サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 次の【「大河」の主役】は誰だ? 勝手にキャスティング!
第1特集
経済効果500億円超えの『龍馬伝』に続け【2】

伊能忠敬役は堺雅人で決定!? 次の「大河」の主役は誰だ? 勝手にキャスティング!

+お気に入りに追加

──2014年の大河ドラマはV6岡田准一主演の『軍師官兵衛』に決定しているが、ではその次の大河ドラマは…?ここでは勝手に今後の大河ドラマの題材と主演を選定してみた!

1310_taiga_01.jpg
(絵/藤本康生)

■オレは下克上だけの男じゃない
明智光秀
【予想キャスト】渡辺 謙
[キャスティング理由]
独眼竜政宗を演じた渡辺がハリウッドの演技力をNHKで披露!
[誘致自治体]
長岡京市をはじめとする京都府内の市町
[人物]
戦国時代~安土桃山時代にかけての武将。1582年、「本能寺の変」で織田信長を死に追いやった“下克上”の代名詞的存在。「山崎の合戦」で羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に敗れた。明智光秀の娘・玉は、細川忠興の正室となるが、「本能寺の変」をきっかけに「逆臣の娘」となり、以降、厳しい監視下に置かれる。

1310_taiga_02.jpg
(絵/藤本康生)

■諸国漫遊なんてしてません!
水戸光圀
【予想キャスト】えなりかずき
[キャスティングの理由]
『渡る世間は鬼ばかり』(TBS)なき今、えなりクンに役者の仕事を!
[誘致自治体]
茨城県水戸市
[人物]
第2代水戸藩主。明の儒学者の朱舜水を招き、教えを受けるなど儒学を重んじた。江戸藩邸に彰考館を建て、『大日本史』の編纂に着手、水戸学の礎を築く。「水戸黄門」として知られ、世直しのために光圀が日本を漫遊する(実際にはそうした史実はない)『水戸黄門』(TBS)でお茶の間の人気者に。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』