サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【対談】元「週刊文春」記者対談
第1特集
時代の“今”を切り取る対談集――THE NEWSMAKER DIALOGUE

そこに“正義”はあるのか――元「週刊文春」記者が語るスクープ量産への疑義と進化

+お気に入りに追加

――権力者、著名人のスキャンダルを次々と報じる「週刊文春」。今や泣く子も黙る「文春砲」と呼ばれるようになっているが、なぜここまで突出してスクープを連発できるのか。元週刊文春記者で、現在はYouTubeで「元文春記者チャンネル」を配信している赤石、甚野氏の2人に、「週刊文春」について語ってもらった。

2405_240209Cyzo_0149_520.jpg
甚野博則氏(写真右)と赤石晋一郎氏(写真左)。(写真/宇佐美 亮)

独走を支える優秀な特派記者

――現在のニュースメディア状況を見ると、まさに「週刊文春」(以下、文春)のひとり勝ちです。昨年になってようやくハジけたジャニー喜多川の性加害問題も、元はといえば文春の追及キャンペーンで確定した判決があったからですし、昨年の宝塚歌劇団セクハラ、パワハラ追及キャンペーン、そして現在の松本人志の性加害疑惑と、文春がスクープで切り込んだスキャンダルは数えきれません。

赤石 やっぱりこれまで積み重ねてきた歴史の強みがあるんだと思います。それこそジャニーズ問題なんかは99年からいろんな記者がやっていて、裁判の後もSMAPの解散・独立騒動、滝沢秀明の独立等と継続して報じてきました。誰かひとりの記者だけの力ではなく、編集部内で受け継がれ、取材を続けてきた強みがあるからでしょう。

――これだけスクープを連発できるのは、政財界や芸能プロの圧力に負けない編集姿勢もありますが、それを支えているのは、やはり優秀な記者が揃っているということでしょうか。以前の文春は他誌のエース級記者が移籍してくることで有名でしたよね。

赤石 僕は今の編集部が最強だと思っているんです。確かに文春は他メディアから優秀な記者が来るし、今はもういませんが僕たちが入った頃だと西岡研介さん、中村竜太郎さん、藤吉雅春さんといった、それぞれキャラクターも得意分野も違うすごい先輩記者がいました。でもその頃の文春はまだ寄せ集め軍団という感じで記者の能力に頼る部分も多かったんです。でも今の文春は、その優秀な先輩の下で学んだ記者たちが花開いていて、僕たちがいた頃より一歩も二歩も先に進んでいると感じます。

甚野 僕もそういう優秀な先輩たちのアシ(アシスタント)について取材をする中で学んだ部分は大きかったですね。

赤石 いろんなメディアからいい記者が集まることで取材のノウハウが蓄積されていった面もあるでしょうね。

たとえば僕は「FRIDAY」から文春に移ったんですが、当時の文春は張り込みのノウハウがほとんどなかったんです。FRIDAYだと車やカメラマンが使えたのに文春では基本、記者の「立ち張り」でめちゃめちゃキツかった。そのうちほかにもFRIDAYのエース記者が来たりして張り込みの方法が確立していったんです。今の文春砲の写真スクープはほとんどFRIDAYのやり方で撮られているはずです。

――それは文春編集部が意図的に引き抜いていたんでしょうか。今は新聞社から移ってくる若い記者さんも多いようですが。

赤石 引き抜いたというより、自然に集まってきた感じです。文春はいろんなタイプの記者がいることを許容していましたからね。僕自身のことで言えば文春に移籍した理由はひとつしかなくて、それは自分で記事を書きたかったから。他誌だとアンカー制のところが多くて、最終的な記事になるとカットされたりちょっと違うなとモヤモヤすることがあって、やっぱり自分で書きたいと思ったんです。

アンカー制にもいいところはあるんですが、どうしても責任感が薄くなって編集部も記者も「ここまででいいかな」となりがちですからね。でも自分で書くとなればミスは絶対したくないし、取材もギリギリまで粘るじゃないですか。編集部も待ってくれるだけのコストをかけてくれますし。

甚野 編集部が人、金、時間と必要な取材コストをちゃんとかけてくれるのもデカいですよね。「ウラを取るまで帰ってくるな」みたいなことも本当にあって、僕は最長で半年、潜っていたことがありました。それがドカンとしたスクープになる。もちろんムダになることも平気であるんですが、投資してくれるからリターンも大きくなるんです。

スクープを量産する編集部の体制

――昨年に竹田聖編集長に代わって、前々編集長だった新谷学さんが文春や文春オンラインなどを統括する総局長に就任しています。現在の文春の編集部はどのような体制になっているのでしょうか?

2405_240209Cyzo_0249_320.jpg
赤石晋一郎(あかいし・しんいちろう)
南アフリカ・ヨハネスブルグ出身。「FRIDAY」(講談社)、2006年より「週刊文春」(文藝春秋)編集部で記者として従事し、2009年「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞、2017年に同スクープ賞を受賞。2019年にジャーナリストとして独立、現在は日韓関係、人物ルポ、政治・事件など幅広い分野の記事執筆を行っている。近著に『韓国人、韓国を叱る 日韓歴史問題の新証言者たち』(小学館新書)、『完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録』(文藝春秋)がある。(写真/宇佐美 亮)

赤石 大まかに言えば編集部は総勢50~60人でしょうか。取材記者がマックス25人くらいでデスクが5人。それとは別に連載班が30人くらいという感じです。記者の中心になっているのは「特派」と呼ばれる専属記者。毎年契約を更改する年俸制で、これに原稿を書いた場合の原稿料やスクープ時のボーナスがプラスされることもある。取材費を潤沢に使えるというのも事実だと思いますが、それだけではなく、やっぱり記者をやる以上、ちゃんと取材をして記事を書くことができる環境が整っているのは魅力的だと思います。

甚野 社員記者が特派と同じように記者経験をしているというのも大きいですね。社員は数年で異動しますが、後にデスクや編集長になったとき、現場と共通言語があるので話が通じやすい。社員も特派も現場の扱いは同じだし、なんなら社員のほうがコキ使われているかもしれません。

――文春の特派記者は、以前だと50歳までという不文律があったと思うのですが、最近になって必ずしもそうではなくなったようですね。

甚野 詳しい理由はわかりませんが、今は紙の雑誌だけではなくウェブもあるので単純に人手が足りないということかもしれません。

――企画はどのように決まるのですか?

甚野 記者は基本的に毎週5本の企画を出すのがノルマです。もちろん通るときも通らないときもあって、そこから週の担当企画が決まって取材がスタートします。

赤石 取材の体制はケースバイケースで、ひとりで取材することもあれば、何人かのチームでやることもある。ネタによって人数は変わって、事件モノの取材だと経験のあるベテラン記者がキャップになって複数の記者が現場に入って地取りや聞き込みをやったりします。

甚野 ペーペーの新人はそれこそ何百軒もピンポンを押しながら卒業アルバムを手に入れるまで帰ってくるなというところから始めるわけです。そんな中で取材対象との距離感の取り方とか記者の基本を覚えていくんです。

赤石 文春が面白いのは、最前線で戦っている記者が一番偉いという価値観が共有されていること。新人記者だろうがベテランだろうが関係なく、いいネタを取ってきた記者が記事を書くんです。ベテランでも新人でも関係ない。NHK朝ドラ『あまちゃん』でブレイクした「能年玲奈研究」企画をキャップでやったとき、若手記者がめちゃくちゃディープな情報を取ってきて僕の取材は数行しか使われなかったなんてこともありました。

昔との違いはリークスの強み

――お二人が移籍した頃の文春は政治や事件、社会問題といった硬派な記事がメインでしたが、近年は芸能関連の記事が増えた印象があります。もちろん「沢尻エリカの大麻中毒」(12年)「シャブ&飛鳥の衝撃」(13年)「三代目JSB1億円でレコード大賞買収」(16年)など事件や社会問題につながる記事も多かったのですが、近年は「ベッキーと川谷絵音のゲス不倫」(16年)「アンジャッシュ渡部建のテイクアウト不倫」(20年)など、よりスキャンダラスなネタが増えている印象です。

赤石 単純に芸能を取材できる体制ができて反響も大きいからなんでしょうね。まあ、芸能スキャンダルが目立つのは仕方ないと思いますが硬派な記事が減ったわけではなく、「『甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した』実名告発」(16年)「森友学園問題で自殺した赤木俊夫さんの手記」(21年)「自民党・野田聖子議員の夫が元暴力団員」(22年)などいくつもスクープがありました。ただ、昨年の「木原誠二官房副長官の妻が、前夫の不審死事件で重要参考人として事情聴取を受けていた」というすごいスクープが世間ではほとんど取り上げられなかったように、政財界のスキャンダルは他メディアが追いかけづらいところもあるんでしょう。

――ところで「文春砲」と呼ばれるようになったのはいつ頃からなのでしょう。

赤石 一般的に言われるようになったのはベッキーのゲス不倫の頃からでしょうか。ただ自分たちで言いだしたわけではなく、AKB48とかが話題だった10年以上前からネットスラングとして使われていたようです。

――もうひとつ、昔との大きな違いで言えば、今は文春オンラインが大きな比重を占めるようになり、「文春リークス」という情報提供サイトもかなり活用されているようです。スクープを連発しているからこそ、「文春ならちゃんと書いてくれる」と信頼されて情報も集まってくるんでしょうね。

赤石 ケースバイケースですが、リークスにはメリットもデメリットもあって、確かに幅広いところから情報が入ってくるのは強いんですが、そう簡単な話でもないんです。

2405_240209Cyzo_0078_320.jpg
甚野博則(じんの・ひろのり)
大手電機メーカーや出版社などを経て2006年から「週刊文春」記者に。2017年の「『甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した』実名告発」などの記事で、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」のスクープ賞を2度受賞。2022年1月から独立し、現在は週刊誌や月刊誌などで、社会ニュースやルポルタージュなどの記事を執筆。(写真/宇佐美 亮)

甚野 ある時期から「このネタを当たってくれ」と、リークス発のネタが現場にバンバン降ってくるようになったんですが、リークスの情報はその段階では真偽不明のタレコミですから裏を取るのが大変なんです。嘘やでまかせも混じっているし、一部に事実があっても、情報提供者に何か思惑があって恐喝案件に利用されかねないリスクも付きまとう。だから感覚的にはリークスの情報から記事になるっていうケースはそんなに多くなかった。

赤石 一時はリークス偏重の時期もあったんですが、今は一発目が記者スクープで、それを見てリークスに情報が集まってくるといういい循環ができているようです。松本の件もそうだったんじゃないかな。

甚野 やっぱり記者が取ってくるスクープのほうが爆発力はあるんです。記者の人脈から入ってくる情報は、ある程度の信ぴょう性は判断できるし、取材も深掘りできますからね。

赤石 僕がある先輩に言われたのは、「話したがっている奴の話を聞くのは簡単だ。でも言いたくない奴から話を聞くのは記者の腕だ」ということ。その点、文春の記者はみんな訓練されているし、記者が地べたを這いつくばって身に付けた足腰の強さが文春を支えているといえるんじゃないでしょうか。

――好調な半面、文春にとってひとり勝ちは決して好ましくない状況かもしれません。

赤石 全体的にメディアが地盤沈下して、相対的に文春が評価されていると思うのですが、週刊誌は王道ではなくゲリラメディアなので、文春にとってはあまりいいことではない気がします。新聞や他の雑誌にも元気になってほしいですよね。

文春は正義じゃない

――独走する文春に対して「やりすぎだ」「著名人の生殺与奪を握る権力と化している」と批判する声も増えています。

赤石 悪いことをやっている政治家は別ですが、最初から誰かを潰してやろうと思って取材しているわけではないですからね。文春がやっているのはあくまで「ファクト」を取材して世の中に提示しているだけで、叩くかどうかを判断しているのはテレビなどの後追いメディアや、ウェブを含めた世間の声のような気がします。文春がこだわるのは「事実かどうか」であって、決して正義の味方をやろうとしているわけではないんです。

甚野 だから文春の記者で「不倫は絶対に許せない」なんて本気で思っている記者は一人もいないと思いますよ。

――これは文春に限った話ではないと思うのですが、週刊誌は他人の不幸で飯を食っている。そんな仕事をして心は痛まないのかという批判もあります。

赤石 その側面は確かにありますし、業の深い商売だとは思います。ただ、一方で事実が明らかになることによって救われる人がいるわけですから、やる意味はありますよね。金を稼いでいるというのはどんなメディア、どんな仕事でも同じでしょう。

――ところでお二人は文春を離れた後、2019年からYouTubeで「元文春記者チャンネル」を配信しています。登録者数は現在8.3万人。順調にリスナーが増えていますが、そもそもなぜYouTubeを使った今のような形で活動しようと考えたのでしょう。

赤石 僕は2018年末に文春を離れてフリーになりました。やりたいテーマで好きに取材をして記事を書いたり、本を書く生活をしようと思ったのですが、それだけでは駄目だと思ったんです。書店に置くだけで売れる本というのはごく一部で、多くの本は知られないまま消えて行く。そこで何ができるのか? と考えたときにYouTubeなら新しい読者にアプローチできるのではないかと思ったんですね。業界の一員としてマーケットを広げる努力をしないといけない時代じゃないか、と。

甚野 始める前は、「しゃべるだけなら記事を書くより楽だな」なんてウェブメディアをナメてたところがあったんですが、こんな大変だとは思いませんでした(笑)。

赤石 今はこのチャンネルでいろいろな雑誌を取り上げて少しでも業界が活性化してほしいし、週刊誌報道の意義を伝えていけたらいいかと思っています。ゆくゆくはこのチャンネル発のスクープも出したいですね。

(構成/常松裕明)
(写真/宇佐美 亮)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2024年5月号

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ