サイゾーpremium  > 特集2  > 国民的ドラマに炸裂した【スキャンダル】列伝
第2特集
NHK大河の闇【2】

大河のせいで倉本聰が北海道に移住!? 国民的ドラマに炸裂したスキャンダル列伝

+お気に入りに追加

──1963年の『花の生涯』に始まり、13年の『八重の桜』まで、実に52作品を数える大河ドラマの歴代作品。リアルタイムでは観ていなくとも、伝説的作品として知っているものも少なくないだろう。むろんその中には、悪い意味での伝説も……。ここでは、50年に及ぶ大河ドラマの裏面史、すなわちスキャンダル列伝を総ざらい!

1302_nenpyou.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
出典:「NHK大河ドラマ大全」(NHK出版)※『江』『平清盛』のみビデオリサーチ調べ(関東地区)。
1302_dorama01.jpg

【1】演出家交代で和田勉緊急登板! 視聴率は大低迷
『竜馬がゆく』(68)
原作/司馬遼太郎 演出/辻本一朗→和田勉 脚本/水木洋子 
主演/北大路欣也

時代物では人気の司馬遼太郎原作だが、テンポの速い展開にしたい脚本家と、当初の演出家・辻本一朗の意見が折り合わず、制作上の齟齬を来たして辻本が途中降板。辻本が大阪出身であったために、東京のNHKスタッフと噛み合わなかったのも理由の一つとされる。結果、当時NHKのディレクターだった和田勉に交代したが、当初のゴタゴタが尾を引き、94年『花の乱』が更新するまで歴代大河最低視聴率(14.5%)と相成った。

1302_dorama02.jpg

【2】倉本聰、本作の失意が原因で北海道に移住!?
『勝海舟』(74)
原作/子母澤寛 演出/中山三雄ほか 脚本/倉本聰、中沢昭二 
主演/渡哲也→松方弘樹

主演・渡哲也の体調不良を見かねた倉本がNHKの上部に訴え、主役交代が決定。代役も、当時松方弘樹が所属していた東映の社長に直接倉本が交渉を行った。そうした経緯に加え、演出家が勝手に脚本修正を行うなどした為、ついに降板を決意。のちにこの件に関して週刊誌の取材に応じたところ、その見出しがNHKに対して攻撃的だったことから、倉本は局関係者につるし上げを食らう。同日のうちに北海道に行き、そのまま転居した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』