> NHKの検索結果

NHK の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

松嶋菜々子が『なつぞら』で主役気取り? 取り巻きの数で主演・広瀬すずを圧倒中!

――  かつては引き連れる“取り巻き”の数がそのままタレントのステータスを表すという風潮があったが、あの女優もそれを意識しているのだろうか。  広瀬すずがヒロインを務めるNHK朝ドラ『なつぞら』第1週の平...

松嶋菜々子が『なつぞら』で主役気取り? 取り巻きの数で主演・広瀬すずを圧倒中!
新着
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『なつぞら』広瀬すずが鈴木杏樹を激怒させた禁断の一言って!?

――  女優・広瀬すずがヒロインを務めるNHK朝ドラ『なつぞら』第1週の平均視聴率が22.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。過去5年の朝ドラでトップという好スタートを切った。

『なつぞら』広瀬すずが鈴木杏樹を激怒させた禁断の一言って!?
新着
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

新井浩文“強制性交逮捕”で、NHKが堂々と損害賠償を公言した「意外な理由」

――  NHKの上田良一会長が7日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、俳優、新井浩文容疑者が強制性交の疑いで逮捕されたことを受け、新井容疑者の出演10番組が有料動画配信サービス「NHKオンデマンド」で新規販...

新井浩文“強制性交逮捕”で、NHKが堂々と損害賠償を公言した「意外な理由」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

内村光良、3年連続『紅白』司会にNHKが用意したバーターとは?

――  NHKが用意した手土産は? 昨年の大みそかの『NHK紅白歌合戦』で2年連続総合司会を務めた内村光良だが、早くも「3年連続」が当確となったようだ。

内村光良、3年連続『紅白』司会にNHKが用意したバーターとは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NHK・桑子真帆アナ、3月退社で「タモリの事務所入り」は既定路線か?

――  大みそかの『紅白歌合戦』で2年連続となる総合司会を務めるNHKの桑子真帆アナウンサーに、「3月フリー転身説」が浮上している。  桑子アナといえば『ブラタモリ』の3代目アシスタントに抜擢されるや、タ...

NHK・桑子真帆アナ、3月退社で「タモリの事務所入り」は既定路線か?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

戸田恵梨香、NHK朝ドラ『スカーレット』主演へ “リスク高め”新人女優は今回も敬遠か

――  NHKが3日、2019年後期の連続テレビ小説が『スカーレット』に決まり、女優の戸田恵梨香がヒロインを務めることをスポーツ紙などが報じた。各紙によると、同ドラマは高度経済成長期の滋賀県の焼き物の里・信...

戸田恵梨香、NHK朝ドラ『スカーレット』主演へ “リスク高め”新人女優は今回も敬遠か
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NHK『紅白歌合戦』司会、広瀬すず以上の“超サプライズ候補”とは?

――  この時期になると持ち上がるのが、大みそかに放送されるNHK『紅白歌合戦』の司会や出演者のさや当てだ。  昨年は安室奈美恵の登場で盛り上がったが、今年は例年以上の“目玉不足”。華のある出演者が少ない...

NHK『紅白歌合戦』司会、広瀬すず以上の“超サプライズ候補”とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

北川悦吏子先生大暴走!『半分、青い。』永野芽郁の出産回で視聴者が“興ざめ”したワケ

――  良くも悪くも、これほど脚本家が話題になったNHK朝ドラはなかったのではないか?  7月28日に放送された永野芽郁主演のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』第102話の平均視聴率が22.8%(ビデオ...

北川悦吏子先生大暴走!『半分、青い。』永野芽郁の出産回で視聴者が“興ざめ”したワケ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

DA PUMP、早くも「紅白」出演内定! 指原莉乃、オリラジ中田も“ドハマリ”のダサかっこよさ

――  DA PUMPが3年8カ月ぶりにリリースしたシングル「U.S.A.」が大ヒットとなっている。  同曲はユーロビートサウンドを現代風にアレンジした楽曲。DA PUMPといえば、オジサン世代にとっては...

DA PUMP、早くも「紅白」出演内定! 指原莉乃、オリラジ中田も“ドハマリ”のダサかっこよさ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NHKのサッカーW杯キャスター佐藤美希に「降板コール」噴出! その“流れ弾”が小柳ルミ子に……

――  NHKが6月19日に生中継したサッカーW杯の「日本対コロンビア」の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の平均視聴率が48.7%を記録した。瞬間最高視聴率はなんと55.4%。NHKも、さ...

NHKのサッカーW杯キャスター佐藤美希に「降板コール」噴出! その“流れ弾”が小柳ルミ子に……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

有働由美子の『NEWS ZERO』キャスター就任は、マツコ・デラックスの助言だった?

―― “ジャーナリスト”としてのデビュー戦が決まった。6日、日本テレビが、10月より夜の報道番組『NEWS ZERO』のキャスターに元NHKアナウンサーの有働由美子を起用すると発表した。

有働由美子の『NEWS ZERO』キャスター就任は、マツコ・デラックスの助言だった?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

有働由美子は日テレが独占!? 池上彰の差し替え検討も…一方“2億円オファー”断られたフジテレビ

――  3月末にNHKを退局した有働由美子が、5月29日放送の『マツコ、昨日死んだってよ。』(テレビ東京系)にナレーターとして民放初登場するという。さらには、6月2日に日本テレビ系で放送される『開局65年記...

有働由美子は日テレが独占!? 池上彰の差し替え検討も…一方“2億円オファー”断られたフジテレビ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『Rの法則』打ち切り賠償金は3000万? NHKの対応に批判も“癒着関係”は変化なし

――  TOKIOの山口達也が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことで、ジャニーズ事務所との契約が解除された。それを受け、NHKは山口がMCを務めていた『Rの法則』(NHK Eテレ)の打ち切りを発...

『Rの法則』打ち切り賠償金は3000万? NHKの対応に批判も“癒着関係”は変化なし
ニュース
【premium限定ニュース】

三浦大知か? AAAか? 乃木坂か? レコード大賞の行方と、安室奈美恵の出演交渉が難航する紅白歌合戦の裏事情

―― 近年はCD不況の影響もあってか年を経るごとにヒット曲に恵まれなくなっている音楽業界だが、2017年は特に悲惨な状況で、今月にはTBSが50回の節目を迎える『日本有線大賞』の放送を今年で打ち切ることを発...

三浦大知か? AAAか? 乃木坂か? レコード大賞の行方と、安室奈美恵の出演交渉が難航する紅白歌合戦の裏事情
ニュース
【premium限定ニュース】

日テレ上重アナなんかには構ってられない!?【宮根誠司】が本当に引き抜きたい3人の大物とは?

―― 今、民放各局の上層部や芸能プロダクション幹部たちは“ヘッドハンター”宮根誠司に戦々恐々としているという。芸能プロ関係者が明かす。

日テレ上重アナなんかには構ってられない!?【宮根誠司】が本当に引き抜きたい3人の大物とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

「紅白」を外され落胆の有働由美子アナを“あの男”が狙い撃ち!?

―― NHKの有働由美子アナ獲得に“あの男”が動き出す?

「紅白」を外され落胆の有働由美子アナを“あの男”が狙い撃ち!?
ニュース
芸能界の最重要人物といわれる“2人のドン”の因縁

SMAP解散から紅白を結ぶ点と線…レコ大1億円買収と紅白の大物歌手落選と芸能界のドンの凋落

―― 年末の音楽の祭典『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が去る11月24日に発表された。宇多田ヒカルやKinKi Kidsら10組が初出場、また世界的に「PPAP」がブレイクしたピコ太郎は、企画枠での初出場とな...

SMAP解散から紅白を結ぶ点と線…レコ大1億円買収と紅白の大物歌手落選と芸能界のドンの凋落
ニュース
NHKの誤報がジビエ業界にも波紋

NHK『あさイチ』危険肉報道問題から見るジビエ闇肉の光と影

―― 9月27日放送のNHK情報番組『あさイチ』で紹介された西表島の「イノシシの刺身」。保健所は生肉の販売を認めていないにもかかわらず、番組内で「保健所が申請を受け付けた店舗では提供が可能」などと事実無根の...

NHK『あさイチ』危険肉報道問題から見るジビエ闇肉の光と影
ニュース
【premium限定ニュース】

「週刊文春」「週刊新潮」が同時スクープしたNHK女子アナ愛人クラブ報道の裏側

―― 「週刊文春」、「週刊新潮」がスクープしたNHK室蘭放送局の現役女子アナが愛人クラブに登録していた騒動だが、どうも様子がおかしい。NHKというブランドはあるものの、マイナー地方局の名もなき女子アナについ...

「週刊文春」「週刊新潮」が同時スクープしたNHK女子アナ愛人クラブ報道の裏側
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.50

『トットてれび』テレビドラマの死への祝福と哀しみを込めて──『あまちゃん』演出家が送るレクイエム

―― 戦後にNHKの専属女優としてデビューした黒柳徹子の半生と、彼女がテレビの草創期に出会った名優・渥美清や森繁久彌、そして脚本家・向田邦子らとの物語を描き出した本作は、ドラマファンから熱心な支持を集めた。...

『トットてれび』テレビドラマの死への祝福と哀しみを込めて──『あまちゃん』演出家が送るレクイエム
ニュース
【premium限定ニュース】

大トリ聖子もAKBのサプライズもマンネリ化!NHK紅白歌合戦・歴代最低視聴率、戦犯は一体ダレだ!?

―― 昨年の大晦日に放送された『NHK紅白歌合戦』の視聴率が発表され、業界関係者たちがざわついている。というのも、関東地区で記録した第2部の平均視聴率39・2%が、平成元年以降の歴代視聴率の中でも最低の数字...

大トリ聖子もAKBのサプライズもマンネリ化!NHK紅白歌合戦・歴代最低視聴率、戦犯は一体ダレだ!?
ニュース
高山真が読む今月のサイゾー/オトコとオンナの裏の裏【4】

優勝は…羽生結弦!? 嵐、三代目JSB、Sexy Zone、AKB、和田アキ子、紅白歌合戦をがっつりレビュー!

―― サイゾーはじめ、さまざまなメディアでオンエア前から話題になっていた紅白歌合戦。なんだかんだ言っても国民の4割ほどの人間が見ている番組です。「じゃあ実際のとこ、本番はどうだったのか」ということにふれない...

優勝は…羽生結弦!? 嵐、三代目JSB、Sexy Zone、AKB、和田アキ子、紅白歌合戦をがっつりレビュー!
ニュース
NHKもタジタジ?

連ドラ11年ぶり出演もやっぱりショーケン暴走で新人俳優が降板!?

―― 俳優のショーケンこと萩原健一が、来年1月からスタートするNHK BSプレミアムの連続ドラマ『鴨川食堂』に出演することが発表されたのが今年9月。ショーケンにとっては、テレビドラマの出演自体が11年ぶり。...

連ドラ11年ぶり出演もやっぱりショーケン暴走で新人俳優が降板!?
第1特集
業界別で見る"要注目企業"の経営状況【3】

【メディア業界】売り上げ減&広告減!ダブルパンチでKO寸前!?

――  テレビ離れが叫ばれて久しい。総務省の「平成25年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、テレビのリアルタイム視聴時間(平日)は60代は257・0分、50代で176・7分である。

【メディア業界】売り上げ減&広告減!ダブルパンチでKO寸前!?
ニュース
三井物産時代から評判は最悪!?

失言NHK籾井会長天下り時代の評判と財界人事のウラ側

―― 失言を連発し、多くのメディアから大バッシングを浴び続けているNHKの籾井勝人会長。どうしても安倍首相との近さや日本の右傾化の文脈でのみ語られがちな彼の舌禍だが、そもそも三井物産の副社長時代、そしてそこ...

失言NHK籾井会長天下り時代の評判と財界人事のウラ側
第2特集
イケメン男子アナの実力【6】

“イケメンアナ”元当事者・堀潤から後輩たちへ「アイドルだからできることとテレビマンとしてすべきこと」

――  各局がそれぞれにルックスとタレント性を兼ね備えた男性アナウンサーを育てていることは、ここまで見てきた通りだ。では当の若手アナウンサーはそうした風潮をどう捉えているのだろうか? 今春までNHKに在籍し...

“イケメンアナ”元当事者・堀潤から後輩たちへ「アイドルだからできることとテレビマンとしてすべきこと」
第1特集
【premium限定ロングVer.】芸能界のトップと暴力団の攻防【1】

モー娘。の肉弾接待は本当にあったのか? 芸能界のドンを撃つ大物組長の独占告白!

――  今年9月、「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、話題となった『NHKプロデューサーの肉弾接待』と『みのもんたの黒い交際』をめぐる2本の記事。それは、あるHPに記された“事件”が発端だったのだ――。

モー娘。の肉弾接待は本当にあったのか?  芸能界のドンを撃つ大物組長の独占告白!
第1特集
経済効果500億円超えの『龍馬伝』に続け【2】

伊能忠敬役は堺雅人で決定!? 次の「大河」の主役は誰だ? 勝手にキャスティング!

―― ──2014年の大河ドラマはV6岡田准一主演の『軍師官兵衛』に決定しているが、ではその次の大河ドラマは…?ここでは勝手に今後の大河ドラマの題材と主演を選定してみた!

伊能忠敬役は堺雅人で決定!? 次の「大河」の主役は誰だ? 勝手にキャスティング!
第1特集
経済効果500億円超えの『龍馬伝』に続け【1】

地方自治体の夢は日曜夜ひらく!? 「大河ドラマ」誘致合戦の実情

―― ──「我が町をNHK大河ドラマの舞台に!」。以前にも増して、全国各地でそうした誘致活動が活発化している。地方都市の衰退が懸念されるなか、大河ドラマで町おこしをして経済活性化をねらっているのである。はた...

地方自治体の夢は日曜夜ひらく!? 「大河ドラマ」誘致合戦の実情
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

NHKの会長会見で見事にスルーされたプロデューサーへの“肉弾接待”疑惑

――  今月5日発売の「週刊文春」(文芸春秋)9月12日号で、NHKの大河ドラマ「八重の桜」を担当するプロデューサーが芸能界のドンことバーニングプロの周防郁雄社長から再三にわたって接待を受け、アイドルグルー...

NHKの会長会見で見事にスルーされたプロデューサーへの“肉弾接待”疑惑
第1特集
NHK人気朝ドラに散りばめられた業界の禁忌【2】

【テレビ業界関係者座談会】罵詈雑言か筆削褒貶かタブーなき『あまちゃん』批判

―― 「能年ちゃんかわいい!」「クドカンの脚本見事!」「暗にAKB48批判を展開し…」「じぇじぇじぇ!」……うるせーっ! あまりの人気ぶりに批判することさえ許されない空気のある『あまちゃん』。だが、本当に誰...

【テレビ業界関係者座談会】罵詈雑言か筆削褒貶かタブーなき『あまちゃん』批判
第1特集
NHK人気朝ドラに散りばめられた業界の禁忌【1】

芸能界のドンも驚くネタの数々…国民的ドラマ『あまちゃん』が踏み込んだ芸能界タブー

――  連日20%を越える、国民的ブームとなったNHK朝の連ドラ『あまちゃん』。だが、一方では、芸能界を舞台としたストーリーの中に、数々のタブー破りがぶちかまされているとして、業界では冷や汗混じりで鑑賞され...

芸能界のドンも驚くネタの数々…国民的ドラマ『あまちゃん』が踏み込んだ芸能界タブー
第1特集
【premium限定ロングVer.】元・SKE48が見る『あまちゃん』のリアルさ

【元SKE48・山下もえ】が『あまちゃん』を分析!『秋元先生のパロディが面白い』

―― ──NHKの訓覇圭プロデューサーが「特定のアイドルグループは想像していない」と、『あまちゃん』で描かれる「GMT47」と「AKB48」の関係性を否定したものの、やはり、その設定は類似し過ぎているように...

【元SKE48・山下もえ】が『あまちゃん』を分析!『秋元先生のパロディが面白い』
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【2】

視聴率ジリ貧で有名枠もいいかげん頭打ち!? 月~日まで各局全ドラマ枠一覧!

―― ──ここでは各局の全ドラマ枠の傾向と今期の注目ドラマを見てみよう!

視聴率ジリ貧で有名枠もいいかげん頭打ち!? 月~日まで各局全ドラマ枠一覧!
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【1】

『半沢直樹』大ヒットは枠を見れば当然!? 各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏

――  2013年の夏、テレビドラマをめぐる状況はまさに劇的だった。終盤に向かうNHK朝ドラ『あまちゃん』の盛り上がりは凄まじく、TBS『半沢直樹』は9月1日放送回の視聴率が30%を超えた。改めて注目を浴び...

『半沢直樹』大ヒットは枠を見れば当然!? 各局
ニュース
その舞台裏もじぇじぇじぇ!!!

『あまちゃん』人気の裏で仕組まれた芸能界大人たちの目論見

――  『半沢直樹』(TBS)や『Woman』(日テレ)、『DOCTORS2』(テレ朝)など、話題作揃いとなった今クールのドラマ。なかでも、ひと際異彩を放っているのがNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』だ...

『あまちゃん』人気の裏で仕組まれた芸能界大人たちの目論見
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

『あまちゃん』で再ブレイクの小泉今日子に見るアイドルがアイドルで終わらない方法

――  NHKの朝ドラ『あまちゃん』が快進撃を続けている。ヒットするドラマには必ず名脇役がいるものだが、『あまちゃん』では、中でも小泉今日子の存在が、ヒットの大きな要因になっている。すでに46歳になる小泉だ...

『あまちゃん』で再ブレイクの小泉今日子に見るアイドルがアイドルで終わらない方法
第1特集
カラオケ番組と化した歌番組没落とテレビ局の打算【2】

プロデューサーとの力関係ですべてが決定!?主要12音楽番組“利権とバーター”の実態

―― ──テレビ局は関連会社に音楽出版社を持つことが多く、レコード会社から音楽出版権収入の何割かを譲ってもらう代わりにアーティストを音楽番組に出演させて……という利権構造が存在することは半ば常識。そんな音楽...

プロデューサーとの力関係ですべてが決定!?主要12音楽番組“利権とバーター”の実態
第1特集
カラオケ番組と化した歌番組没落とテレビ局の打算【1】

かつての名番組はなぜ衰退したのか? 生かすも殺すも金次第歌番組が消えるワケ

―― ──かつてはゴールデンで放映され、安定した視聴率を獲得していた歌番組。だが、それも現在では深夜枠に追いやられている。この不毛なジャンルはどこに向かうのだろうか?

かつての名番組はなぜ衰退したのか? 生かすも殺すも金次第歌番組が消えるワケ
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

離婚危機のミッチーが「ふざけんな!」夫・赤西仁の謹慎中に評価がガタ落ちした黒木メイサ

――  NHK大河ドラマ「八重の桜」の収録現場で女優の黒木メイサが俳優の及川光博を激怒させていたことを「週刊現代」(講談社)の7月6日号が報じている。 同作にメイサは綾瀬はるか演じる主人公のライバルである薙...

離婚危機のミッチーが「ふざけんな!」夫・赤西仁の謹慎中に評価がガタ落ちした黒木メイサ
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

スキャンダル一発で降板も! ミニスカ封印で早くも日テレ上層部の期待を裏切った山岸舞彩

―― キャスターを担当していたNHKのスポーツ番組では毎回ミニスカートから美脚をのぞかせ男性視聴者を悩殺していた山岸舞彩だが、4月1日からは日本テレビの情報番組「NEWS ZERO」のキャスターに“移籍”し...

スキャンダル一発で降板も! ミニスカ封印で早くも日テレ上層部の期待を裏切った山岸舞彩
第2特集
NHK大河の闇【6】

腐女子社会学者・金田淳子が萌え狂ったBLカップリング多発しまくりの『平清盛』

―― 12年に放送された『平清盛』は、一般には視聴率が低くとも、ドラマファンからは人気が高かったといわれている。が、実はもうひとつ、『清盛』が虜にした層があるのだ。それは、腐女子層。『清盛』にハマった社会学...

腐女子社会学者・金田淳子が萌え狂ったBLカップリング多発しまくりの『平清盛』
第2特集
NHK大河の闇【5】

「史実と違う」でちょっとウンザリ!? 『平清盛』歴史考証の学者が泣いた学者仲間からの"悲しい批判"

―― 批判も多かった12 年『平清盛』の歴史考証を担当した東大教授の歴史学者・本郷和人氏に、「歴史考証家の役割とはなんなのか」について話を聞いた。彼が感じた、NHKスタッフの仕事ぶりとは?

「史実と違う」でちょっとウンザリ!? 『平清盛』歴史考証の学者が泣いた学者仲間からの
第2特集
NHK大河の闇【3】

「原稿料だって国会通してますから!」民放ドラマとはここが違う! 『龍馬伝』脚本家が語る大河の作り方

―― 『HERO』『海猿』シリーズ(共にフジテレビ系)といった、エンターテインメント色の強い作品で数々のヒット作を生み出してきた脚本家・福田靖氏。そんな彼が、2010年の大河ドラマ『龍馬伝』を手がけることに...

「原稿料だって国会通してますから!」民放ドラマとはここが違う! 『龍馬伝』脚本家が語る大河の作り方
第2特集
NHK大河の闇【1】

視聴率奪取の宿命を追った50年史 NHK大河ドラマを蝕む"作家主義"の弊害

―― ─ドラマファンには評価が高かったにもかかわらず、視聴率的には惨敗した2012年『平清盛』をはじめ、昨今視聴率低迷に悩むNHKの看板ドラマシリーズ「大河ドラマ」。50年の歴史を持つこの枠も、今岐路に立た...

視聴率奪取の宿命を追った50年史 NHK大河ドラマを蝕む
第2特集
NHK大河の闇【2】

大河のせいで倉本聰が北海道に移住!? 国民的ドラマに炸裂したスキャンダル列伝

―― 963年の『花の生涯』に始まり、13年の『八重の桜』まで、実に52作品を数える大河ドラマの歴代作品。リアルタイムでは観ていなくとも、伝説的作品として知っているものも少なくないだろう。むろんその中には、...

大河のせいで倉本聰が北海道に移住!? 国民的ドラマに炸裂したスキャンダル列伝
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第54回「紅白哀愁歌合戦」

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第54回「紅白哀愁歌合戦」
ニュース
五輪で儲かってボーナスが3桁に!?

民放各社が赤字転落した五輪放送でなぜか"電通"が一人勝ちした理由

―― 史上最多の38個というメダルを獲得し、8月12日に幕を閉じたロンドン五輪。その余韻も過ぎ去った9月21日、ある記事が報じられた。「ロンドン五輪、民放全体で初の赤字 放送権料高騰響く」これはロンドン五輪...

民放各社が赤字転落した五輪放送でなぜか
ニュース
日韓問題だけじゃない――紅白キャスティングの裏

KARA、少女時代はやっぱり落選!? 日本一早い! 紅白歌合戦出場予想

――  早いもので、今年も残すところわずか2カ月余り。音楽業界では、例年同様に暮れの祭典「NHK紅白歌合戦」の話題で持ちきりだ。「紅白」といえば、11年は10月に全国で施行された暴力団排除条例の影響により、...

KARA、少女時代はやっぱり落選!? 日本一早い! 紅白歌合戦出場予想
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』