サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 紅白の大物歌手落選と【芸能界のドンの凋落】
ニュース
芸能界の最重要人物といわれる“2人のドン”の因縁

SMAP解散から紅白を結ぶ点と線…レコ大1億円買収と紅白の大物歌手落選と芸能界のドンの凋落

+お気に入りに追加

SMAP解散から紅白を結ぶ点と線

ここにきて、芸能メディアが騒がしい。その理由は、芸能界の最重要人物といわれる“2人のドン”の関係が芳しくないというものだ。「SMAP解散」「有吉弘行と夏目三久の熱愛騒動」「レコ大1億円買収」などで暗躍した彼らの間に、一体なにが起こったのだろうか? その概要をリポートする。

1701_NS02_230.jpg
紅白歌合戦の“功労者”にもかかわらず、今年は落選が決定した和田アキ子。

 年末の音楽の祭典『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が去る11月24日に発表された。宇多田ヒカルやKinKi Kidsら10組が初出場、また世界的に「PPAP」がブレイクしたピコ太郎は、企画枠での初出場となる。その一方で、歴代最多となる通算39回、30年連続出場中の和田アキ子をはじめ、伍代夏子や藤あや子ら演歌勢は落選、EXILEも姿を消した。スポーツ紙記者はこう明かす。

「初出場組の顔触れを見ると、『まあ、こんなものだろう』というのが業界内の大方の見方。常連組でいうと、EXILEはボーカルのATSUSHIが米国に拠点を移すことを発表し、ベテランパフォーマーのMAKIDAIやMATSU、ÜSAが卒業するなど、実質的な休業状態です。所属事務所のLDHとしても、三代目J Soul BrothersやGENERATIONSら若手グループの売り出しに力を入れてますからね。ただ、和田さんがバッサリと切られたのには驚きましたね」

 和田といえば、近年はヒット曲が出ていないことから、毎年の出場に疑問の声が上がっていた。だが、今年10月まで放送された朝ドラ『とと姉ちゃん』の主演が同じホリプロ所属の女優・高畑充希、2018年の大河ドラマ『西郷どん』の主演が、これまた同社所属の俳優・鈴木亮平ということもあり、「通算40回目の出場を決めて紅白卒業を発表するのでは」と目されていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』