サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【POP YOURS】影響と課題
第1特集
サイゾーPremium 特別企画「ヒップホップとフェスを考える」

最大規模で開催されたヒップホップフェス『POP YOURS』が与えた影響と課題

+お気に入りに追加
2207_01_FES.jpg
画像は『POP YOURS』 公式サイトより

今年5月21日と22日の2日間にわたって幕張メッセ国際展示場にて開催されたヒップホップフェス『POP YOURS』。両日のヘッドライナーを務めたPUNPEEとBAD HOPを含め、計37組のアーティスト(+ゲスト多数)が出演し、観客動員数は約1万6千人、YouTubeでの生配信を約18万人が視聴するなど、名実ともに日本最大規模のヒップホップフェスとして大きな成功を収めた。さらにイベント終了後もYouTubeにてライブのアーカイブ映像を毎日更新し、多いものでは数十万回も再生されるなど、その熱はいまだ収まらない。

今回は『POP YOURS』の最年長出演者としてステージに立った田我流氏と、2日間のMCを務めた音楽ライターの渡辺志保の両氏に協力いただき、『POP YOURS』が与えた影響や功績を中心に、“ヒップホップとフェス”について考察したい。まずは同フェスに対する率直な感想を田我流氏に聞いてみた。

「まず、お客さんの多さに驚いて。俺が今までやったライブの中で一番大きな規模だったんじゃないかな。それとオーディエンスの層がピラミッド型というか、上の年齢もいるけども、ボトム(=若年層)の部分がものすごく大きかった。きっとそういう子たちはヒップホップが好きで、ポップスもK-POPも分け隔てなく聴いていると思う。そういった若いオーディエンスの爆発力みたいなのは感じましたね」

同じく渡辺氏も彼らの熱意に驚かされたという。

「2日目のMCはDJ CHARIくんと一緒に担当させていただいたんですが、最初に彼が一言発したときの歓声がすごくて。また、CHARIくんがBAD HOPのバックDJをやる間だけ、ダンサーでありYouTuberでもあるNinja We Made It.たちが代わりに入ってもらったんですけど、その時の歓声もすごかった。彼らはTikTokやYouTubeでめちゃくちゃインフルエンスを持っている存在だからこそ、その世代の熱さをダイレクトに感じて、『普段、こういう子たちに彼らの音楽が届いているんだ』という事実を改めて実感しました」

オーディエンスの若さゆえに、渡辺氏にとっては今まで体験してきたフェスと異なる部分を随所に感じたという。

「開場が朝10時で、最初のパフォーマンスは11時に始まったんですけど、普通にクラブで遊んでる人たちってオープンから行く人はほぼいないですよね。でも、『POP YOURS』は11時の時点でお客さんが後ろまで埋まっていた。もともとイベントにMCを立てる予定はなかったそうなんですが、主催者の方が前もってSNSなどでオーディエンスの反応などを調べたところ、来場するお客さんがフェスに対しての“免疫”がないような雰囲気を感じたみたいなんですね。そこには、人生で初めてラッパーを観る、初めてフェスに参加するのが『POP YOURS』という若い方も多かったんだと思います。フジロックやサマソニであればフェス上級者も多いので細かく説明する必要はないけど、『POP YOURS』はガイド役が必要なんじゃないかという判断で、コロナ対策やそのほかの注意事項を呼びかける旗振り役としてMCを立てたという側面もあるそうです」

実際のステージに関しても、渡辺氏は若いアーティストのパフォーマンスが強く印象に残ったという。

「Fuji TaitoやTohji、DADAなど、いま若者の間でバイラルヒットしている楽曲を持つ若いアーティストのステージは、とてもフレッシュでした。大きいステージでのパフォーマンスに慣れているAwichやBAD HOP、PUNPEEが間違いないライブをするというのはなんとなくわかっていたし、実際すごくよかったんですけど、新世代のアーティストたちが幕張メッセという大きなステージでしっかり魅せて、お客さんも盛り上がっていた光景を間近で見て、改めてヒップホップのシーンが成熟しているんだなと感じました」


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ