サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【安藤政信】映像とクリエイティブと写真愛

――去る1月上旬、大手芸能事務所を退所し、フリーで活動することが報道された俳優・安藤政信。96年のデビュー作『キッズ・リターン』を皮切りに、数々のドラマや映画でその名を残してきたことが広く知られる名優だ。本稿では退所の理由から民放ドラマへの出演を控えていた期間、そして写真家としても活動する情熱をつまびらかにし、彼が思い描く「映像とクリエイティブ」について語ってもらった。

2103_L1230568_520.jpg
(写真/永峰拓也)

――およそ3年間在籍した芸能事務所を昨年末で退所されましたが、その理由から教えてください。

安藤政信(以下、安藤) 今はひとりで何かをやり遂げること、自分の考えるクリエイティブとしっかり向き合いたい気持ちが強かったから、かな。僕の場合、俳優だけじゃなく写真家としても発信したい、映画監督としても活動したい気持ちがあったので、どうしてもそこで(事務所と)齟齬や温度差が生まれてしまう。それでもありがたいことに自由に動かせてはもらえたけど、俳優業以外の仕事のスケジュール管理が難しくなってきたこともあって、退所を決めた形です。

――現在フリーとなり、俳優業の依頼の窓口は、安藤さん自身が担っているわけですが、動きやすくはなりましたか?

安藤 風通しはいいです。これは芸能事務所の長所でも短所でもあると思うんだけど、すべての打診やオファーが当事者まで情報が下りてこない不透明さがなくなったからね。すべてを把握できるし、判断も自分でできる。今の時代、俳優や女優も番宣でバラエティ番組に出演することが当たり前になったけど、そうした番組における企画内容やギャラの交渉、進行などもすべて自分が請け負うわけだからね。ありがたいことにフリーになっても仕事の依頼は減っていないんじゃないですかね。それはしっかり誠意を持って仕事に臨んできた証だと思ってます。

――フリーになった途端、まったく仕事がこなくなると「自分の栄光は事務所によって作られていたのか」と、うなだれる場合もあるかと思うんですが、そうはならない自信があったわけですね。

安藤 そうですね。自分は今までクリエイティブはもちろん、プロデューサーや監督、キャスト、すべての人に対して愛と敬意を持ってやってきましたから、仕事をいただけることに自信はありました。ただ、まだ慣れていない仕事を自分でこなしているので、こないだは今後のやりとりをするメールで「担当の窓口」という文面を「銀行の口座」と勘違いして、まだ仕事の内容も決まっていないのに、「こちらが振込先になります」って間違って送信しちゃいましたけどね(笑)。

――現在は映画・ドラマはもちろん、バラエティにも積極的に出演されていますが、2000年から2012年までドラマへの出演はありませんでした。その理由は過去のインタビューで「20代前半はドラマに対して悪い印象しかなかった」と話されている一方で、「過去を書き換えたい後悔もある」とも悔恨していますが、改めて当時の心境を教えてください。

安藤 テレビはスポンサーがいて、視聴者から揚げ足を取られず、いかに老若男女に伝わりやすい作り方をするか、に重きを置いていたと思うんです。ゆえに台詞もとても説明的になってしまうし、自分は映画からスタートした人間だったから、芝居の伝え方に違和感があった。しかもその頃は20代で尖っていたこともあって、テレビドラマの仕組みについて考えることも理解しようとする気持ちも起きなくて、自ら距離を置くことにした。でも、年齢を重ねていくと、その規制の中でやるべきこと、発信するべきことの熱意に気がつき始めるんですけどね(笑)。

――18年に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)において、「俳優はミュージシャンと違って自由じゃない感じがした」という言葉を残していますが、その自由さを象徴する音楽とは、何を指していたのでしょうか?

安藤 昔からミクスチャーやラップが好きで、特にヒップホップでもサンプリングを用いたトラックが好きなんですよ。役者も映画もドラマも、そして写真ですら似たような作品が出ると、すぐ「パクリ」と言われたりするけど、ヒップホップのサンプリングという手法は――中には明らかに敬意の感じられないパクリも存在するけど――芸術の再構築という観点から評価されることが多々ある。そこへ遊び心のある言葉や突き刺さる言葉が乗ることで、無限の可能性が生まれる。そこにすごく魅力を感じるんですよ。実際、普段から仲良くしているラッパーの友達もいるんですけど、「俺、ヒップホップが好きでー」とかテレビで安易な感じで言ってる俳優やタレントと一緒にされたくないので、ここでは控えます(笑)。

――音楽を生業にしている方々とはどんな意見を交わすんですか?

安藤 互いの近況、音楽や撮影の話もしますけど、基本はどうでもいい他愛のない会話ですよ。どの分野で仕事をしている人にも言えることだけど、個人的にはデリカシーのない人間や嘘くさい人間、自己顕示欲だけが強くて何も行動しない人間とは付き合わないようにしてます。

――先ほど「熱意に気づく」と話されましたが、作品に対してクリエイティブな意欲が湧く契機があったのでしょうか?

安藤 中国映画と香港映画に出演していた時期があったんだけど、その時に感じたエネルギーが大きかったと思う。監督や作品に携わるスタッフ、出演者たちの間に「言ってはいけない」「超えてはいけない」という雰囲気や壁もなくて、みんなが意見を言い合いながら進めるんですよ。もちろん、気を遣うことも大事だけど、活動していた約5年間で、すごい刺激をもらえたし、作品と向き合う感性も磨かれたと思う。だったら、その気持ちを日本でも場の空気を見極めながら形にすればいいんじゃないか、って。言うべき意見は伝えて、言われた意見は一度はしっかり受け入れる。そうしていかないと日本では絶対に渡り合えないし、わかり合えないと思うから。

――とはいえ、いまだに根深く残る芸能界のシステマチックな風習とは常に対峙しなくてはいけないのは、そう簡単ではなさそうですよね。

安藤 それも十分理解してる。理不尽なことは言われたくないし、言いたくもない。ただ、そのままの状態であることは風通しも悪くなるし、業界にとっても不健康だと思う。時代の変化によってコンプライアンスが増えたことも理解してるし、「映画はいい」「テレビドラマはダメだ」っていう時代でもないしね。今はNetflixのような配信のみの作品もあれば、劇場公開だけの作品もある。悪しき風習、しがらみ、ブラックボックスを破壊して、健全な状態で作品に臨むことができれば、もっと良いものが生まれると思うからね。

――昨今、配信作品はテレビドラマの製作費を凌駕する潤沢な予算で、という話も耳にしますが、製作費とクオリティというのは比例すると思いますか?

安藤 確かにNetflixは、1話でも場合によっては億単位の額が動くっていうけど、莫大な予算をかけてもつまらないものはつまらないからね。実際、僕が20代の頃のドラマや映画には潤沢な予算があった。でも、今は「これだけの予算しかないんだから、このレベルでしか作れない」と感じているテレビマンもいる。そうじゃなくて、「これだけの予算でいかに面白い作品を作ることができるか?」という考えにシフトしなくちゃいけない時代だと思う。

片手間ではない写真家としての矜持

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ