サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【サラリーマン・西国分寺哀】AKB48もあっちゃんも嫌いになりません!
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【5】

「AKB48もあっちゃんも嫌いになりません!」

+お気に入りに追加

――あの事件現場は、その後どうなってる?気になるから行ってみた。

1408_ccc_06.jpg
筆者が訪れた日が雨だったこともあり、客はまばら。あっちゃんよろしく「(結婚)全然できるわー」とうそぶいてみたが、誰に聞かれる心配もなかった。

 前田敦子と交際中の尾上松也が、40代女性との車中キスをスクープされた。役者仲間との飲み会で結婚宣言までしていたと週刊文春に報じられたあっちゃんだが、その心中は穏やかではないだろう。

 だがこの状況は、我々にとってチャンスである。「傷ついた女心につけ込む」という恋愛テクニックをテレビや雑誌で何度目にしてきたことか。やけ酒で酔い潰れたあっちゃんに「あんな奴のこと、忘れちまえよ」と優しく介抱する。BGMは「目を閉じておいでよ」だ。無論、RGと椿鬼奴のバージョンではない。

 とにかく、そんな下心満載でむかったのは、あっちゃんが結婚宣言をしたという某居酒屋である。「マスター、強めのお酒ちょうだい。アタシ、酔いたい気分なの」そんなシチュエーションになるには最適の場所である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ