サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【西田藍】引きこもりの私は、ある日制服に恋をした
連載
【アイドル】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論

【アイドル・西田藍】「引きこもりの私は、ある日制服に恋をした」

+お気に入りに追加

――ミスiD2013の文芸アイドルが業深き"制服愛"を語り倒す!

1404_CCC_01.jpg
鬱屈した中学生時代の私を制服コスプレで再現してみました。地味なオタク……。

 私はアイドル。ミスiD2013というオーディションに応募したのは、高校を中退して引きこもっている間、ちょっとずつ揃えた学生制服を着て、父に写真を撮ってもらう、こっそりとした趣味を初めて数年後。その写真や、制服の研究、読書の趣味、吾妻ひでおの大ファン、日米ハーフの派手顔と過去のギャップなどが注目されたのか、準グランプリに滑り込み、エッセイや書評を中心に活動、現在は、恐れ多くも文芸アイドルと名乗っている22歳。グラビアアイドルの仲村みうが憧れ。深く愛するものは、女子学生服。制服! 

 今まで、制服は着たことはあったけど、不満が芽生えたのは中学生のとき。福岡市指定の制服は、重いし野暮ったい。しかも夏服なんてださい水色のジャンパースカート。本当に浜崎あゆみも椎名林檎もこれを着て通学してたのか。これが、あこがれの中学生……落胆は大きかった。ここまではよくある愚痴。

 そこから踏み出すきっかけになったのは、中学入学と同時に、親に入れられたモデル事務所での初仕事。博多女子中学という、私立中学のパンフレット撮影でした。県内でも可愛い制服だと有名な学校。初めて着たそれは、あまりにも可愛かった!!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

連載