サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【アイドル・西田藍】「学校制服超会議で制服トレンドを学ぶ」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【4】

【アイドル・西田藍】「学校制服超会議で制服トレンドを学ぶ」

+お気に入りに追加

――ミスiD2013の文芸アイドルが業深き"制服愛"を語り倒す!

1407_ccc_01.jpg

 5月31日に東京は神保町で開催された「学校制服超会議」に行ってきました! 冷たい視線を浴びがちな制服好き、しかしいまや世界の女子をリードするガールズファッション、その魅力を存分に語ろうという趣旨のトークイベントです。学生服割引があったので、私はセーラー服を着て行きました。私は日頃リボンの結び方にうるさいので、「へんな形で外に出るわけにはいかないぞ」と、リボンを結わうのに30分かけました。成人してもガンガン着るもん。

 パネリストは、前回も言及した『東京女子高制服図鑑』(弓立社)などの著作がある森伸之さん。カスタム制服の火付け役、制服ショップ「CONOMi」代表の相浦孝行さん。服飾研究家の口枷屋モイラさん。日本女子大家政学部被服科、長野愛樹さん。男女比率は半々。私を含め、制服を着ていた人は3割ほどいて、どこの制服かなって、ちらちら意識。いつもは制服の子を見ちゃうのにちょっと罪悪感があるけれど、ここではみんな制服に興味がある人なんだし、としっかり見ちゃいました(ごめんなさい)。

 大妻女子中高の卒業生の方が、制服のモデル&トークをされていて、厳しい校則の網の目をかいくぐろうとする生徒たちは、まさに女子高生のイメージ通りで、私もなんだか温かい気持ちに。正装が黒タイツ、というのもおしゃれ。しかし、黒タイツを履きたくないという生徒もいたそう。えー、もったいなーい!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ