サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 紅白の大物歌手落選と【芸能界のドンの凋落】
ニュース
芸能界の最重要人物といわれる“2人のドン”の因縁

SMAP解散から紅白を結ぶ点と線…レコ大1億円買収と紅白の大物歌手落選と芸能界のドンの凋落

+お気に入りに追加

SMAP解散から紅白を結ぶ点と線

ここにきて、芸能メディアが騒がしい。その理由は、芸能界の最重要人物といわれる“2人のドン”の関係が芳しくないというものだ。「SMAP解散」「有吉弘行と夏目三久の熱愛騒動」「レコ大1億円買収」などで暗躍した彼らの間に、一体なにが起こったのだろうか? その概要をリポートする。

1701_NS02_230.jpg
紅白歌合戦の“功労者”にもかかわらず、今年は落選が決定した和田アキ子。

 年末の音楽の祭典『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が去る11月24日に発表された。宇多田ヒカルやKinKi Kidsら10組が初出場、また世界的に「PPAP」がブレイクしたピコ太郎は、企画枠での初出場となる。その一方で、歴代最多となる通算39回、30年連続出場中の和田アキ子をはじめ、伍代夏子や藤あや子ら演歌勢は落選、EXILEも姿を消した。スポーツ紙記者はこう明かす。

「初出場組の顔触れを見ると、『まあ、こんなものだろう』というのが業界内の大方の見方。常連組でいうと、EXILEはボーカルのATSUSHIが米国に拠点を移すことを発表し、ベテランパフォーマーのMAKIDAIやMATSU、ÜSAが卒業するなど、実質的な休業状態です。所属事務所のLDHとしても、三代目J Soul BrothersやGENERATIONSら若手グループの売り出しに力を入れてますからね。ただ、和田さんがバッサリと切られたのには驚きましたね」

 和田といえば、近年はヒット曲が出ていないことから、毎年の出場に疑問の声が上がっていた。だが、今年10月まで放送された朝ドラ『とと姉ちゃん』の主演が同じホリプロ所属の女優・高畑充希、2018年の大河ドラマ『西郷どん』の主演が、これまた同社所属の俳優・鈴木亮平ということもあり、「通算40回目の出場を決めて紅白卒業を発表するのでは」と目されていた。

 というのも、北島三郎や森進一しかり、功労者には最後の花道を用意し、翌年から番組を離れるというのが慣例である。しかし、それすら用意されず、落選と相成った。

「NHKからすると、サプライズ出演を交渉しているSMAPが各メンバー別々の場所から中継でつなぐ形式でのメドレー歌唱になった場合に備え、SMAPの歌唱時間を確保しておくためにも、出場歌手数を減らしておきたいという意向もあるようです。とはいえ、いまだにSMAPの出演は確定していない。さりとて、ほかの歌手からすれば、そんな事情は知ったことではない。和田さんもホリプロも、さすがに今回の落選は寝耳に水だったようで、日本音楽事業者協会の会長を務めている堀義貴会長兼社長の面目も丸潰れ。父親で半ば隠居状態のホリプロ創業者・堀威夫さん自らNHKに直談判に行ったなんて噂もあります」(同記者)

 こうしたNHKの非情ぶりの背景には、くだんの“日本レコード大賞の買収騒動”が色濃く影響しているという。周知の通り、“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いる「バーニングプロダクション」が、三代目J Soul Brothersにレコード大賞を獲らせるためのプロモーション費用として、LDHに対し、1億円を求めた請求書の存在【1】を「週刊文春」が報じて注目を集めた。

1701_NS03_230.jpg
スペシャルゲストにタモリとマツコ・デラックスの出演が決定!

「請求書に記載された『年末のプロモーション業務委託費』の中には、レコ大だけでなく、紅白も含まれているのではないかという声もあります。ただ、LDHは請求書の存在に対して反論コメントを出したかったそうですが(記事では無回答)、周防社長からストップがかかったとか。ともあれ、昨今、コンプライアンスに敏感になっているNHKサイド、特に再選を狙っていた籾井勝人会長が一連の報道を気にして、各芸能プロの“窓口”になっていた周防社長排除の動きを、出場歌手発表直前に見せたようですね」(レコード会社スタッフ)

 この結果、現場も混乱したのか、例年は夕方に行われる出場歌手の発表会見が急遽日中に変更、報道各社も振り回されることになった。

MEMO『大物演歌歌手落選』
日本歌謡界の大物、和田アキ子が紅白歌合戦に落選した。芸能メディアはその意外性を伝えたが、背景には多くのしがらみがあったという。

 年の瀬に降って湧いた、音楽業界の二大祭典である紅白とレコ大の“騒動”。だがこれは、今年1年間を通じて繰り広げられた芸能界の“2大ドン”、周防社長と田辺エージェンシーの田邊昭知社長による抗争の一端というのが、業界内の見立てだという。

 これまでベールに包まれていたもうひとりの芸能界のドン、田邊社長の名前が最初にクローズアップされたのは今年1月のSMAP独立騒動だった。さんざん報じられたが、まずはここから見ていきたい。

 昨年、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長に「文春」の誌面上で“公開罵倒”された元SMAPチーフマネージャーの飯島三智氏が、同事務所を退社。当初は同事務所に残されたSMAPメンバーが飯島氏の後を追い、独立すると目されていた。その際、彼らをバックアップするといわれていたのが、タモリや堺雅人、永作博美らを擁する田辺エージェンシーの田邊社長だった。

 ところが、メンバーの木村拓哉が、妻で歌手の工藤静香の説得もあり、独立を翻意。「週刊新潮」のインタビュー取材を受けたメリー喜多川氏が田邊社長の存在を口にするなど、“牽制”することで、SMAP独立計画は、一度はご破算となった。

「工藤静香にキムタクを説得させたのが、周防社長だといわれています。周防社長とジャニーズ事務所といえば、郷ひろみや元光GENJIの諸星和己が独立した際、周防社長が暗躍したことでも知られ、ジャニーズとは対立していた時期もあった。ですがすでに和解しており、関係性も悪くない。芸能界の秩序を重んじる周防社長は独立騒動を毛嫌いしていることからも、ジャニーズ寄りの立場です」(芸能プロダクション関係者)

 その後8月、日刊スポーツが夏目三久アナとお笑い芸人の有吉弘行の熱愛&妊娠を報じた際も、夏目アナが田邊社長の大のお気に入りということで、その存在がクローズアップされた。

「ここでも周防社長の暗躍が噂されましたが、もちろん田邊社長もやられてばかりではありません。他スポーツ新聞や大手メディアにも後追い禁止令を発令、多くの芸能メディアが沈黙を貫きました」(同)

 有吉&夏目の騒動は、日刊スポーツが誤ちがあったことを認め、謝罪したことで収束。ただ、同時期に発表された紅白出場歌手では、バーニングの息がかかった演歌勢が落選するなど、周防社長の凋落ぶりが如実に表れた。だが、なぜここにきて2人のバトルが囁かれるようになったのだろうか?

「事の発端は今春、バーニングに国税の査察が入ったことです。それまで周防社長に従っていた業界の大物や傘下の芸能プロ社長らが、周防社長が逮捕されると早合点し、見切りを付けて田邊社長に近づいた。しかも、田邊社長と組んでIT関連企業を立ち上げ、株で大儲けした者もいた。実際、周防氏に近かった出版社社長は『俺たち田邊派だよな』と意味深なコメントをSNSに投下したことが話題になりましたが、こうしたことが周防社長の逆鱗に触れ、騒動が勃発してしまった」(前出のレコード会社スタッフ)

 スキャンダルで大ダメージを受けた周防社長だが、田邊社長もここにきて体調不良が噂されている。芸能界の世代交代が加速するのか、新たな勢力が台頭するのか、2017年も芸能界から目が離せない。

(編集部)

【1】1億円を求めた請求書の存在
レコ大受賞の見返りとしてLDHがバーニングに1億円支払ったと「週刊文春」で報じられ、その数日後、HIROはLDH社長の退任を発表した。これにより、さまざまな臆測や噂が芸能マスコミに流れるも、「退任は数カ月前から決まっていた」とLDH関係者は語るが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ