サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 12年ぶりドラマ復帰の【ショーケン】が大暴れ
ニュース
NHKもタジタジ?

連ドラ11年ぶり出演もやっぱりショーケン暴走で新人俳優が降板!?

+お気に入りに追加

『鴨川食堂』

京都・東本願寺近くにある食堂を舞台に、客の様々な悩みを聞き、それをもとに料理人が、思い出の料理を再現するという物語。実際に京都にあるお店が、名前などをぼかして出ている。深夜に読むとお腹がすいてくるので、「めしテロ小説」と一部から呼ばれている。今回のドラマも夜10時からなので、「めしテロ」ドラマとなりそうだ。

1601_NS_01.jpg
春日太一著の『あかんやつら』にも詳しい東映京都撮影所。通称、太秦。

 俳優のショーケンこと萩原健一が、来年1月からスタートするNHK BSプレミアムの連続ドラマ『鴨川食堂』に出演することが発表されたのが今年9月。ショーケンにとっては、テレビドラマの出演自体が11年ぶり。NHKドラマだと、02年の大河ドラマ『利家とまつ』に出演して以来、実に14年ぶりとなった。

 そのほかのキャストには、連ドラ初主演となる忽那汐里ほか、岩下志麻や吉沢悠など、民放のドラマとは、一味違ったラインナップだと一部で話題になった。

 しかし、この発表を見るにつけ、芸能関係者の間からは「本当に大丈夫か?」と囁かれていた。というのも、ショーケンといえば、芸能界の問題児としても有名な人物。1970年代に爆発的な人気を誇り、その後も国内の映画賞で俳優賞を受賞する一方で、83年に大麻取締法違反で逮捕されたり、その後も交通事故を起こして業務上過失致傷罪や、恐喝未遂事件で逮捕されるなどしてきた。結果、彼をドラマや映画に起用しても、何かしら事件や事故が起こり、撮影スケジュールはめちゃくちゃに。また、それでなくても共演者と揉めごとを起こすなどし、彼との共演を拒否する芸能事務所もあるという。ある芸能記者は語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ