> ドラマの検索結果

ドラマ の検索結果

ニュース
【premium限定ニュース】

微妙なドラマの視聴率にあがく木村拓哉が現場で見せた意外な姿とは?

―― 鳴り物入りでスタートしたTBSドラマ『A LIFE~愛しき人~』だが、これまで視聴率は全て15%以下、3話は13%台に急落するなど、微妙な結果となっている。通常ドラマの数倍ともいえる予算をかけているだ...

微妙なドラマの視聴率にあがく木村拓哉が現場で見せた意外な姿とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

もう後がない“大股開き女優”香里奈――制作陣が「爆死でもまた起用したい」理由とは?

―― 1月26日に放送された香里奈主演ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)第3話の平均視聴率が6.6%を記録。初回8.1%、第2話6.6%からなんとか右肩下がりを食い止めた形だ。

もう後がない“大股開き女優”香里奈――制作陣が「爆死でもまた起用したい」理由とは?
ニュース
フジテレビの凋落は誰のせいなのか?

フジ月9に【西内まりや】直前キャスティングは亀山社長の“失政”!?

―― 2013年6月に、フジテレビの第9代代表取締役社長に就任した亀山千広氏。『踊る大捜査線』をヒットに導いたことなどの手腕を買われての就任だったが、氏の就任以降も、視聴率や広告収入という面では苦境続きの同...

フジ月9に【西内まりや】直前キャスティングは亀山社長の“失政”!?
ニュース
【premium限定ニュース】

2017年はアンジャッシュ児嶋が大ブレイクする? そのワケとは!?

―― 16年はピコ太郎が最後においしいところを全部持っていった感があるが、今年のお笑い界はあの男が大ブレイクすると言われている。あの男とは一体だれか?「ズバリ、アンジャッシュの児島一哉ですよ」

2017年はアンジャッシュ児嶋が大ブレイクする? そのワケとは!?
ニュース
【premium限定ニュース】

堺雅人は『真田丸』で疲労困憊? 『半沢直樹』の続編をあきらめたTBS、2017年も『逃げ恥』押しを決断か!?

―― 12月20日に放送された新垣結衣主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』最終回の平均世帯視聴率が20・8%を記録したことでTBSが2017年に続編のみならずスピンオフ、映画化まで検討を始めたという。

堺雅人は『真田丸』で疲労困憊? 『半沢直樹』の続編をあきらめたTBS、2017年も『逃げ恥』押しを決断か!?
ニュース
【premium限定ニュース】

スペシャルドラマ『女の勲章』に松嶋菜々子主演決定で業界騒然…オワコン松嶋菜々子を主演にするフジの末期的キャスティング能力

―― 2017年に放送されるスペシャルドラマ『女の勲章』(フジテレビ系)に松嶋菜々子が出演することが決定し、「ついに禁断の果実にまで手を出したか」と業界が騒然となっている。

スペシャルドラマ『女の勲章』に松嶋菜々子主演決定で業界騒然…オワコン松嶋菜々子を主演にするフジの末期的キャスティング能力
ニュース
高山真の「オトコとオンナとアイドルと」【19】

星野源は「子犬の目をした脅迫者」? 『逃げ恥』が描いた、普通の人々の「普通じゃない」美しさ

―― 「親子や兄弟姉妹ですら合わない部分があるのが当然なのだから、違う家庭で育ってきた者同士が合わない部分があるのは当たり前。そんな『当然』や『当たり前』を、『困る』とか『つらい』に変換するクセがついてしま...

星野源は「子犬の目をした脅迫者」? 『逃げ恥』が描いた、普通の人々の「普通じゃない」美しさ
ニュース
【premium限定ニュース】

最終回視聴率は7.8%、『IQ246』主演ドラマ爆死で織田裕二がTBSと絶縁!?

―― 地上波では3年ぶりの主演連続ドラマとして注目された織田裕二主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)。初回平均視聴率こそ13.1%とまずまずのスタートを切ったが、回を重ねるごとに低迷。最終...

最終回視聴率は7.8%、『IQ246』主演ドラマ爆死で織田裕二がTBSと絶縁!?
第1特集
現役医師がエンタメを鋭く診断【2】

現役医師は見た!神妙な場面が台無し!誤ったトホホな描写

―― こちらの記事で触れた通り、実は医療ドラマには「医療従事者から見ればリアリティを欠く描写」が見られるという。それはドラマのどのような場面に現れているのだろうか? 現役医師の話を軸に、海外医療ドラマとの...

現役医師は見た!神妙な場面が台無し!誤ったトホホな描写
第1特集
現役医師がエンタメを鋭く診断【1】

医療不信が『ドクターX』大門未知子を生んだ!?医療ドラマのリアリティと弊害

―― ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の快進撃が止まらない。主演・米倉涼子が放つ「私、失敗しないので」という決め台詞が視聴者のカタルシスとなる一方で、医療界からは疑問の声もちらほら。本稿では『ドク...

医療不信が『ドクターX』大門未知子を生んだ!?医療ドラマのリアリティと弊害
ニュース
【premium限定ニュース】

ドラマ『逃げ恥』で大ブレイク、星野源をめぐって各局の争奪戦が激化

―― 歌手で俳優の星野源をめぐって、各局の争奪戦が激化している。

ドラマ『逃げ恥』で大ブレイク、星野源をめぐって各局の争奪戦が激化
第1特集
【2016年映画業界分析】東宝&ディズニーは本当に“勝った”のか?【2】

『踊る大捜査線』から『海街diary』へ――転換を余儀なくされるテレビ局と映画の関係

―― 映画業界と切っても切れない関係にあるのが、テレビ業界だ。製作委員会への参加やテレビ局自体が制作する作品など、かかわり方はさまざま。だがここにきて、過去に散々批判されてきたあのパターンが、消えつつあるら...

『踊る大捜査線』から『海街diary』へ――転換を余儀なくされるテレビ局と映画の関係
第1特集
「まだ死ねない」と思います

【映画監督・堤幸彦インタビュー】「共犯意識を持ちたい」“多作の人”の自己分析

―― 堤幸彦といえば、押しも押されもせぬ日本の超有名映画監督・演出家だ。『ケイゾク』『TRICK』『SPEC』『20世紀少年』『BECK』……手がけた作品を挙げればきりがない。その堤幸彦が今年の7月クールド...

【映画監督・堤幸彦インタビュー】「共犯意識を持ちたい」“多作の人”の自己分析
ニュース
【premium限定ニュース】

観月ありさが出演辞退を後悔した名作ドラマとは?――90年代のあの名作ドラマは、あわや駄作となっていた?

―― 女優の観月ありさが、7月22日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。過去に出演を断り、後悔した人気ドラマがあることを告白して、話題を呼んだ。

観月ありさが出演辞退を後悔した名作ドラマとは?――90年代のあの名作ドラマは、あわや駄作となっていた?
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.47

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』――“月9史上最低視聴率”の9文字で烙印を押すな! 「他者のために生きること」を描いた良作

―― 『東京ラブストーリー』の脚本家・坂元裕二が手掛ける久々の月9作品として、ドラマファンの期待が高かった『いつ恋』。平均視聴率は9.4%と振るわず、終了後にはさんざん揶揄もされたが、むろんドラマの価値は視...

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』――“月9史上最低視聴率”の9文字で烙印を押すな! 「他者のために生きること」を描いた良作
ニュース
【premium限定ニュース】

枯れ専女子の羨望のまと!【吉田鋼太郎】期待の主演ドラマ打ち上げで見たさびしい一幕

―― 遠藤憲一や松重豊などが主演を務め、他の民放ドラマにはない渋いキャスティングで、密かに枯れ専女子からの人気も高いテレビ東京系ドラマ24枠。2016年1月クールの同枠では、2014年に単発のドラマとして放...

枯れ専女子の羨望のまと!【吉田鋼太郎】期待の主演ドラマ打ち上げで見たさびしい一幕
ニュース
【premium限定ニュース】

大ヒット『下町ロケット』で話題沸騰!元フジ女子アナ・高島彩が本格女優進出!?

―― 最終回も22.3%と高視聴率を記録し、有終の美を飾ったTBSドラマ『下町ロケット』。内容もさることながら、視聴者の話題となったものが意外なキャスティング。特に終盤のキーマンとなった高島彩には注目が集ま...

大ヒット『下町ロケット』で話題沸騰!元フジ女子アナ・高島彩が本格女優進出!?
第1特集
連綿と続く法科学ミステリの世界【1】

「シャーロック・ホームズ」から『羊たちの沈黙』、『科捜研の女』シリーズまで…法科学がエンタメに与える影響とは?

―― 毎クール、半分以上のテレビドラマが警察ものになる昨今。本が売れない時代でも相変わらずミステリは売れ続けており、そんな作品が映画やドラマになることも。現代の犯罪捜査の裏には、必ず科学捜査があり、それを司...

「シャーロック・ホームズ」から『羊たちの沈黙』、『科捜研の女』シリーズまで…法科学がエンタメに与える影響とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

ドラマ『HiGH&LOW』はEXILE版『テニミュ』である――視聴率以上の金脈を狙うLDHの目論見

―― EXILE一族が総出で出演するドラマ『HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』(日本テレビ系)がスタートした。視聴率は深夜帯ながら初回は1.9%、第1話2.7%、3話2.3...

ドラマ『HiGH&LOW』はEXILE版『テニミュ』である――視聴率以上の金脈を狙うLDHの目論見
ニュース
【premium限定ニュース】

歴史的原作レイプ!? ドラマ版「デスノート」酷評の一方で再評価が高まる藤原竜也

―― 7月5日にスタートしたドラマ「デスノート」(日本テレビ系)が放送され、原作ファンから批判が殺到している。

歴史的原作レイプ!? ドラマ版「デスノート」酷評の一方で再評価が高まる藤原竜也
ニュース
【premium限定ニュース】

数字の差はイケメン人気? 綾瀬はるかの完勝ムードになったドラマ対決の勝因

―― 10月に同時間の裏番組としてスタートし、視聴率対決が注目されていた、綾瀬はるか主演の「きょうは会社を休みます。」(日本テレビ)と沢尻エリカ主演の「ファーストクラス」(フジテレビ)。

数字の差はイケメン人気? 綾瀬はるかの完勝ムードになったドラマ対決の勝因
第1特集
演技者としてのEXILE一族【3】

『ホットロード』は能年の魅力しか描かれてない!? EXILE一族スクリーン進出の評価

―― ――ここまではドラマ中心に見てきたが、むろん映画にも出演している彼らを、ライター・リサーチャーの松谷氏が採点!

『ホットロード』は能年の魅力しか描かれてない!? EXILE一族スクリーン進出の評価
第1特集
演技者としてのEXILE一族【2】

男版宝塚への足がかりはここから始まる?EXILE一族ドラマ主要出演作を一挙レビュー!

―― ――本文にもご登場いただいたドラマ評論家・成馬氏が、EXILEグループ出演作を5点満点で採点!

男版宝塚への足がかりはここから始まる?EXILE一族ドラマ主要出演作を一挙レビュー!
第1特集
演技者としてのEXILE一族【1】

ドラマ&映画界を黒く染められるのか? 第二のジャニーズになるためのEXILEドラマ論

―― ――最近、EXILE TRIBEの面々がテレビドラマや映画に出演する機会が増えている。彼らを映像作品に送り込むLDHの戦略はいかなるものなのか? 今後彼らがドラマ・映画界の台風の目になることはありえ...

ドラマ&映画界を黒く染められるのか? 第二のジャニーズになるためのEXILEドラマ論
第2特集
高視聴率作家・池井戸潤の正体【5】

『半沢直樹』は、ナショナリズムとリンクする? 【新右翼・鈴木邦男】が語る右傾エンタメの実像

―― ――右傾化エンタメが盛り上がりを見せる昨今、池井戸潤作品もこの流れにくみするという声がある。そこで、ナショナリズムに詳しい政治活動家・鈴木邦男氏に読み解いてもらうと同時に、昨今の日本の右傾化についても...

『半沢直樹』は、ナショナリズムとリンクする? 【新右翼・鈴木邦男】が語る右傾エンタメの実像
第2特集
高視聴率作家・池井戸潤の正体【4】

ノマドワーカーへの憧れはもう終わり! サラリーマンを奮い立たせる池井戸作品の魅力

―― ――安藤美冬、勝間和代よろしく、「自分を武器に、好きな場所で好きな仕事をしよう!」というノマドワーカーブームが去り、日本社会は今、「サラリーマン」という働き方に回帰しつつある。そうした労働社会の変化が...

ノマドワーカーへの憧れはもう終わり! サラリーマンを奮い立たせる池井戸作品の魅力
第2特集
高視聴率作家・池井戸潤の正体【3】

今のドラマは『半沢直樹』に影響うけまくり! 池井戸ドラマ出演者の素顔

―― ――ここまでは、映像化が続く池井戸潤原作の人気をめぐる業界の動きを見てきたが、ドラマの出演者の仕事ぶりはどう変わってきているのだろうか? 平成以降の民放ドラマ史上最高視聴率を叩きだした『半沢直樹』バブ...

今のドラマは『半沢直樹』に影響うけまくり! 池井戸ドラマ出演者の素顔
第2特集
高視聴率作家・池井戸潤の正体【1】

『半沢直樹』『花咲舞』ヒット作を量産!視聴率作家・池井戸潤は東野圭吾を超えるのか!?

―― ――昨年の『半沢直樹』の超ヒットや、今期2作もドラマ化して軒並みヒットしているように、今、作家・池井戸潤原作の小説がエンタメ業界からもろ手を上げて迎えられている。巷では、銀行員からのストーリーが現実的...

『半沢直樹』『花咲舞』ヒット作を量産!視聴率作家・池井戸潤は東野圭吾を超えるのか!?
第2特集
高視聴率作家・池井戸潤の正体【2】

『水戸黄門』な勧善懲悪な物語がビジネスマンを直撃! メディアが分析した『半沢直樹』大ヒットの理由

―― ――視聴率低迷の一途をたどる中で、40%超という驚異的な数字を叩き出した『半沢直樹』については、さまざまな媒体がインタビューなどで分析を試みている。ここではそうしたメディアが報じた『半沢直樹』ヒットの...

『水戸黄門』な勧善懲悪な物語がビジネスマンを直撃! メディアが分析した『半沢直樹』大ヒットの理由
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【3】

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ

―― ――本文中ではプロ野球界とスポーツメーカーの関係を見てきたが、ミズノ社の力が及んでいるのは「教育の一環」たる高校野球はじめ、アマ球界も同様である。学生野球憲章に抵触しようとも宣伝を怠らない同社の努力は...

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ
第2特集
ジャニーズvsEXILE 若手イケメン対決【3】

劇団設立と接待攻勢でEXILEが猛追!テレビドラマとジャニーズ、蜜月のゆくえ

―― 90年代に稀代のテレビスター”キムタク”を輩出して以降、ジャニーズの歴史はテレビドラマの歴史といっても過言ではなくなった。しかし、昨今では低迷の一途をたどる視聴率がジャニーズのパワーダウンの象徴のよう...

 劇団設立と接待攻勢でEXILEが猛追!テレビドラマとジャニーズ、蜜月のゆくえ
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.19

『あまちゃん』──13年最大のヒット作にしてクドカンの新代表作、その"凄み"と"食い足りなさ"

――  9月28日に放映終了した朝ドラ『あまちゃん』。2013年最大のヒットとなった本作はこれから先、NHK朝ドラの金字塔としても、脚本・宮藤官九郎の代表作としても語り継がれてゆくだろう。 大フィーバーもい...

『あまちゃん』──13年最大のヒット作にしてクドカンの新代表作、その
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.18

『半沢直樹』──時代劇+職業ドラマの手法とマンガ的演出で見せた、サラリーマン社会のリアリティ

――  今夏『あまちゃん』と並んで最大の話題を博し、「倍返しだ!」という流行語も生んだ、久々の大ヒットドラマが誕生した。一種社会現象化までした『半沢直樹』の成功の要因を、サラリーマン文化論から考える。

『半沢直樹』──時代劇+職業ドラマの手法とマンガ的演出で見せた、サラリーマン社会のリアリティ
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「フェラーリ乗りたくないの?」上層部の時代錯誤に困惑するフジテレビのドラマ現場

――  堺 雅人主演の連続ドラマ『半沢直樹』の大ヒットなどでTBSが8月の平均視聴率でテレビ朝日、日本テレビに続き、在京キー局第3位に浮上したが、そこで一気に尻に火が付いたのがTBSに抜かれトップ3から陥落...

「フェラーリ乗りたくないの?」上層部の時代錯誤に困惑するフジテレビのドラマ現場
第1特集
【premium限定】女子アナ出身は女優になれない!

『あまちゃん』人気で八木亜希子に注目が集まるも、女子アナが女優に向かない本当の理由

――  元フジテレビアナウンサーの八木亜希子が、大ヒット中のドラマ『あまちゃん』(NHK)でヒロイン・アキの友人であるユイの母親役を好演し、注目を集めている。しかし、彼女のようにフリーへ転身後に女優として成...

『あまちゃん』人気で八木亜希子に注目が集まるも、女子アナが女優に向かない本当の理由
第1特集
芸能プロマネージャー覆面座談会【2】

松たか子、深津絵里、満島ひかりが競演!? 芸能マネが語る「こんなドラマが見たい!」

―― ──数々のドラマの制作現場に立ち会ってきたマネージャーたちが考える、「最高のドラマ」のための「最高の布陣」を聞いた。

松たか子、深津絵里、満島ひかりが競演!? 芸能マネが語る「こんなドラマが見たい!」
第1特集
芸能プロマネージャー覆面座談会【1】

あまちゃんヒットでレプロが”能年会議”!? 芸能マネが語る「仕事をしたいテレビ局」

―― ──NHK朝ドラ『あまちゃん』大ヒットの裏には、情熱的なNHK制作陣のたゆまぬ努力があった!? 30%超えの大ヒットドラマ『半沢直樹』のあとにTBS日曜劇場枠で放送されるキムタク主演『安堂ロイド』か...

あまちゃんヒットでレプロが”能年会議”!? 芸能マネが語る「仕事をしたいテレビ局」
第1特集
『八重の桜』は最低でも4億円!

放送CMだけじゃないドラマ制作の旨みとは?――多チャンネル化するテレビ局の放送外収入

――  あらゆる番組の中でも、一発あたって、高視聴率を稼ぐことも多いテレビドラマ。時には40%もの視聴率を叩き出すこの枠は、最終回を迎えたら終わりではないのだ! ドラマを売って稼ぐ、テレビ局放送外収入の実情...

放送CMだけじゃないドラマ制作の旨みとは?――多チャンネル化するテレビ局の放送外収入
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

ドラマは好調でも一門内では孤立! 人気俳優・香川照之が抱える大きな不安

―― 22日に放送された俳優の堺雅人主演のTBS系連続ドラマ「半沢直樹」の最終話が42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という驚異的な視聴率を記録したが、ドラマをいっそう盛り上げる原動力となったのが、堺...

ドラマは好調でも一門内では孤立! 人気俳優・香川照之が抱える大きな不安
第1特集
イケメン・裸・キスだらけ!ケータイ向けドラマの世界【2】

地上波ドラマとの違いに唖然!! モバイル向けドラマのアヤシイ世界

―― ──「女性向けのエロ短編」を中心に展開されるBeeTVとNOTTVのドラマをちょっとだけご紹介!

地上波ドラマとの違いに唖然!! モバイル向けドラマのアヤシイ世界
第1特集
イケメン・裸・キスだらけ!ケータイ向けドラマの世界【1】

NOTTV・BeeTVに女子が群がる!? ケータイ向けドラマのエロすぎる魅力

―― ──地上波でしか映像を見ない視聴者にはあまり知られていない一方で、会員500万人を超え波に乗るケータイ向け動画配信サービス「BeeTV」、そして苦戦しながらもなんとか会員100万人を突破したケータイ向...

NOTTV・BeeTVに女子が群がる!? ケータイ向けドラマのエロすぎる魅力
第1特集
韓国版リメイクブームの裏側【2】

ギャラは日本の俳優たちの4倍!? 韓ドラ業界を苦しめる高騰する俳優のギャラ

―― ──ここまで見てきた、韓国の制作会社を苦しめる一因となっている俳優たちのギャラの高騰ぶりとは、どれほどのものなのか? その実情を追ってみたい。

ギャラは日本の俳優たちの4倍!? 韓ドラ業界を苦しめる高騰する俳優のギャラ
第1特集
韓国版リメイクブームの裏側【1】

“日ドラ”リメイク作品の量産は苦肉の策“一攫千金”狙い!韓ドラ業界の懐事情

――  視聴率40%を記録した大ヒットドラマ『家政婦のミタ』。その韓国版リメイクが今、話題だ。昨今、韓国ではこうした”日ドラ”リメイクブームが定着しつつあるが、一方でその質の低下も叫ばれている──背景にある...

“日ドラ”リメイク作品の量産は苦肉の策“一攫千金”狙い!韓ドラ業界の懐事情
第1特集
現場から見たドラマ制作鼎談【1】

園子温に楯突いて干され寸前!? 入江悠が、ふがいないドラマに下克上

―― ──映画『SRサイタマノラッパー』でブレイクした映画監督入江悠。最近では、さまざまなドラマを手がけ、その演出手腕が話題だ。そこで、本誌元連載陣である放送作家の山名宏和・鮫肌文殊両氏の弟子であり、映画の...

園子温に楯突いて干され寸前!? 入江悠が、ふがいないドラマに下克上
第1特集
現場から見たドラマ制作鼎談【2】

入江監督の演出に影響を与えた過去の名作ドラマ集!「あのドラマがすごかった!」

――  新進気鋭の映像監督として、ドラマも次々と手がけている入江監督。ここでは、これまで見てきたドラマの中でも特に印象深いものを挙げてもらい、ポイントを聞いた。果たして、ドラマ監督入江悠を築いたものとは――...

入江監督の演出に影響を与えた過去の名作ドラマ集!「あのドラマがすごかった!」
第1特集
ダサい、しょぼい、時代遅れの月9ドラマ

キムタク様の神通力もそろそろ限界か…視聴率の変遷でフジ「月9」の栄枯盛衰

――  80年代後半より、数々の伝説的ヒット作を生み出してきたフジテレビ「月9」ドラマ。しかし近年は視聴率が振るわず、作品によっては「ネットでツッコミを入れながら観る」ような楽しみ方すら確立されてしまう有り...

キムタク様の神通力もそろそろ限界か…視聴率の変遷でフジ「月9」の栄枯盛衰
第1特集
タブーだらけの「封印ドラマ」【2】

パクリ、近親相姦、薬物で逮捕……タブーだらけの6大「封印ドラマ」

―― ──封印されるには当然ワケがあるんです! 数ある封印ドラマの中から厳選して6作品をピックアップしてご紹介~。

パクリ、近親相姦、薬物で逮捕……タブーだらけの6大「封印ドラマ」
第1特集
タブーだらけの「封印ドラマ」【1】

タブーに触れた悲しい結末…放送禁止、お蔵入り!封印ドラマの歴史を追う

―― ──差別表現や反社会的な内容、あるいは抗議など、さまざまな事情によってタブーとなってしまい、二度と見ることのできない封印ドラマ。「見られない! でも見たい!!」という欲望を駆り立てる封印ドラマのウラ側...

タブーに触れた悲しい結末…放送禁止、お蔵入り!封印ドラマの歴史を追う
第1特集
【永久保存版】この布陣さえ覚えればアナタも今日からドラマ通

脚本家、プロデューサー、演出家…ドラマを3倍楽しむために! “製作のキーマン”人名辞典

―― ──ドラマ好きはよく、「今期のアノ作品は、脚本家が◎◎さんで演出が■■さんだから期待できる」という物言いをする。そこでココでは、本特集でも名前の挙がる、近年のテレビドラマ要注目の制作者20人を紹介。こ...

脚本家、プロデューサー、演出家…ドラマを3倍楽しむために! “製作のキーマン”人名辞典
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【2】

視聴率ジリ貧で有名枠もいいかげん頭打ち!? 月~日まで各局全ドラマ枠一覧!

―― ──ここでは各局の全ドラマ枠の傾向と今期の注目ドラマを見てみよう!

視聴率ジリ貧で有名枠もいいかげん頭打ち!? 月~日まで各局全ドラマ枠一覧!
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説