サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > タブーな映画・ドラマガイド【1】/フロイディズムが息づく統合失調症と夢の物語

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そして、『冬のソナタ』ブームから15年近く経った現在も根強いファンをつけている韓流ドラマ。傑作揃いの韓国エンタメ作品群から、韓流の目利き達が独特の視点で映画・ドラマの深奥を語る。

■菊地成孔(ジャズメン)

1908_P068-073_profile001_320.jpg

1963年生まれ。音楽家・文筆家。85年にプロ・デビューし、ジャズを基本に音楽活動を展開。スパンク・ハッピー、DC/PRG、菊地成孔ダブ・セプテットといったグループを設立。著書に『スペインの宇宙食』(小学館文庫)、『ユングのサウンドトラック』(河出文庫)などがある。

 今の韓国カルチャーは凪の状態だと思うんです。世の中的には、BTS(防弾少年団)が米ビルボードで1位に輝き、TWICEも世界的に売れた。映画では『新感染』レベルの作品を量産できている。ハイクオリティが維持されるのは素晴らしいけれど、ワタシにとっては頂上を目指してあがいていた2011~16年頃がもっとも刺激的でした。いろんな要素が渦巻くカオスでしたから。その時期に出会った規格外の映画とドラマについて話しましょう。

 なかでも衝撃を受けたのが、統合失調症の幻視を扱ったドラマ『大丈夫、愛だ』【1】。体裁としてはシェアハウスで繰り広げられるラブコメですが、主人公のチョ・インソンはイケメンのホラー小説家で、ヒロインのコン・ヒョジンは精神分析医。後者は前者の人格に違和感を覚えている一方、ヒロイン自身も実はセックス恐怖症。そんな2人に加えて、離婚で妻ロスに陥った名精神科医ソン・ドンイルと、彼の患者である重度チック症のイ・グァンスが共同生活しています。

 キーになるのが、小説家志望の美少年を演じるEX・のD.・。妖精のような彼は主人公と仲良くなるのですが、物語中盤で突然消える場面がある。このとき、まるでヒッチコック映画のように、なんの説明もない。これが何をか言わんや――。個人的には韓国ドラマ史上、もっとも衝撃的なシーンだと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』