サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【27】/EZ DO【BON】DANCE爆誕
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【27】

DJ KOOが盆踊りのアイコンに!――EZ DO “BON” DANCE爆誕

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1809_MF_09_JK_mono_230.jpg
TRFは〈TK RAVE FACTORY〉の略であることは周知の事実。近年、盆踊りは「下町のレイブ」とも言われていることから、TRFの楽曲が採用されるのも、至って自然な流れなのである。

 2020年の東京オリンピック開催に向け、盆踊りを取り巻く動きが慌ただしくなってきている。先ごろ、「盆踊りとラジオ体操で東京五輪を盛り上げよう」という議員連盟が設立され、外務省に協力を要請したことが話題となったが、盆踊りをひとつのコンテンツとして利用していく試みが各所で盛んになっているのだ。そうした中で新たな振り付けが考案された、2020年度版の「東京五輪音頭」が各所でアピールされているほか、近年のリヴァイバルの後押しもあって、荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」は各地の盆踊りの舞台で大爆発。筆者のもとにも例年以上に盆踊り関連の問い合わせが多く、東京オリンピックに向けて一種の盆踊りブームが過熱しつつあることを実感している。

 また、盆踊り・祭り要素を盛り込んだテレビCMも盛んにオンエア中だ。白石麻衣(乃木坂46)と東京スカパラダイスオーケストラがコラボした祭り感満載な「キリン 氷結 300%レモン」や、役所広司とDJ KOO(TRF)らが盆踊り空間の中で共演した「サマージャンボ宝くじ」が繰り返し放送されていることは、みなさんもご存じだろう。

 とても興味深いのは、そのDJ KOOが、東京オリンピック直前の今、盆踊りのアイコンとしてプッシュされ始めているということ。7月5~8日にかけてフランスのパリで開催された「JAPAN EXPO」ではTRFの代表曲である「BOY MEETS GIRL」の盆ダンス・リミックスが発表され、DJ KOOも出演。また、前回の当連載でも取り上げた「アキバ・カルチャーの祭典」である「神田明神 納涼祭り」(東京都千代田区)ではDJ KOOの出演が発表されたほか、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅがかかる盆踊りとして人気を集めている「中野駅前 大盆踊り大会」(東京都中野区)では、今年からTRF「EZ DO DANCE」が盆踊りに組み込まれることに。実行委員長を務める鳳蝶美成(日本民踊鳳蝶流家元師範)によるオリジナルの盆踊り用振り付けも考案された。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』