> 202207の検索結果

202207 の検索結果

第1特集
サイゾーPremium 特別企画「ヒップホップとフェスを考える」

最大規模で開催されたヒップホップフェス『POP YOURS』が与えた影響と課題

―― 今年5月21日と22日の2日間にわたって幕張メッセ国際展示場にて開催されたヒップホップフェス『POP YOURS』。両日のヘッドライナーを務めたPUNPEEとBAD HOPを含め、計37組のアーティス...

最大規模で開催されたヒップホップフェス『POP YOURS』が与えた影響と課題
連載
澁川祐子の「味なニッポン戦後史」【4】

専売制下で誕生した「自然塩」の影にマクロビあり 「塩味」(前編)

―― 甘い、辛い、酸っぱい……日本の食生活で日常的に出くわす味がある。でも実は、“伝統”なんかではなく、近い過去に創られたものかもしれない――。身近な味覚を通して、知られざる戦後ニッポンを掘り起こす! 塩は...

専売制下で誕生した「自然塩」の影にマクロビあり 「塩味」(前編)
インタビュー
P様の匣

【Tina】自問自答を繰り返しながら、長き沈黙を破った歌姫の本心

―― 輝かしい功績を持ちながら、音楽と向き合うために表舞台から遠ざかっていたアーティスト、Tina。ライブや制作活動を継続することで導き出した答えとは。 デビュー・アルバム『Colorado』(1999年)...

【Tina】自問自答を繰り返しながら、長き沈黙を破った歌姫の本心
第3特集
写真家がドイツとポーランドで撮り下ろした実像

移ろいゆくウクライナ避難者

―― 今年2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻。本誌今号の校了時点(6月初頭)では“戦争”の終わりはまだ見えず、メディアの報道も続く。この間に戦火を逃れてウクライナから周辺の国々へ脱出した人々は、今どの...

移ろいゆくウクライナ避難者
連載
澁川祐子の「味なニッポン戦後史」【3】

無形文化遺産登録で露呈した 伝統的な「和食」のほころび「うま味」(後編)

―― 甘い、辛い、酸っぱい……日本の食生活で日常的に出くわす味がある。でも実は、“伝統”なんかではなく、近い過去に創られたものかもしれない――。身近な味覚を通して、知られざる戦後ニッポンを掘り起こす! 昨今...

無形文化遺産登録で露呈した 伝統的な「和食」のほころび「うま味」(後編)
第2特集
目指すはK-POP? ジャニーズ進化論【4】

若手クリエイターを多数起用! 20年代のジャニーズミュージックビデオ

―― 世の中の流れに遅れながらも、今ではジャニーズもYouTubeにMVを投稿しているが、それらを手がけているクリエイターたちは、サブカルチャー寄りの若手の映像作家ばかりである。なぜ、ジャニーズは新鋭のクリ...

若手クリエイターを多数起用! 20年代のジャニーズミュージックビデオ
連載
AmamiyaMaakoの「スタジオはいります」【10】

【仮谷せいら】オールウェイズ·フレッシュ!

―― クリエイティブを学び取れ! 気鋭のDTM女子による音楽道場破り 今月のゲストは、私とはるちゃん(HALLCA)とのトリオ〈はるかりまあこ〉としての活動はもちろん、ソロとしても大活躍の仮谷せいらちゃん(...

【仮谷せいら】オールウェイズ·フレッシュ!
連載
小原真史の「写真時評」【112】

括弧付きの本土「復帰」

―― 過去から見る現在、写真による時事批評 沖縄の本土「復帰」から50年が経過した。沖縄を舞台にしたNHKの朝ドラ『ちむどんどん』の放送が4月から始まり、「沖縄復帰50年記念 特別展『琉球』」(東京国立博物...

括弧付きの本土「復帰」
第2特集
目指すはK-POP? ジャニーズ進化論【3】

気鋭レビュアーたちによるガチ音楽批評 令和のジャニーズ・シングル20選

―― 令和(2019年5月1日以降)の時代になってリリースされたKing & Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子という 新世代4グループのシングル曲。気鋭の評者たちに、(サブスクに...

気鋭レビュアーたちによるガチ音楽批評 令和のジャニーズ・シングル20選
第3特集
シッテルハズの街からミタコトモナイ世界に迷い込む シラナイマチトワタシ

アイドルグループW.(ダブルヴィー)のなつかを大阪撮!

―― 大阪を中心に活動するアイドルグループW.ダブルヴィー。加入して3年、もうすぐ20歳のなつかはなぜ、アイドルの世界に足を踏み入れたのか――。 大阪を拠点にしながら、2019年にはタイでもワンマンライブを...

アイドルグループW.(ダブルヴィー)のなつかを大阪撮!
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第165回

『パトニー・スウォープ』映画を変えたブラックジョーク満載のレストア作

―― 雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。 『パトニー・スウォープ』 マディソン・アベニューの名門広告代理店の代表が...

『パトニー・スウォープ』映画を変えたブラックジョーク満載のレストア作
第2特集
目指すはK-POP? ジャニーズ進化論【2】

新たな時代に入ったジャニーズ 芸能プロ的戦略が抱える2つの矛盾

―― 「目指すはK-POP? ジャニーズ進化論【1】」でも触れたように、ジャニー喜多川氏、メリー喜多川氏がそれぞれ鬼籍に入り、楽曲の変化、YouTubeへの参入など新たな時代に入ったジャニーズ事務所。ここで...

新たな時代に入ったジャニーズ 芸能プロ的戦略が抱える2つの矛盾
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【75】

長女・眞子さんを思い、なす術なしだった父親の葛藤 秋篠宮様の秘められた苦悩

―― 日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます 「皇室として類例を見ない結婚」となった眞子さんと小室さん。父親である秋篠宮様は、その間どんなご様子だったのでしょうか……。秋篠宮邸に5年...

長女・眞子さんを思い、なす術なしだった父親の葛藤 秋篠宮様の秘められた苦悩
第2特集
目指すはK-POP? ジャニーズ進化論【1】

SixTONES、Snow Manほか ジャニーズ進化論 K-POPを目指す新世代を大研究!

―― 平成の終盤から令和の現在にかけて、SMAPが解散し、嵐は活動を休止した。あるいは、ジャニー喜多川元社長や女帝・メリー喜多川氏が鬼籍に入り、所属のトップアイドルたちは続々と退所。かくしてジャニーズ帝国は...

SixTONES、Snow Manほか ジャニーズ進化論 K-POPを目指す新世代を大研究!
インタビュー
P様の匣

【末並俊司】「小学館ノンフィクション大賞」を受賞! 雑誌記者が追った「山谷のシンドラー」の今

―― 「山谷は『日本の将来の姿』」──介護ジャーナリストがとある夫婦を追いながら、日本有数のドヤ街で発見した独自の「地域包括ケアシステム」とは? 「取材対象者とは、友達になることが多いです。本を書いたけど、...

【末並俊司】「小学館ノンフィクション大賞」を受賞! 雑誌記者が追った「山谷のシンドラー」の今
第3特集
新たなるステージに突入!?

グレイテスト・ラウンドガール 2Dから3Dへと進化

―― 4月1日に後楽園ホールで開催された「第40回ザ・グレイテストボクシング」 に登場したラウンドガールたち。大会が40回という大台に突入する一方で、彼女たちも新たな次元に突入しちゃう!? 戸高秀樹ボクシン...

グレイテスト・ラウンドガール 2Dから3Dへと進化
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【176】

『森のムラブリ』に見る人間のモラルの根源

―― ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地 タイとラオスの国境沿いで狩猟生活を送る遊動民ムラブリ。そんな彼らを取り上げたドキュメンタリー映画が『森のムラブリ』だ。森で自然に生えている芋を掘り...

『森のムラブリ』に見る人間のモラルの根源
第1特集
低収入・非モテが“好かれる”ことも!?

「スタバカードのプレゼントは危険」パパ活女子が語る良いパパ&悪いパパ

―― パパ活という言葉は世間にすっかり浸透したが、実際、パパとはどんな男性なのか? 20代前半のパパ活女子たちに、二度と会いたくないクソなパパのエピソードから、逆に良いパパとなり得る男性の条件(年収・職業・...

「スタバカードのプレゼントは危険」パパ活女子が語る良いパパ&悪いパパ
連載
雨宮純の「現代怪事廻説」【1】

〈怪事No-01〉神真都Q 台頭の背景

―― インターネットに蔓延り、人々を惑わす幾多の陰謀論の正体を、怪事解明ライターが紐解く――。 2022年4月7日、都内のワクチン接種会場に抗議のため侵入したとして、反ワクチン団体「神真都Q」のメンバー4人...

〈怪事No-01〉神真都Q 台頭の背景
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【76】

幽霊、大衆文化は映画で分断された。

―― ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった? 生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉 担当さんから「『シン・ウルトラマン』が公開されまし...

幽霊、大衆文化は映画で分断された。
第1特集
ゲイのマンガ家おじ愛対談【2】

カルバン・クラインがノンケ男性に与えた衝撃 裸の男性が広告になった日

―― 男性中心主義の中で、男性が“消費される側”として自覚するようになった契機とは? 男性アイドルや「an・an」(マガジンハウス)のセックス特集号など、今や男性の裸が一定の商業的価値を生み出していることに...

カルバン・クラインがノンケ男性に与えた衝撃 裸の男性が広告になった日
第1特集
ゲイのマンガ家おじ愛対談【1】

熊田プウ助×ミナモトカズキ ゲイのマンガ家2人が徹底激論! 本当は愛らしい中年男性の魅力

―― 近年、中年男性の権力性が批判の矢面に立つ一方、かねてから“おじさんの性的魅力”は自虐を含めて低く見積もられてきた。しかし、おじさんをセクシーな存在として熱視線を送る人々も確かに存在している。一般誌でも...

熊田プウ助×ミナモトカズキ ゲイのマンガ家2人が徹底激論! 本当は愛らしい中年男性の魅力
第3特集
今年で俳優デビュー10周年!

MEN IN BLACK 塩野瑛久、闇をまとう

―― 今年で俳優デビュー10周年。芝居を通してさまざまな役に挑戦してきた塩野瑛久が描く、新たな顔。 テレビドラマって今、いろいろ変化してきたころにあると思うんです。韓国のドラマは、英語で演技をしてハリウッド...

MEN IN BLACK 塩野瑛久、闇をまとう
連載
DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【16】

ビートを操る革命児 KMの奇異な音楽経歴

―― ダンスフロアからの新たな刺客。DARUMAとJOMMYの画期的音楽探究。  今月のゲストは、泣くB-BOYも黙る気鋭のプロデューサー・KM氏。LEXをはじめ、BAD HOP、ANARCHY、(sic)...

ビートを操る革命児 KMの奇異な音楽経歴
第1特集
リベラリズムが男女格差をむしろ温存

ジェンダーの話でバグるのは必然? リベラル男性の思想の限界

―― 普段は「リベラルな思想の持ち主」というイメージなのに、ジェンダーの話になると時代錯誤で女性差別的な言説を披露してしまう……。そんな「ジェンダーの話になるとバグるリベラルおじさん」の存在が最近話題となっ...

ジェンダーの話でバグるのは必然? リベラル男性の思想の限界
第1特集
古くさい思考にも潤いを

美意識と共に高まる保湿力 おじさんスキンケア白書

―― 「男が化粧水なんてもってのほか!」と、イキり散らしていたおじさんたちはどこへやら、近頃は若年層のメンズメイクに違和感も覚えず、自ら鏡と向き合い化粧水を肌になじませている。しかし、今でも「洗顔だけでいい...

美意識と共に高まる保湿力 おじさんスキンケア白書
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【20】

【Michelle Yeoh】戦う亞洲姉御の数十年

―― 人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う! ミシェル・ヨー 『宋家の三姉妹』のような非アクション作に出るたびに「アクシ...

【Michelle Yeoh】戦う亞洲姉御の数十年
第1特集
『月曜日のたわわ』騒動や吉野家失言はなぜ起きた?

ジェンダー教育研修も倍速視聴!? 炎上ばかりの広告業界(裏)座談会

―― 近年ジェンダー表現を中心とした炎上事例が頻発する中で、広告表現をめぐっては正解も見つからないまま、さまざまな意見だけが飛び交っている。そんな炎上の背景にあるとおぼしき男性中心主義の構造を探るため、広告...

ジェンダー教育研修も倍速視聴!? 炎上ばかりの広告業界(裏)座談会
インタビュー
P様の匣

【斎藤莉奈】グローバル企業のCMに多数出演! イギリスで活躍する逆輸入女優の仕事術

―― ダイソンやデリバリーサービスのCMにも抜擢! 狂気の「低予算映画」に出演する日本人女優が、異国で俳優業を成し遂げられる方法とは? TOCANA映像事業部が「エクストリーム」に生まれ変わり、記念すべき配...

【斎藤莉奈】グローバル企業のCMに多数出演! イギリスで活躍する逆輸入女優の仕事術
ニュース

ラッパーD.O×湯山玲子の異色トークショー緊急開催!「しゃべり倒すメーン」

―― 練マザファッカーを率い、ストリートのリアルを歌ってきたラッパーのD.Oが2021年末、2年2カ月の「おつとめ」を終えてシャバに出てきた。それから半年が経過し、活発化しつつあるこの男の動向に再び注目が集...

ラッパーD.O×湯山玲子の異色トークショー緊急開催!「しゃべり倒すメーン」
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE TECH」【31】

どうやってフリーランスのデザイナーは、「ネット業界のウォーレン・バフェット」になったのか?

―― あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界でさまざまなテクノロジーが生み出され、デジタルトランスフォーメーションが進行している。果たしてそこは、ハイテクの...

どうやってフリーランスのデザイナーは、「ネット業界のウォーレン・バフェット」になったのか?
第1特集
ウルトラマンからドラクエまで

中年は永遠にヒーローに憧れる! 昭和作品の新作に熱中する精神性

―― シン・ウルトラマンの大ヒットに続き、ガンダムやドラゴンボールの新作も公開され「今は昭和か平成初期か?」と見まごうばかりの懐かしの作品が映画館を占拠している。なぜ、おじさんたちは少年期に見た作品をいつま...

中年は永遠にヒーローに憧れる! 昭和作品の新作に熱中する精神性
第3特集
「LINE LIVE」グラビア争奪戦【MOMO】

【MOMO】LINE LIVE×サイゾー 「LINE LIVE」グラビア争奪戦 準優勝!!

―― ライブ配信アプリ「LINE LIVE」とサイゾー本誌による“グラビアページ争奪コラボ”企画第2弾で見事、準優勝を射止めたMOMOさんには、普段のかわいらしさとは一線を画すカジュアルセクシーに。 準優勝...

【MOMO】LINE LIVE×サイゾー 「LINE LIVE」グラビア争奪戦 準優勝!!
第3特集
「LINE LIVE」グラビア争奪戦【梶谷唯】

【梶谷唯】LINE LIVE×サイゾー 祝!「LINE LIVE」グラビア争奪戦 優勝!!

―― 清く正しく美しい印象の梶谷唯さん。 バトルで優勝を飾った記念に、そんな印象を覆す“BAD”で“COOL”なクイーンになってもらいました。 ライブ配信アプリ「LINE LIVE」とサイゾー本誌による“グ...

【梶谷唯】LINE LIVE×サイゾー 祝!「LINE LIVE」グラビア争奪戦 優勝!!
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第92回

データあれども活用できず、道路維持管理アプリを展開するスタートアップ経営者の苦悩とは?

―― 通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案! クロサカ 今月のゲストは、バンプレコーダーという会社を経営されている、八木浩...

データあれども活用できず、道路維持管理アプリを展開するスタートアップ経営者の苦悩とは?
第1特集
中国の独身男性事情【2】

若者が結婚をあきらめる……寝そべり族もいる中国の剰男の今後

―― 中国の未婚男性の結婚事情は今後、日本よりもヤバくなりそうだが、中国国内でどのように受け止められているのだろうか? 中国の独身男性事情【1】では日本と中国の未婚のおじさんに注目したが、もともとのこの企画...

若者が結婚をあきらめる……寝そべり族もいる中国の剰男の今後
第1特集
中国の独身男性事情【1】

年収の20倍もの持参金が必要 中国の結婚できない男たち

―― 国内の未婚率が上昇しているが、海外に目を向けてみると中国では「過去最大の独身ブーム」を迎えている。というのも、中国は女性に比べて、圧倒的に男性が余っているという事情があるからだ。日本ではいい年した独身...

年収の20倍もの持参金が必要 中国の結婚できない男たち
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
萱野稔人と巡る超・人間学【第26回】

類人猿の食と性から見る人間社会

―― 人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有する学識者と“人間”について語り合う。 人間は他人と食事を共にする生き物であり、会食をする生き物は他に存在しない。それは...

類人猿の食と性から見る人間社会
第1特集
ヒップホップにおける老害とは何か?

「ヒップホップは若者の文化」の主意 ANARCHYに問うヒップホップと老害

―― 今年、ANARCHYは41歳になる。いまだシーンの最前線を走るアーティストだが、その数字だけを見れば、「おじさん」と思われる年齢かもしれない。では、ヒップホップの文化においてイケてる/イケてないおじさ...

「ヒップホップは若者の文化」の主意 ANARCHYに問うヒップホップと老害
第1特集
ロックンロールが老いていく【3】

ロック中年たちには懐かしい? 読んで理解する日本のロック史

―― 『ミート・ザ・ビートルズ』 小林信彦/新潮社/1991年 「ビートルズ論争」の原因。当時は興味がなかった「ビートルズ来日公演」で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』風の小説を書いたら、時代考証の甘さを松...

ロック中年たちには懐かしい? 読んで理解する日本のロック史
第1特集
ロックンロールが老いていく【2】

一部では最近再評価? 80〜90年代に爪痕 伝説の音楽媒体4選

―― 『FM STATION』(1981年/ダイヤモンド社) CDもない時代、FM番組をカセットテープに録音するエアチェックの情報誌があった。中でも本誌は広げやすい中綴じでデザインのセンスも良かったので、一...

一部では最近再評価? 80〜90年代に爪痕 伝説の音楽媒体4選
第1特集
ロックンロールが老いていく【1】

時が止まってしまった音楽雑誌たち ロックが年寄りの音楽になっていく

―― 毎月、30年前のロックスターが表紙の「ROCKIN'ON」(ロッキング・オン)、年老いた速弾きギタリストが表紙の「BURRN!」(シンコーミュージック)……。かつての音楽誌はもっと多様性があったはずだ...

時が止まってしまった音楽雑誌たち ロックが年寄りの音楽になっていく
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第158回「黒い元気玉」

―― 短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ 念力事報 第158回「黒い元気玉」

念力事報 第158回「黒い元気玉」
第1特集
エモく面白い「苦労話」の豊富さは第7世代の追随を許さない

「中年の星」錦鯉のブレイクが後輩芸人たちに与えた“弊害”

―― 『M-1グランプリ2021』チャンピオンとなった錦鯉。50歳のボケと44歳のツッコミの優勝は、周囲の芸人から「優勝後の忙しさで死ぬんじゃないか」と心配されるほど異例のことだった。“中年の星”錦鯉の大ブ...

「中年の星」錦鯉のブレイクが後輩芸人たちに与えた“弊害”
インタビュー
P様の匣

【池田朱那】「令和の野球女子」の武器は球速だけじゃない! ストイックな役者論

―― 「女性芸能人最速記録」の球速103キロを超えたい若手女優の、独特すぎる役作りとは? 「お兄ちゃんに憧れて、野球を始めました」 そう語るのは、女優の池田朱那。ヒロイン感満載の彼女だが、子どもの頃は白球を...

【池田朱那】「令和の野球女子」の武器は球速だけじゃない! ストイックな役者論
連載
マルサの女

【似鳥沙也加】エゴサはやめたんです。

―― どこからか「ワンサカ娘」が流れてきそうな、カラフルでポップながら懐かしさを感じるグラビアワークにご登場いただいたのは、本誌は3年ぶり、表紙は初の似鳥沙也加さん。インスタグラムのフォロワー数100万人超...

【似鳥沙也加】エゴサはやめたんです。
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ