サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 女性がスピにのめり込むのはなぜか?【1】/【スピリチュアル】業界の最新事情

――「妊娠菌」や「子宮メソッド」、はたまた「月相と引き寄せの法則」など、近年、スピリチュアル界隈が盛り上がりを見せている。かねてより批判も根強い同業界は、常に“アンタッチャブル”なものとされがちだ。こうした社会的断絶を引き起こしているものは何か? 識者の言と共に、スピリチュアルの今を追った。

1809_graph001_520.jpg
神話学から魔女、スピリチュアルコンサルタントなど…スピリチュアルざっくり分布図
本来、宗教的・精神的な物事の多くを含む「スピリチュアル」。近年、存在感を増すメソッドやジャンルを分布図にしてみた。【注:この分類方法は、鏡リュウジ著『魂の占星術への招待』(1998年)で紹介されたマップにサイゾー編集部が独自の解釈を加えたものです】
(↑画像をクリックすると拡大します。)

 2017年、フリマアプリ「メルカリ」で「妊娠菌」なるものが出品され、話題となった。不妊治療をしている女性向けに、妊娠・出産を経験した女性たちが手で触れるなどして「妊娠しやすくなる菌」を付着させた少量の米を販売。これが医薬品医療機器等法に抵触する恐れがあるとして、運営会社により削除されたという事件である。

 こうした出来事が注目されるたび、ネットを中心に「スピ系女子」という言葉が飛び交う。「スピリチュアル」にハマり怪しげな商品を買いあさったり、あるいは高額セミナーに通ったりする女性は、常に揶揄の対象になってきた。

 一方で、彼女たちの向こうにある「スピ系」の世界については、単に「ヤバい世界」として片付けられ、深く言及されない実情がある。

 今回は、そんな“アンタッチャブル”とされがちな女性向けスピリチュアル文化とそのビジネス実態を中心に紹介。そして、その向こう側にある社会的断絶について、掘り下げてみたい。

スピ業界は空前の「学校」ブーム!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』