> 201809の検索結果

201809 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

ドラマ界を仕切るホリプロvsスターダストの頂上決戦

――  世代交代で揺れる「ジャニーズ事務所」の動向をライバル事務所は冷静に見つめているという。某芸能でプロ幹部が話す。

ドラマ界を仕切るホリプロvsスターダストの頂上決戦
第1特集
サイゾーpremiumハイロープチ祭

「ダンにはナダルさんに通ずるものがある」――ハイロー最新作『DTC』公開記念!作家陣が語る、EXILE TRIBEのコメディセンスと底力

―― ハイローシリーズ1章の終わりともいうべき『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の公開から約1年が経とうとする中、『FINAL MISSION』では描ききれなかった(?...

「ダンにはナダルさんに通ずるものがある」――ハイロー最新作『DTC』公開記念!作家陣が語る、EXILE TRIBEのコメディセンスと底力
第1特集
サイゾーpremiumハイロープチ祭

ハイロー新作はゾンビ映画になりかけた!? 監督&作家4人衆が語る『HiGH&LOW』の作り方

―― ハイローシリーズ1章の終わりともいうべき『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の公開から約1年が経とうとする中、『FINAL MISSION』では描ききれなかった(?...

ハイロー新作はゾンビ映画になりかけた!? 監督&作家4人衆が語る『HiGH&LOW』の作り方
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?

―― “痛恨のミス”に、投稿した本人は青ざめたことだろう。  9月6日に、飲酒運転とひき逃げで逮捕された元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者だが、26日、東京地検が起訴したことにより、報道される際の表記が吉...

吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?
連載
[連載]カナ夫&カナ子の「LA大麻栽培記」【2】

室内テントとLEDライトでマリファナが元気に成長!

―― 前回、ロサンジェルスに住む私たち夫婦は友人からいただいたカナビス(マリファナ)の苗に“フリーダ”と名付け、自宅でその栽培を始めたことを書きましたよね。その後、2週間ほどフリーダを窓際で育てていましたが...

室内テントとLEDライトでマリファナが元気に成長!
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

滝沢秀明と藤島ジュリー景子の対立? その時重要になるマッチの役割とは…

――  喧伝されていたジャニーズの後継者問題は急転直下、“タッキー”こと滝沢秀明(36)がジャニーズ事務所の創設者・ジャニー喜多川社長(86)の後継者になることが決まった。滝沢は「やるからには本気。片手間は...

滝沢秀明と藤島ジュリー景子の対立? その時重要になるマッチの役割とは…
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?

――  今期ナンバーワンヒットとなった綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)は、9月18日に放送された最終回で平均視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、有終の美...

綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

剛力彩芽の行く末は事実婚? ポイ捨て? 前澤友作社長が結婚を完全否定!

――  はたして、世間注目のこのカップルは、どんな結末を迎えるのだろうか?  女優・剛力彩芽と交際中の「ZOZOTOWN」運営会社社長・前澤友作氏が9月11日、インスタグラムを更新。自身の上半身の写真をア...

剛力彩芽の行く末は事実婚? ポイ捨て? 前澤友作社長が結婚を完全否定!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『ミヤネ屋』が暴露! 今年、結婚確実な大物芸能人は“あの2組”だ!!

――  今年中に結婚する確率は100%!? 1月9日に放送された情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、スポーツ紙記者が2018年に結婚する芸能人をイニシャルで発表し、ネット上では“予想祭り”と...

『ミヤネ屋』が暴露! 今年、結婚確実な大物芸能人は“あの2組”だ!!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

miwaと萩野公介の熱愛に坂口健太郎ファンが大喜び?

――  2016年リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト、萩野公介と人気シンガー・ソングライター、miwaが真剣交際していることを一部スポーツ紙がスクープ。報道によれば、一昨年10月に仕事先...

miwaと萩野公介の熱愛に坂口健太郎ファンが大喜び?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

黒塗りメイクよりヤバかった!『ガキ使SP』で、お蔵入りになっていた“アノ人気企画”って!?

――  昨年の大みそかに放送されたバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ系)が波紋を広げている。

黒塗りメイクよりヤバかった!『ガキ使SP』で、お蔵入りになっていた“アノ人気企画”って!?
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

タッキーが後継者に!その時、ヒガシは?マッチは? ジャニーズ事務所の未来

――  大手芸能プロの大半は息子や娘など二世が後継者となりすでにスタートを切っているが、未だに正式決定していないのが男性アイドル王国「ジャニーズ事務所」。

タッキーが後継者に!その時、ヒガシは?マッチは? ジャニーズ事務所の未来
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

「飲酒ひき逃げ」吉澤ひとみ容疑者と「死亡させて逮捕されなかった」千野志麻アナとの違いは?

――  やはり現場から“逃げた”のは致命的だった。  9日放送の『サンデージャポン』(TBS系)にて、元・モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者が、6日の朝7時頃に酒気帯びでひき逃げしたとして、道交法違反容疑な...

「飲酒ひき逃げ」吉澤ひとみ容疑者と「死亡させて逮捕されなかった」千野志麻アナとの違いは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

体操女子・宮川紗江への“暴行映像”で、年末名物「蝶野ビンタ」が今年も大ピンチ!

――  その映像を見た瞬間、お茶の間に衝撃が走ったに違いない。  体操女子リオ五輪代表の宮川紗江と体操協会のバトルが長期化する中、6日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、宮川が速見佑斗元コーチに“ひ...

体操女子・宮川紗江への“暴行映像”で、年末名物「蝶野ビンタ」が今年も大ピンチ!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

大倉忠義の“火遊びベッド”報道が吉高由里子に飛び火! ネット上は「早漏祭り」に……

――  ネット上では関ジャニ∞・大倉忠義の「プレイ時間」に対するコメントが面白おかしく連打されているようだ。  9月11日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が、名古屋の美人ホステスをお持ち帰りした大...

大倉忠義の“火遊びベッド”報道が吉高由里子に飛び火! ネット上は「早漏祭り」に……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉澤ひとみ容疑者は「本当の地獄」へ……? 待ち受ける同性愛受刑者の“毒牙”

――  刑務所行きは避けられない?  東京・東中野の路上で、酒気帯び運転をしてひき逃げをしたなどとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで逮捕された元モーニング...

吉澤ひとみ容疑者は「本当の地獄」へ……? 待ち受ける同性愛受刑者の“毒牙”
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉澤ひとみ“飲酒ひき逃げ”逮捕で呼び起こされた、小泉今日子の「あて逃げ」過去

――  元・モーニング娘。でタレントの吉澤ひとみが9月6日、都内で酒気帯び運転をしてひき逃げし、2人に軽傷を負わせたとして、警視庁中野署に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転...

吉澤ひとみ“飲酒ひき逃げ”逮捕で呼び起こされた、小泉今日子の「あて逃げ」過去
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

後藤真希に“家族話”を振った!? 岡田結実の「無神経発言」に、お茶の間硬直!

――  久しぶりにテレビに登場した姿を、ファンは感慨深く見守っていたようだ。  9月2日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に、元モーニング娘。の後藤真希が登場。松浦亜弥との一触即発エピソードや、地...

後藤真希に“家族話”を振った!? 岡田結実の「無神経発言」に、お茶の間硬直!
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

ナベプロの姉妹経営は成功か? 後継者問題に揺れる芸能プロの近未来

――  大手芸能プロはすでに後継者が後を引き継ぐ段階に入っている。老舗の「渡辺プロ」は創設者・渡辺晋氏亡き後、妻が引き継ぎ、2000年からは2人の娘が「ワタナベエンターテインメント」に社名を変更。姉妹それぞ...

ナベプロの姉妹経営は成功か? 後継者問題に揺れる芸能プロの近未来
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

米倉涼子『リーガルV』には不安材料しかない!「主人公の名前が読めない……」

―― 「これが新しい挑戦なの?」と、ネット上では疑問の声が上がっている。  米倉涼子が10月期のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で主演を務めることが発表された。米倉主演で大ヒッ...

米倉涼子『リーガルV』には不安材料しかない!「主人公の名前が読めない……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

テレ朝『報ステ』の宮嶋泰子が「体操協会」と「パワハラ女帝」を擁護する理由とは

――  世間の感覚と、こうも違う理由はいったい?  体操女子の宮川紗江選手が日本体操協会からパワハラを受けたと告発した問題が、国民的関心事となってきている。

テレ朝『報ステ』の宮嶋泰子が「体操協会」と「パワハラ女帝」を擁護する理由とは
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

夏菜、映画『銀魂2』で魅せた“爆裂バスト”に、ファンがグラビア復帰ラブコール!

――  映画『GANTZ』の衝撃から7年、彼女のボディメイクの意識の高さには感服だ。  大ヒット中の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』に元エリート忍者の猿飛あやめ役で出演している夏菜のメリハリボディが...

夏菜、映画『銀魂2』で魅せた“爆裂バスト”に、ファンがグラビア復帰ラブコール!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

嵐・二宮和也がキムタク以上に“遠い存在”と感じる「大物ジャニーズ俳優」とは?

――  大物2人の共演作が無事に好発進したことで、関係者も胸を撫で下ろしたことだろう。  木村拓哉と嵐・二宮和也の初共演が話題になった『検察側の罪人』が初週土日動員31万8,000人、興収4億1,600万...

嵐・二宮和也がキムタク以上に“遠い存在”と感じる「大物ジャニーズ俳優」とは?
連載
友清哲のビールの怪人【3】

引き続きガハハと笑える安定経営を目指して!――映画の世界からビール道へ! 団地の一角で今日も笑う!

―― 地下鉄・東陽町の駅からほど近い団地の中。帰宅途中の主婦や子どもたちとすれ違いながら、目指す店舗へ歩いて行くと、早くも店内から快活な笑い声が聞こえてきた。江東区で初めてビールの醸造免許を取得したガハハビ...

引き続きガハハと笑える安定経営を目指して!――映画の世界からビール道へ! 団地の一角で今日も笑う!
インタビュー
この男たち、ただのイケメンならず!

【男劇団 青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み! 「男」を掲げる劇団が抱く大いなる野望

―― 夏の木漏れ日を浴びる、見目麗しい6人の若者たち。彼らをただの“イケメン”と侮るなかれ。したたかな野心と等身大の下ネタを繰り出す、スターの片鱗を垣間見た。

【男劇団 青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み! 「男」を掲げる劇団が抱く大いなる野望
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

焼け跡のツーリズム(上)

―― 1945年の敗戦に伴い、戦中に対外宣伝を担っていたさまざまな組織が再出発を余儀なくされた。対外宣伝グラフ誌の「FRONT」を発行していた出版社・東方社もそれまでの制作物や資料などを焼却し、同年11月に...

焼け跡のツーリズム(上)
連載
おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ研究所」

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】イボとヒダによる未知の刺激を楽しめる! 伸ばしてこする新感覚のオナホール

―― アダルトグッズ研究所では、おたけ所長と助手の植野くん、アントニーくんが未知の生物を調査中。常識を覆すような動きを目の当たりにして、3人の探究心はますます深まっていき……。今月は、既存のオナニー観を破壊...

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】イボとヒダによる未知の刺激を楽しめる! 伸ばしてこする新感覚のオナホール
第1特集
ニューカマー【うなぎひまわり】禁忌なエロス

うなぎひまわり七変化!――美人YouTuberの新星! 絶対に配信できない“禁忌”セクシーに挑戦!

―― ある時はYouTuber、ある時は舞台女優――そして、デビュー戦に備える女子プロレスラー練習生としても活動する、マルチタレントうなぎひまわりちゃん。初の撮り下ろしとなるグラビアでは、本特集にちなんで、...

うなぎひまわり七変化!――美人YouTuberの新星! 絶対に配信できない“禁忌”セクシーに挑戦!
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【20】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン〈リック・サンチェス〉

―― 日本と韓国、アメリカを行き来している俺は、日本での滞在の大半は大阪で過ごす。多くの人との出会いや異文化の刺激を与えてくれる街で、中でも俺の人生に多大な影響を与えたのが、カメラマンのリック・サンチェスだ...

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン〈リック・サンチェス〉
連載
哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」第55回

【哲学入門】人間たちを「用立て」ているものとは、産業機構全体であり、そしてテクノロジーである。

―― 今回も後期ハイデガーの存在論について考察していきましょう。

【哲学入門】人間たちを「用立て」ているものとは、産業機構全体であり、そしてテクノロジーである。
第1特集
『シノギ』に新展開【1】

修羅の国・福岡でもっとも危険な暴力団のシノギ――脱税事件でシノギの実態が解明! 暴かれた暴力団最大のタブー

―― 司法や行政、さらに民間などの反対姿勢もあって、暴力団への締め付けが厳しくなり、その勢力の弱体化が取り沙汰されている。そんな中で、九州で最も危険な団体とされてきた工藤会の活動の資金源が暴かれる事件が勃発...

修羅の国・福岡でもっとも危険な暴力団のシノギ――脱税事件でシノギの実態が解明! 暴かれた暴力団最大のタブー
第1特集
『シノギ』に新展開【2】

勢力の過去最低記録を更新中――ますます強まる規制、減少する全国の暴力団

―― このところはその勢力の弱体化が一般的に語られるようにもなってきた暴力団。ここではその減少を数字とグラフで見てみよう。

勢力の過去最低記録を更新中――ますます強まる規制、減少する全国の暴力団
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第129回

『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』――高給が欲しけりゃ白人口調で営業を!労働SFが描く暗黒郷

―― 去年、アメリカで大ヒットし、アカデミー賞でオリジナル脚本賞を受賞した『ゲット・アウト』は、白人ばかりの郊外住宅地を訪れた黒人青年を主人公にしたホラー映画だった。

『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』――高給が欲しけりゃ白人口調で営業を!労働SFが描く暗黒郷
第1特集
なぜ日本人はオカルトが好きなのか?

ノーベル賞学者も傾倒――神の領域から合理性への対抗へ。学問としての心霊とオカルト

―― 死刑執行によって、ひとつの区切りがついたオウム事件。神秘主義やオカルティズムと紐付けられた論調は当時、多く目にすることができた。こうしたオカルト的概念は、19世紀の欧米では学術的に研究されたことも事実...

ノーベル賞学者も傾倒――神の領域から合理性への対抗へ。学問としての心霊とオカルト
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【39】

“じじ殺し”小室圭氏はイルミナティ傘下の大学へ? 新たな魅力で眞子様を誘惑

―― 小室圭さん、いくらなんでもLet it beすぎるんじゃ……。偶然にも同じ名前の守谷慧(けい)さんが高円宮家の三女・絢子様の婚約者として話題になっていましたが、日本郵船の手堅さ、トライアスロンやウルト...

“じじ殺し”小室圭氏はイルミナティ傘下の大学へ? 新たな魅力で眞子様を誘惑
第1特集
女性がスピにのめり込むのはなぜか?【1】

なぜ、女性たちはスピリチュアルにのめり込むのか?――“上納金”を納めさせる場合も!? スピリチュアル業界の最新事情

―― 「妊娠菌」や「子宮メソッド」、はたまた「月相と引き寄せの法則」など、近年、スピリチュアル界隈が盛り上がりを見せている。かねてより批判も根強い同業界は、常に“アンタッチャブル”なものとされがちだ。こうし...

なぜ、女性たちはスピリチュアルにのめり込むのか?――“上納金”を納めさせる場合も!? スピリチュアル業界の最新事情
第1特集
女性がスピにのめり込むのはなぜか?【2】

2010年代後半のスピリチュアル業界は、この2つが席巻!!――最近はやりの“子宮系”やら“ルナロジー”をざっくり解説

―― 近年、女性から急速に支持を得つつある2つのメソッドについて、簡単に紹介しよう。

2010年代後半のスピリチュアル業界は、この2つが席巻!!――最近はやりの“子宮系”やら“ルナロジー”をざっくり解説
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【140】

【神保哲生×宮台真司×畑尾一知】読者4分の1減――新聞社が抱える病巣と復活への道

―― 新聞やテレビなどの大手メディアの不振が伝えられるようになって久しい――。新聞でいえば凋落は顕著で、ここ10年間で読者は25%も減っているという。「値段の高さ」「記事の劣化」「新聞社に対する反感」の3つ...

【神保哲生×宮台真司×畑尾一知】読者4分の1減――新聞社が抱える病巣と復活への道
第1特集
開発と自然災害の知られざる関係

高度経済成長期のツケで災害が噴出……日本の豪雨災害の裏にある宅地開発の闇とその歴史

―― 死者は200人を超え、“未曾有の天災”ともいわれている西日本豪雨。今回のような集中豪雨で起こる土砂災害は、大半がハザードマップの危険箇所とその周辺で発生。そのような場所が宅地化されたことにも問題はあり...

高度経済成長期のツケで災害が噴出……日本の豪雨災害の裏にある宅地開発の闇とその歴史
インタビュー
映画に導かれた少女が目指す、実力派女優としての未来

【湯川ひな】『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』で演技に目覚めた、17歳のJK女優。

―― 映画に導かれた17歳の若手女優が、自らの意志で挑戦を始めた理由とは?

【湯川ひな】『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』で演技に目覚めた、17歳のJK女優。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【40】

カルト化するコンテンツとオウムの類比――幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。

―― 今回の特集テーマは「タブー」ということで、担当氏から「(前回の続きで)バーチャルYouTuberかオウム真理教の2択でどうでしょう」と提案されたが、両者はコインの裏表のように思える。VTuberがサリ...

カルト化するコンテンツとオウムの類比――幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
第1特集
再開発の正しさと犠牲者

オシャレなブルックリンから貧困層が追い出される!――川崎ドヤ街の“浄化”は善か悪か? ジェントリフィケーションの功罪

―― 低所得者の居住地域を再開発や新産業の誘致で“高級化”することを、ジェントリフィケーションと呼ぶ。それは、その地域が抱えるタブーや問題をある種“浄化”する一方、家賃の高騰を引き起こして旧住民をしばしば追...

オシャレなブルックリンから貧困層が追い出される!――川崎ドヤ街の“浄化”は善か悪か? ジェントリフィケーションの功罪
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【60】

【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔。ゆきて帰りしジェボムくん

―― その男は、指の先までタトゥーだらけである。彼は時にマイケル・ジャクソンを意識したダンス・クラシック調の曲で歌い踊ったかと思うと、“ミーゴス以降”の時代を感じさせるオートチューンを駆使したトラップなトラ...

【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔。ゆきて帰りしジェボムくん
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【27】

DJ KOOが盆踊りのアイコンに!――EZ DO “BON” DANCE爆誕

―― 2020年の東京オリンピック開催に向け、盆踊りを取り巻く動きが慌ただしくなってきている。先ごろ、「盆踊りとラジオ体操で東京五輪を盛り上げよう」という議員連盟が設立され、外務省に協力を要請したことが話題...

DJ KOOが盆踊りのアイコンに!――EZ DO “BON” DANCE爆誕
第1特集
Netflixはドキュメンタリーを変える?【1】

Netflixはドキュメンタリーを変える?――刑務所潜入にフォルクスワーゲン批判! 配信される“ヤバい”ドキュメンタリー

―― 『Netflix』や『Amazonプライム・ビデオ』『Hulu』といった動画サービスでは、地上波で到底見ることのできない過激なドキュメンタリーを数多く配信している。これらのサービスが花盛りとなった今、...

Netflixはドキュメンタリーを変える?――刑務所潜入にフォルクスワーゲン批判! 配信される“ヤバい”ドキュメンタリー
第1特集
Netflixはドキュメンタリーを変える?【2】

渦中のロシア・ドーピング問題から、変なオジサンのインタビューまで……勝手に厳選! 今すぐに見られる“ヤバい”ドキュメンタリー12選

―― オリジナル作品を中心に、サイゾー編集部が独断と偏見で“タブー破りのドキュメンタリー作品”12本を選んでみた!

渦中のロシア・ドーピング問題から、変なオジサンのインタビューまで……勝手に厳選! 今すぐに見られる“ヤバい”ドキュメンタリー12選
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【38】

むしろ迷走してこそブレてない?――紅に染まった朋ちゃんを慰める奴はもういない

―― 「ヒューヒュー!」 このフレーズを聞いて、アナタは誰を思い浮かべるだろうか?

むしろ迷走してこそブレてない?――紅に染まった朋ちゃんを慰める奴はもういない
第1特集
日本大学だけじゃない!【1】

東京医科大学の補助金1億5000万円は少なすぎる!?――ヤバい大学はなぜ生まれる? 問題の裏にある歪な構造

―― 学生ではなく、理事長、学長、部活動の監督、教授など、大学運営者による不祥事が相次いでいる。これだけ事件が続くのも珍しいが、そもそも大学の組織構造は多くの問題点を抱えているという。どういうことだろうか?...

東京医科大学の補助金1億5000万円は少なすぎる!?――ヤバい大学はなぜ生まれる? 問題の裏にある歪な構造
第1特集
日本大学だけじゃない!【2】

悪質タックルの日大、セクハラ教授の早稲田、etc……危険な大学図鑑2018

―― こちらの記事では、前記事「東京医科大学の補助金1億5000万円は少なすぎる!?――ヤバい大学はなぜ生まれる? 問題の裏にある歪な構造」で触れた大学4つを、最近の不祥事や年間収入などと共に紹介する。

悪質タックルの日大、セクハラ教授の早稲田、etc……危険な大学図鑑2018
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論