サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > パパ活女子の【良いパパ&悪いパパ】
第1特集
低収入・非モテが“好かれる”ことも!?

「スタバカードのプレゼントは危険」パパ活女子が語る良いパパ&悪いパパ

+お気に入りに追加

パパ活という言葉は世間にすっかり浸透したが、実際、パパとはどんな男性なのか? 20代前半のパパ活女子たちに、二度と会いたくないクソなパパのエピソードから、逆に良いパパとなり得る男性の条件(年収・職業・容姿・性格など)まで赤裸々に語ってもらった。今、おじさんのもっとも醜悪な部分を目の当たりにしているのは彼女たちかも――。

[座談会参加者]※すべて仮名

結愛 …社会人2年目、歴4年
美月 …フリーター、歴2年
莉子 …大学4年生、歴2年
杏奈 …社会人1年目、歴3年

1分で覚えられるパパ活用語辞典

【1】大人:女子がパパと肉体関係になり、謝礼金をもらうこと。
【2】茶飯:パパと肉体関係にならず、食事やお茶だけをして謝礼金をもらうこと。
【3】P活:パパ活のこと。
【4】P:パパのこと。
【5】お手当:パパが女子に払う謝礼金。
【6】良P:金払いが良く、女子にとってストレスがないパパのこと。
【7】PJ:パパ活をする女子のこと。
【8】顔合わせ:女子とパパが初めて会う機会。
【9】定期P:何度か会った後、週1や月1など定期的に会う回数やお手当の金額を決めているパパ。
【10】太P:特に高額なお手当をくれるパパ。キャバクラなどで大金を使う太っ腹な客=太客が由来である。
【11】ガチ恋P:女子に一方的な恋愛感情を抱くパパのこと。

結愛 私は大人【1】はやらず、茶飯【2】だけでやってきたんだけど、ここ数年でP活【3】現場の治安が悪くなったね。コロナ前からP活が世間に知られて悪化しつつあったけれど、コロナの影響で生活に困った夜職の子たちがドッと流入して買い手市場になり、一気に相場が下がった。大人3万じゃP【4】が見つからないから、2万、1万とお手当【5】を下げるか、サービスをハードにするしかない。そうすると、お金を持ってないPが入ってきてさらに相場が下がったり、もともとは良P【6】でも「こんな安くできるのか」と味をしめて値切ったりするようになった。

2207_P064-067_01_320.jpg
パパ活に利用されているといわれるマッチングアプリ&サイト。

美月 値切るP、いるね。私は3万以上なら大人もアリと言っているんだけど、「2万8000円でいい?」と1000円単位で値切ってくるPがいたな。30代の医者で稼いでいるはずなのに、キモい。

莉子 私が今まで大人をしたのはひとりだけなんだけど、おじさんはみんな若い子とヤリたくてしょうがないみたい。こんなに年が離れてる女の子に大人を求めてくる人ばっかりだから。怖い世の中だよ。

杏奈 経営者、弁護士、医者、会社員、20代から60代……いろんな職種・世代の人と会ったけど、99%が大人希望。私は茶飯専門だけど、最初から「大人はしません」と言い切ってしまうとP活はできない。だから、顔合わせでは「いつかそういう関係になれたらいいですね」と匂わせる。そうしたら2~3回食事した後に「そろそろ……」となるのでお断りすると、半数以上が「お前は社会のゴミだ!」などと罵倒してくる。そういうPに限って既婚者・子持ち。ヒドいよね。

莉子 大人を断ったら逆上するパパは本当に多い。後をつけられて、家の前で待ち伏せされたことがある。その上、身バレさせることを目的に、P活アプリに登録していた顔写真やプロフィールのスクショをネットで晒されて、悪口を書かれた。昼間は大手企業の係長やってる人だよ。友達のPJ【7】なんかは、Pから「自由に使っていい」とキャッシュカードを渡されていたんだけど、大人を断ったら「カードを盗まれたと警察に通報するぞ」と脅されて言いなりになるしかなかったって。

結愛 私は大人を断ったら、「こんなに金を使ったのに」と蹴られたことがある。そのPは現行犯逮捕。40代の会社経営者なのにね。今、PJにとってP活はハイリスク・ハイリターンじゃなくて、ハイリスク・ローリターンになってる。

美月 「18歳の子と5000円で本番した」「動画まで撮らせてくれたからプラス2000円あげた」と自慢する人も。相手はまだP活のことも世間のこともよくわかっていなかった子らしくて、弱者を搾取するそのクソPにゾッとしたよ。

杏奈 それでいて「親はこのこと知ってるの?」「親が泣くよ」と説教してきたり。「じゃ、あなたのご家族はあなたがパパ活をしていることを知ってるんですか?」と言いたい!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ