サイゾーpremium  > 特集2  > 【『平清盛』歴史考証家】が泣いた「学者仲間からの批判」

──批判も多かった12年『平清盛』の歴史考証を担当した東大教授の歴史学者・本郷和人氏に、「歴史考証家の役割とはなんなのか」について話を聞いた。彼が感じた、NHKスタッフの仕事ぶりとは? そして、「低視聴率に対する忸怩たる思い」とは?

1302_hongou_prof.jpg
本郷和人氏。

 私が担当させていただいた「時代考証」ですが、実際にはどういうことをやっていたのか。

 まず、「白本」と呼ばれる第一段階の脚本を読みます。そして、史実とかけ離れている点があれば、担当ディレクターにメールや電話で意見を伝える。基本的にはこれがすべてです。その意見を番組サイドや脚本の藤本有紀さんが反映させるかどうかは、向こう次第ですしね。

 ただ、実際に私が何をどこまで、どういうふうに番組スタッフに伝えていけばいいのかは、仕事をやりながらつかんでいくしかなかった。だから、最初のほうはすごく悩みました。それで、ツイッターでちょっといろいろつぶやいちゃったりして、怒られたりもしたんですが(笑)。

 特に冒頭部で研究者として不満だったのは、白河法皇の面前で、清盛の“母”が矢で射殺される場面。“血のケガレ”を忌み嫌う朝廷でそのような行為が成されるなんて、あり得ないわけですよ。ドラマ上の“演出”としてはいたしかたないと、納得はしましたが。

 でも、やり取りを重ねる中で、NHKのディレクターが上手に間に入ってくれて、藤本さんともうまく橋渡しをしてくれるようになった。だからそれ以降は、番組サイドに対しての不満なんていうのはなかったです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』