サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【香里奈】視聴率爆死でも制作陣が起用したがる理由とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

もう後がない“大股開き女優”香里奈――制作陣が「爆死でもまた起用したい」理由とは?

+お気に入りに追加
1702_karina.jpg
フジテレビ『嫌われる勇気』ドラマHPより。

 1月26日に放送された香里奈主演ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)第3話の平均視聴率が6.6%を記録。初回8.1%、第2話6.6%からなんとか右肩下がりを食い止めた形だ。

 香里奈といえば、14年にあられもない大股開き写真が「FRIDAY」に掲載され、以降、テレビから姿を消すことに。復帰作となった昨年のドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)は、平均視聴率5.6%と大爆死。今回は女優としての正念場だけに、香里奈としては絶対に結果を残したいところだろう。テレビ誌編集者が現場の様子を明かす。

「香里奈本人はかなり肩に力が入っていますよ。現場では『みんな元気だしてね』『そこ、背筋伸ばして』と檄を飛ばしてムードメーカーになっているようですね」

 しかし、やはりスキャンダルのイメージは簡単には払しょくできないようで、残念ながら今回も今のところ低空発進。そのうえ、この先も「大股開き女優」のイメージはついて回るため、今作が“最後のドラマ”になりかねない。

 ところが、意外にも制作スタッフたちからは「香里奈とまた仕事がしたい」の声が上がっているという。フジテレビ関係者がその理由をこう語る。

「以前に比べると格段に腰が低くなりました。スキャンダルで仕事を失いかけたせいか、また自分を使ってくれたスタッフに対して、感謝している様子が言動の節々から伝わってくるんです。スタジオには一番に入るし、セリフはまったくトチらず完璧に覚えてきている。本人も“これが最後かもしれない”と肝に銘じているのが見ていてわかります。こうした真摯な姿勢は応援したくなりますし、たとえ今回数字が悪くても準主役クラスでならまたすぐ声がかかると思いますよ」

 こうしたスタッフの思いに応えるためにも、香里奈の巻き返しに期待したいところだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』