サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【芸能ニュース】宮根誠司が引き抜きたい3人の大物とは?
1702_miyane.jpg
テイクオフプロフィールページより

 今、民放各局の上層部や芸能プロダクション幹部たちは“ヘッドハンター”宮根誠司に戦々恐々としているという。芸能プロ関係者が明かす。

「宮根さんは芸能プロダクション『テイクオフ』に所属する看板タレントながら、自らも役員に名を連ねているため、事務所が潤えばその何%かを役員報酬として手にすることができる。宮根さんが元日本テレビの羽鳥慎一を口説き落とし、TBSの田中みな実を事務所入りさせたのもそれがあるからです。最近ではフリー転身を考えるアナウンサーは、まず宮根さんに相談する流れすらできあがっている。最近では6月に報道局への異動がささやかれている日テレの上重聡アナが所属を希望したそうですが、15年の無利息融資事件で彼のイメージは最悪ですから、けんもほろろに断られたのだとか」

 もっとも、今の宮根には商品価値の暴落した上重アナの“救済”に構っていられる余裕はないだろう。というのも、宮根にはどうしてもヘッドハントしたい“3人の大物”がいるからだ。

「宮根さんがそのうちの2人と最近こっそり会食していたという話があります。ひとりはTBSのエース・安住紳一郎アナと、『好きな男性アナ』5連覇中の日テレ・桝太一アナですよ。安住アナは43歳、桝アナは35歳と脂が乗っている時期。億を稼ごうと思ったら、フリー転身は早ければ早いほどいいですからね」(前出・芸能プロ関係者)

 さらに、宮根はNHKの有働由美子アナにも目をつけているという。

「遠距離恋愛していた年下彼氏と破局したという話もあり、司会大本命と言われた昨年の紅白でも出番はなし。47歳という年齢から先のことで悩んでいるという情報をキャッチし、引き抜きリスト入りしているようですね。この3人がテイクオフ入りしたら、引き抜かれた局は大打撃を受けるのは当然として、芸能界の勢力図すら一変しますから、宮根さんの動きから目が離せないというわけです」(前出・芸能プロ関係者)

 テレビ界に「宮根王国」が誕生したとき、彼の懐にはいったいいくら入るのだろうか。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』