サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【premium限定】山岸舞彩ミニスカ封印で視聴率ガタ落ち?
1305_az_yamagishi.jpg
『山岸舞彩 2013カレンダー』

 キャスターを担当していたNHKのスポーツ番組では毎回ミニスカートから美脚をのぞかせ男性視聴者を悩殺していた山岸舞彩だが、4月1日からは日本テレビの情報番組「NEWS ZERO」のキャスターに“移籍”した。

「山岸は昨年、並み居るNHKの女子アナを差し置いてロンドン五輪のキャスターに抜擢されたことで、NHK局内での風当たりが強くなったため、民放キー局に新たな活躍の場を求めていた。そこに、日テレの上層部が『ZERO』の視聴率アップのために起爆剤として山岸に白羽の矢を立て、上層部直々のオファーで起用されることが決まった」(テレビ関係者)

 3月25日に行われた「ZERO」のキャスターお披露目会見に登場した山岸はNHK時代のド派手な茶髪の巻き髪から、カラーリングを抑えたストレートヘアにチェンジしてイメージを一新。さらに、NHKでの出演時にトレードマークだったミニスカについて報道陣から聞かれると、「(履く)予定はありません。今後は、膝くらいですね」と“封印”を宣言。あくまでも、キャスターとしての力量で勝負する決意をにじませていたが、どうやら、ミニスカなしでは視聴者は食いつかなかったようだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』