サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【60】/【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【60】

【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔。ゆきて帰りしジェボムくん

+お気に入りに追加

『Ask Bout Me』

1809_FHS_09_JK_230.jpg

ジェイ・パーク(販売元:Roc Nation)

ジェイは契約時、「アジアン・アメリカンにとっての勝利、見過ごされて、正当な評価がされてこなかった我々にとっての勝利」と語ったという。1年を経て発売された本作は全曲(ほぼ)英語リリックで、2018年モードのトラップ系ヒップホップ/R&Bが満喫できる好作。リード曲は2チェインズ参加の焼酎ソング「Soju」だ!

 その男は、指の先までタトゥーだらけである。彼は時にマイケル・ジャクソンを意識したダンス・クラシック調の曲で歌い踊ったかと思うと、“ミーゴス以降”の時代を感じさせるオートチューンを駆使したトラップなトラック上で気だるくラップしてもみせる。

 ロック・ネイションからのデビューEP『Ask Bout Me』を発表したばかりの彼。こんな男が、かつて2PMに在籍していたとはなあ……。

 ジェイ・パーク(Jay Park)、韓国名〈パク・ジェボム〉にとっては長い道のりだったに違いない。その旅路は、アメリカから出発し韓国を経てアメリカに戻る「ゆきて帰りし(home-away-home)物語」だった。まさに、ひとつの青年のビルドゥングスロマン、と呼ぶべきか。

 韓国系アメリカ人のジェイは1987年、アメリカ合衆国西海岸の北のほう、ワシントン州シアトル市郊外に生まれた。アジア系が14%を占めるシアトル(2010年国勢調査)は、全米平均6・8%に対して、かなりアジア度の高い街といえるだろう。そんな環境で育った彼は、10代初頭にヒップホップに目覚め、自らリリックを書くようになっていた。さらに彼は、ブレイクダンスに興じるBボーイとなった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』