サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか

――世間的なヒットはできなかったものの、今年の夏クール、薬剤師にスポットを当てた珍しいドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』が放送された。医師や看護師に耳目が集まることはあるが、では今回改めて注目された薬剤師たちは、このドラマをどう見たのか?

2012_P056-057_img001_320.jpg
ドラマ版は、田中圭や西野七瀬など今をときめくタレントが目白押しだったが……。

 連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)は、石原さとみの主演作として前評判的にはそれなりに注目を集めたものの、新型コロナウイルスの影響で放送が延期された影響もあってか、残念ながらかんばしい結果を残せなかった。石原自身もこの結果をもって女優業に見切りをつけ、結婚に踏み切ったような報道もあった。

 原作は「月刊コミックゼノン」(コアミックス) で連載中の荒井ママレによる『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』。調剤薬局やドラッグストアなどさまざまな場所で働く中でも、病院勤務の薬剤師が主人公。信念を持って、患者一人ひとりと真摯に向き合っていくというストーリーで人気となっており、飽和する医療系ドラマが最後に取り上げたテーマとして、映像化と相成ったわけだ。

 今回、医者や看護師と同じく医療の現場と密接に関わっている職種ながら、“地味で一般人には存在を意識されづらい”業務に、テレビドラマを通してスポットライトを当てた功績は、見過ごせないだろう。 その一方で、ドラマなだけに、現実離れしたストーリやキャラクターの行動などもあり、SNSなどで多くの疑問が投げかけられていた面もある。

 実際に、薬剤師界隈ではこのドラマをどう見ていたのか? そして、“地味で一般人には存在を意識されづらい”この職業について、当の薬剤師たちに話を聞いてみた。

〈参加者〉

A氏……都内の調剤薬局
B氏……大手薬局チェーン
C氏……病院前にある調剤薬局

――まず、平均視聴率が2桁を超えなかったこのドラマですが、薬剤師界隈ではどのように受け止められていたのでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年9月号

NEWS SOURCE