サイゾーpremium  > 特集  > ジャニーズ  > 【スクリーン】に肉体が映える…のか?出演映画一挙レビュー
第1特集
演技者としてのEXILE一族【3】

『ホットロード』は能年の魅力しか描かれてない!? EXILE一族スクリーン進出の評価

+お気に入りに追加

――こちらの記事ではドラマ中心に見てきたが、むろん映画にも出演している彼らを、ライター・リサーチャーの松谷氏が採点!

松谷創一郎(まつたに・そういちろう)
1974年生まれ。ライター/リサーチャー。著書に『ギャルと不思議ちゃん論』(原書房)、『どこか〈問題化〉される若者たち』(共著/恒星社厚生閣)など。

1408_dorama_15.jpg

■良いところがひとつもない
『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』
監督/村谷嘉則
出演/塚本高史、相武紗季、MAKIDAIほか 公開/10年9月
幼馴染の瑠璃(相武)に愛の告白をしようとした道中でピアニスト(MAKIDAI)の落下事故に巻き込まれ、亡くなったシェフ(塚本)。目覚めたとき、ピアニストの身体にはなぜかシェフの記憶が宿っていた。

[松谷評]……0点
登場人物が観客に向かって次々と愛を告白する珍妙な予告と比べると、本編はずいぶんおとなしい。が、ゆえに、見どころはまったくなく、転落事故の被害者が加害者に乗り移る難しい設定を、工夫なく進めるだけ。死んだはずの若者を演じるMAKIDAI(ニックネームは「ナポリ」!)は常にセリフを棒読み。市川亀治郎(現・猿之助)は、あのルックスでなぜかモテキャラ。この両者に振り回されて、相武紗季が右往左往。「怪作」と呼べるほどのパンチもなく、ひたすら退屈な映画だ。

1408_dorama_14.jpg

■助演の存在感に埋もれる主演
『ちゃんと伝える』
監督/園子温
出演/AKIRA、伊藤歩、奥田瑛二 公開/09年8月
AKIRA演じるタウン誌編集者の父ががんで入院する。晩年を迎えた父とようやく初めて2人で向き合えたと思った矢先、自身もがんを宣告される。告げられた余命は父よりも短かった。

[松谷評]……3点
題材は、思いをハッキリ相手に伝えられないコミュニケーションの繊細さ。しかし監督は、大味なキャラクターと破天荒な演出で独自の世界観を創り上げてきた園子温。相容れない両者の組み合わせは、やはりうまくいっていない。園は普段見せない抑制した演出を試みているが、クライマックスではかなり大味な展開に。それまでを台無しにする、かなり唐突な印象を受ける。伊藤歩や高橋恵子、奥田瑛二など助演陣は存在感は確かだが、逆に主演のAKIRAは埋没気味。

1408_dorama_13.jpg

■少し古びてはいても説得力アリ
『渋谷区円山町』
監督/永田琴 出演/榮倉奈々、MAKIDAI、仲里依紗ほか
公開/07年3月
おかざき真里の同名原作マンガを実写化。ホテル街である同地を舞台にした男女の群像劇が繰り広げられる。MAKIDAIは高校の臨時講師役。榮倉奈々との共演は翌年、朝ドラ『瞳』で繰り返されることになる。

[松谷評]……3.5点
渋谷という街の固有性を軽んじず、ゲリラ撮影も含めて積極的にロケを行ったことが、まずはこの映画の十分な説得力に繋がっている。さらに、当時はまだ10代だった榮倉奈々、仲里依紗、吉高由里子の瑞々しさもしっかり捉えており、この的確な配役もこの映画の存在感を高めた。ただし、04年発表の原作に漂っていた「少女マンガ感覚+ギャルの聖地・渋谷」というミスマッチを、ケータイ小説映画『恋空』が公開された07年にベタに映画化してしまった感は否めない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号