サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 徹底解剖!【地上波ドラマ】「枠」で見る局の狙いと動向
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【1】

『半沢直樹』大ヒットは枠を見れば当然!? 各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏

+お気に入りに追加
1310_tobira.jpg

 2013年の夏、テレビドラマをめぐる状況はまさに劇的だった。終盤に向かうNHK朝ドラ『あまちゃん』の盛り上がりは凄まじく、TBS『半沢直樹』は9月1日放送回の視聴率が30%を超えた。改めて注目を浴びるテレビドラマだが、ご存じの通り、放送にあたって各局は“枠”がある。本稿では、地上波の夜帯全ドラマ枠の並びから、それぞれの位置付けや、力の入れ具合などを探り、そこから見えてくる各局の意図や傾向を探る。

 まずは枠といえばここ! の「月9」を擁するフジテレビ。火曜のプライムに他の民放局はドラマを放送していないが、フジは「火9」「火10」と2枠を用意。金曜と日曜を除く全曜日でドラマを放送している。『踊る大捜査線』の特大ヒットによってドラマの映画化というビジネスモデルも確立し、地上波局の中では最もドラマに力を入れていることがわかる。

 TBSの看板枠は、やはり『半沢直樹』の「日曜劇場」。00年代以降では、民放連続ドラマ最高視聴率歴代2位の『ビューティフルライフ』(00年/41.3%)はじめ、『GOOD LUCK!!』(03年/37.6%)、『オヤジぃ。』(00年/28.0%)、『砂の器』(04年/26.3%)など、ヒット作は多い。かつては「報道のTBS」とも言われたが、後述の深夜枠含め、ドラマでも奮闘ぶりを見せている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』