サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 徹底解剖!【地上波ドラマ】「枠」で見る局の狙いと動向
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【1】

『半沢直樹』大ヒットは枠を見れば当然!? 各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏

+お気に入りに追加
1310_tobira.jpg

 2013年の夏、テレビドラマをめぐる状況はまさに劇的だった。終盤に向かうNHK朝ドラ『あまちゃん』の盛り上がりは凄まじく、TBS『半沢直樹』は9月1日放送回の視聴率が30%を超えた。改めて注目を浴びるテレビドラマだが、ご存じの通り、放送にあたって各局は“枠”がある。本稿では、地上波の夜帯全ドラマ枠の並びから、それぞれの位置付けや、力の入れ具合などを探り、そこから見えてくる各局の意図や傾向を探る。

 まずは枠といえばここ! の「月9」を擁するフジテレビ。火曜のプライムに他の民放局はドラマを放送していないが、フジは「火9」「火10」と2枠を用意。金曜と日曜を除く全曜日でドラマを放送している。『踊る大捜査線』の特大ヒットによってドラマの映画化というビジネスモデルも確立し、地上波局の中では最もドラマに力を入れていることがわかる。

 TBSの看板枠は、やはり『半沢直樹』の「日曜劇場」。00年代以降では、民放連続ドラマ最高視聴率歴代2位の『ビューティフルライフ』(00年/41.3%)はじめ、『GOOD LUCK!!』(03年/37.6%)、『オヤジぃ。』(00年/28.0%)、『砂の器』(04年/26.3%)など、ヒット作は多い。かつては「報道のTBS」とも言われたが、後述の深夜枠含め、ドラマでも奮闘ぶりを見せている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報