、まるで水を得た魚の群れだ」(「イエティ」より)のように、直喩や四字熟語も駆使しながら叙情的なラップを繰り出します。しかも、英語にはない日本語特有の単語や言い回しで主に構成。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ